2011/1/23 カナガシラ 他

 大寒に入ったこの週末、張り切って出かけた昨日のお魚ツアー、一軒目、大手町のおかず工房はめぼしいものがなく通過。寒くてあまり漁がないとか、そういえば去年の夏は暑くて漁がないって言ってたなあ、なかなか難しいもんだ・・・。

 時間つぶしに行ってみた市役所前の麦畑、たくましく茂っている小麦です。
110122 市役所の麦畑1 W
 市役所の職員が一度麦踏みをした、との掲示がありました。私は岩手県の水沢というところで育ったのですが、たまたま私の家の周りはリンゴ園と麦畑の地域で、農家の人が麦踏みをしているというかすかな幼児期の記憶があります。50年近く前の話ですね。

 向こうに見えるのは、被爆した旧市役所の慰霊碑です。
110122 市役所の麦畑2 W


 さてそれから、舟入幸町のフレスタ(先週はけっこう本格的な魚売り場だったのに今週はただのスーパー、落胆)、同じく幸町サンバージュ井上(いつぞや黒ムツを買った。今週は何かないかなぁ?)、川口町のリアル、とめぐります。

 リアルではそれなりにいろいろありましたが、素人板前遊びに付き合ってくれそうな・・・というと一長一短で、散々迷ったあげくミル貝(シロミル)とマテ貝を買いました。ミル貝380gが330円、マテガイは大き目のもの5本で312g、399円でした。

 ま、一応のものはゲットしたので、それからあんまり期待もせずに江波行き電車どおりを北上して舟入市場へ。JA三次の方々でしょうか、餅つきをしていました。
110122 舟入市場餅つき W

 ところが中に入ると思いがけなく絶好の物が。カナガシラ一尾70円!、カワハギの小さいの50円/100g。いずれもさばくのに手がかかってめんどくさい、トゲトゲはあるし・・・、という理想的な遊び相手です。カナガシラ4尾で280円、カワハギ4尾で250円、という申し訳ないようなお値段です。この舟入市場は立派な魚を立派なお値段で出しているので、「見てるだけー」、ということが多いのですが、時々こういうことがあるのでツアーからはずせません。

 で、本日のご一行様はこうなりました。
110122 本日のお魚ご一行様 W
 カメラのせいでカナガシラが大きく写っていますが、25cmほど、一尾180gほどです。奥のマテガイが小さく見えますが、実は殻長12cmほどの立派なものです。

 こんな顔です。
110122 カナガシラの顔 W

 いそいそとさばいたカナガシラは、ごらんのように腹側に銀が残るという不思議な美しさのサクになりました。
110122 カナガシラのサク W

 立派な刺身ではありませんか、これで二尾分です。110122 カナガシラの刺身 W

 広島ひろしと言えど、140円でカナガシラの刺身を堪能した者がおれ様のほかにいるだろうか、とゴキゲンなアナゴでありました。
110122 晩酌の膳 W
 もちろんミル貝も大変けっこうでしたし、付属品一式(手前側、左からカナガシラの皮湯引き、ミルガイのワタ素茹で、カナガシラの卵・肝・浮袋の煮つけ)も堪えられません。
 酒は、京都は京丹後市久美浜町の玉川、純吟原生無濾過、宇品の山田で3080円。京都の酒というのはなかなか私の視野に入ってこないのですが、ちょっとこのラベルに惹かれました。


 以上、昨22日のツアー報告ですが、まだカナガシラが二尾、昆布のお蒲団で睡眠中です。カワハギは昨夜のうちに煮魚となって、今はにこごりの中で睡眠中。マテガイは水の中でリラックス、イシガレイの卵巣は日光浴、いろいろ面倒を見てあげるので忙しい。
 おまけに今日は昼から、都道府県対抗男子駅伝を「取材に」行かなくちゃいけないし、タイヘンなんです。


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。

お魚大好きで、ブログ拝見させていただいています。

麦の成長はじめてみました。

お刺身美味しそうですね♪
お酒も進みそうですね♪

No title

玉川は確かフィリップ・ハーパーというイギリス人が杜氏をしている蔵で、最近取り扱う酒屋が増えてきましたね。私はまだ飲んだことが無いのですが、今風の甘みと酸味が強い酒質ではないかと思いますが如何でしょう?
私もカナガシラを刺身にしたことがあります。ホウボウの刺身が大好きなので、近隣種のカナガシラも美味いに違いないと思ったからです。小さくて捌くのは面倒ですが、何しろ雑魚同然の値段ですし、ホウボウに似た白身で中々の美味でした。銀皮が腹側に残ったのは、卸し身が丸まっているからではないでしょうか。背と腹に切り分けてから皮を引けば両方に銀皮が残る筈です。

No title

こんにちは、三十路オンナさん、(でいいのかな?)
ご来訪ありがとうございます。

わたくし、五十路オトコです。
ご覧の通り、広島市内の鮮魚店めぐりをして素人板前ゴッコをして遊んでいます。
時々のぞいて、コメントいただくとうれしいです。

麦の実況中継、心がけます。

やっぱり広島は瀬戸内海の町、いろいろな魚にお目にかかることができます。酒のバラエティはもちろん。というわけで、旨い魚で旨い酒。呑み助のパラダイスです。

No title

へるぞうさん、こんばんは。

アジとかイワシならともかく、赤いカナガシラをさばいてみたら銀皮、っていうのは私にとって意外でした。カナガシラの皮を引いたのは初めてではないハズなんですが、こんなにきれいな銀は記憶にありません。

と、考えると、ホウボウはどうだったかなあ?・・・、とか、いろいろ思い巡らす私です。

玉川の杜氏、フィリップ・ハーハーパー氏、私は昨日玉川のホームページをのぞいて見て、初めて知りました。意外ですが、意外と思う方が遅れているのかも。

緑がまぶしい!

こんにちは 
画を見てあまりに鮮やかな緑色で本当にクラッとしました。
雪一色に覆われてこのような緑の勢いが見られるのはまだ
数ヶ月も先、春が待ち遠しいです。
今週も見事な選球眼ならぬ“選魚眼”ですね。
格安の魚を立派な一品に仕上げるのは料理人として腕の
見せ所ですね。

No title

はるさんさん、こんばんは。
まだまだ厳冬の北海道ですから、緑は3ヶ月ばかり先ですね。
でも、5月から6月ぐらいの北海道の新緑は、本当に目がさめるようです。
あの素晴らしさは、西日本の照葉樹林には無いものだと思いますよ。

数年だけですが、北海道の春から初夏への移り変わりを、住んで体験できたというのは、私の大きな財産だと思っています。北海道を離れて暮らさざるを得なくなると、そのことがよくわかります。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード