2011/1/20 イシガレイ昆布締め

 大寒です。

 今冬は我が家が広島に引っ越してきた1995年以来、最も寒い冬です。1月16日の広島市、最低気温がマイナス4.6℃、21年ぶりの冷え込みとのことでした。でも上下左右が囲まれている集合住宅のありがたさ、暖房の灯油もそんなに増えているわけではありません。


 さて、皆さんにいろいろコメントいただいたイシガレイ、一部を昆布締めにしました。こんな感じです。
110118 イシガレイ昆布締め W
有眼側なのですが、皮を引いた面にまだ黒い薄皮が残っていて、見た目ににちょっときたない。(ということに今気がつきました・・・。) 生のときは少し水っぽいというかフニャフニャ頼りなかったのが、一応ちゃんと締まって良い感じです。幾分透明感も出て、まあ納得の出来。味は昆布の味に圧倒されて、カレイだかなんだかわかりません。


 まだ卵巣が残っています。塩漬けにしたままどうするか決めかねています。三度ほど塩を換え、もうほとんど水も出なくなった状態に。塩抜きして焼いてみようか・・・。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アナゴさん こんばんは

イシガレイの卵、そのまま「カラスミ風」に仕上げるというのは
いかがでしょうか?

イシガレイ、皆様のお話とても勉強になりました。
ただ、釣り魚にしても鮮魚店の魚にしても“出逢い”…というか…
自分のまな板に乗ってくれて、美味しく味合う…が、なによりかなと(^^)
そして、美味しくお酒がいただけたら、もう幸せ~!
と思うはるさんでした。


No title

 こんばんは。

 寒い日が続きますね。昨日は松島湾で
仕事していましたが、雪が横から降っていました。^^
3時間で骨まで凍る思いでした。

 こちらではイシガレイも産卵が終わり、ガッパと呼ばれる
産後の痩せカレイとなってます。

 仙台湾ではイシガレイはやはり特有の匂いが強く、夏の
一時期を除いてあまり喜ばれません。生息環境で異なるの
かも知れませんね。

 私は自分で釣ったイシガレイは薄めに切ってにぎりに
してます。こうすると子供たちも喜んで食べてました。

No title

はるさんさん、おはようございます。

そうですねえ。出逢って、素人板前ごっこに付き合ってくれて、食べて、自分の体の一部になるわけです。
石川啄木じゃないけど、じっと手を見ると、この人差し指になっているタンパク質はあの時食べたサンマの一部だなぁ・・・ とか。

「あなたは、あなたが食べたもの、そのものである。」って誰かが言ってました。

No title

サエモンさん、こんにちは。
松島湾に雪ですか、風流な・・・
いやいや、お仕事でしたよね、ご苦労様です。
 
そういえば、「雪の松島」っていうお酒がありましたよね。
飲んだことありませんが。

イシガレイ、夏になったらもう一度挑戦してみます。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード