2010/12/12 マガレイ

 昨日(12/11)土曜恒例お魚ツアーの途上、西観音というまったく私の行動範囲外を自転車で通過しました。そこで目にしたお店の看板です。
101211 酒の巣 W
なんというすてきな店名でしょうか。

 この場所は飲み屋街ではなく、普通の住宅地のようなところ。このサインがなければとてもお店とは判りません。
101211 酒の巣2 W
帰宅後、なにか情報があろうかとインターネットで検索したところ、意外なことが判明。

 本通りから中の棚商店街に曲がった所のビル4階に、「吟醸蔵」という名前の純米酒中心の店があり、広島転勤直後(16年前)から何回か通ったことがあります。客を連れて行ったこもありました。ところが私が北海道に3年半ばかり単身赴任し、2007年の暮れに広島に帰ってきたときにはこの店はなくなっていました。
 で、その「吟醸蔵」主人が移転して開いたのがこの「酒の巣」ということなんです。いつかぜひお邪魔したい。


 さて、お魚ツアーのほうですが、大手町おかず工房で、でかいマガレイを買いました。36cm、635g、1300円。一尾千円を越す魚を買うのは一大決心。いつもの元気のいいお姉さんが気の毒がって50円負けてくれました。

 一大決心の興奮冷めやらず、着手前の写真を撮るのを忘れました。半分さばいた状態です。立派な卵が。
101211 カレイの中骨 W

 刺身にしました。が、まだ死後硬直の始まる前の状態、広島の魚屋さんが言うところの「ブラ」の状態で、一晩置いた今日の方がいいかもしれません。
101211 カレイの刺身 W
広島に来た当初、「まだブラじゃけぇねえ!」という魚屋さんの言葉の意味がわからず、当惑したものです。魚の新鮮さを自慢している言葉なんですね。

 肝です。素ゆでに。
101211 カレイの肝 w
肝は生物濃縮によってダイオキシンやら有機水銀やら有害物質が濃縮されているので食べないほうがいい、という意見もあるようです。どのくらい危険なんでしょう。専門家の意見を聞きたいものです。

 卵巣は、これまたカラスミにしてやろうかとも思いましたが、またまたオナガ君を呼び寄せることになるとまずいので、焼いてみました。たいていは粗と一緒に煮てしまうことが多いんですが、こうして焼いてみてもなかなかけっこうです。
101211 カレイの卵巣 W

 で、昨晩の晩酌の膳です。徳利の右となりは皮の湯引き。
101211 肴 W
 酒は、福井の安本酒造、白岳仙、五百万石55%精米の純吟です。大和屋で2650円。



 じつはこの日、一大決心のカレイを買ったあと舟入市場によったら、小さな(1kg)タラが300円で出ていましたので買いました。いつもコメントを下さる札幌のはるさんさんのブログをみて、昆布締めにしてやろうという魂胆です。その件はまた。

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アナゴさん こんにちは

でっかい「真ガレイ」!
お値段もビックですが、抱卵もので美味しそうですね。

昆布とタラの相性はバッチリで、アラ鍋をするときに昆布を
入れると味が良くなるだけではなく昆布も柔らかくなるから
不思議です。

タラの昆布締め、楽しみですね。

No title

はるさんさん、こんばんは!
店頭で見ると1kgのタラなんて実にけちな姿ですが、買ってきて自分の俎板にのせるとけっこうな大きさでした。すでに土曜日にバラして昆布締めにしてあります。明日、あさってあたり、じっくりと味のしみこんだタラちゃんをいただくつもりです。

明日の朝は中国地方この冬一番の冷え込みとか、自転車通勤のアナゴとしてはしばらく「耐える日々」です。(室蘭に比べたら甘いもんですが・・・)
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード