2010/10/18 広島美術館

 今日はお魚の話しは無し。

 昨日17日の午後、広島美術館に行ってきました。開催中の「本を彩る美の歴史」を見るためです。結論から言うと、まだいってない方は是非見に行ってください。
101017 広島美術館

 くわしい展示の内容は広島美術館のHPを見ていただくとして、平家納経とグーテンベルグの42行聖書を同時に見られる機会はそうそう無いですからね。平家納経は3巻。巻末の清盛自筆の「権中納言平朝臣清盛」という字も見られます。
 それ以上に私が圧倒されたのは、広島経済大学のコレクションという、15世紀にさかのぼる活版印刷の本、および、同じく広島経済大学所蔵の、ウイリアム・モリスのケルムスコット叢書。いずれも、知識としてはそういうものがあるということは知っていましたが、実物を目にするのは初めて。大変なものです。

 この素晴らしいコレクションを誇る広島経済大学って、どんな学校なんだろう? どういう経緯でこんな貴重な文化財がここに? 私は実は技術系の会社員なので、まったくわかりません。視野が狭いことを反省・・・

 この展覧会はこれだけではなく、シャガール版画集「ダフニスとクロエ」、小磯良平による新旧約聖書の挿絵、ほかの展示もありました。 しかしながら、平家納経とグーテンベルグとケルムスコット・プレスに圧倒された私は、精神的エネルギーを使い果たして、それら後半をパスして出てきてしまいました。それでも二時間半ばかり照明を落とした展示に見入っていたのです。グーテンベルグからシャガールにワープするのは私にはちょっと無理でした。

 後半も是非見ておきたい、11月7日までに必ず・・・ と捲土重来を期す私です。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード