2017/4/16 キメジ、カナガシラ、広島で一番低い山

 桜が終わったと思ったら、平和大通りにはすでにフラワー・フェスティバルのバナーが。
IMG_8489 やがてフラワー・フェスティバル(600x401)
今年もゴールデンウイークの5月3、4、5の三日間です。


 そのバナーもながめつつ巡回してきた昨日の広島市内鮮魚店、段原のマックスバリュから。とても大きくて780円のチヌ、などいろいろありましたが、私の目を引いたのはカナガシラ。カナガシラというと割と小さいのをよく見るのですが、昨日のはかなり大きくて、一見ホウボウかと思うぐらい。一尾198円と確かにカナガシラの値段だったので、2尾買いました。

 比治山トンネルをくぐって橋を渡り、南に行って千田町Arukへ。段原マックスバリュ→御幸橋ゆめタウン、というルートを取ることが多くなったここひと月ばかり、Arukはご無沙汰です。どうかなァ・・と見ると、マグロの子供がいます。「キメジ」となっていました。キハダマグロの子供です。あまり大きいと私の手におえないんですが、まぁ私の守備範囲内、と見当をつけました。値段も税込980円と私の財布の守備範囲内。一本買いました。

 鷹の橋から宇品へ向かう電車通りに沿って東南へ、御幸橋を渡ってゆめタウンへ。ホンビノスガイ6個で300(+税)というのを買って帰宅。

 キメジです。
IMG_8474 キメジ(600x400)
44.5㎝、1681g。

 背ビレを御開帳。
IMG_8475 キメジ背ビレ御開帳(600x401)

 三枚におろして皮を引きました。この状態で740g。
IMG_8476 キメジ刺身用サク(600x444)
皮を引いた面が脂で光っています。

 刺身に。サク一本分です。
IMG_8485 キメジ刺身(600x461)
皮の下に脂があり、とても美味しいメジです。

 カナガシラ。26㎝と28㎝。2尾で694g。
IMG_8477 カナガシラ(600x400)
手前の一尾の腹がずいぶんでかく膨らんでいます。

 ヒレ御開帳。
IMG_8479 カナガシラ胸鰭御開帳(600x469)


右側のお腹の膨らみ方、尋常ではありません。
IMG_8478 カナガシラがデブ(600x566)
ちょっとカエルを連想しました。

 開いてみると大変な量の卵を持っていました。産卵直前だったのかもしれません。
IMG_8480 デブは子持ち(600x301)
この卵巣は107gありました。

 付属品一式。
IMG_8481 付属品(600x313)
左から、卵巣、浮き袋、肝、胃袋。ちょっと時間が無かったので全部いっしょくたに煮てしまいました。

 サク4枚。
IMG_8482 カナガシラ刺身用サク(600x456)

 刺身に。
IMG_8484 カナガシラ刺身(598x600)

 付属品煮物。菜の花のお浸しが残っていたので一緒にしました。
IMG_8486 カナガシラの子煮つけ(600x486)

 隠匿物資庫からハタハタの一夜干しを引っ張り出して一あぶり。美味いですね。
IMG_8487 ハタハタ一夜干し(537x600)

 で、こうなりました。
IMG_8488 晩酌の膳(600x504)
この日の酒は胡町大和屋で買った、華鳩(はなはと)、純米酒。精米80%の「扁平精米」だそうです。精米歩合は低くともなるべく心白に近いところを使っている、ということのようです。一升税込み2468円。華鳩は広島県呉市音戸町の蔵です。

 あ、ホンビノスガイ、時間切れで翌日回し。

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


 さて先日、江田島の先っぽにある、標高11mの「茶臼山」というのに行ってきました。茶臼山、という名前の山は日本全国に何十か所もあるそうですが、ここのは、広島で一番低い山として(少し)有名。ときどき弊ブログにお立ち寄りいただいているシャンソン歌手、別府葉子さんが、新しく出すCDのジャケット写真撮影に訪れた、という記事を拝見し、私も行ってみようと出かけたわけです。

 家から宇品港まで自転車で6㎞。宇品から能美島の三高港までフェリー、そこから自転車です。

 これが往路。
010 170413 往路 (458x600)

 三高港から江田島市役所あたりまでは何回かとおった道ですが、そこから先、県道300号線というのは初めて。だんだん細くなって不安になってきます。

 この先400m行き止まり。ますます不安。
020 IMG_8468 不安な標識(600x501)
 落石注意の警告、どうやって注意するのか?
030 IMG_8469 落石注意(600x448)

 さらに行くと小川に橋がかかっており、そこが300号線の起点です。
040 IMG_8453 橋に標識(600x417)
すなわちここから先は県道ではない、ということです。
050 IMG_8455 県道の起点 (349x400)
ますます不安。

 道の片側は崖になっており、なにか花が咲いていました。
052 IMG_8465 道端の花(400x600)

 ツツジのようです。
054 IMG_8464 花盛り(600x400)

 花盛りですね。
056 IMG_8459 ツツジ(600x474)

 やがて視界が開けてきました。
060 IMG_8456 視界が開け…(600x389)

 ははあ、あれが茶臼山か・・・。
070 IMG_8449 茶臼山(600x386)
ここは干潮の時は陸続きになるので、国土地理院が「島」ではなく「山」と規定しているんだそうです。

 こんな山。標高11m。
090 IMG_8434 茶臼山(600x424)

 本当に道のどん詰まり。
100 IMG_8435 行き止まり(600x380)

 その先はこうなってました。
110 IMG_8432 その先(600x393)

 誰か人がいます。
120 IMG_8438 調査中か(600x428)
しばらく見ていましたが、なにか磯の生物の調査のようです。

 帰路は切串港経由で。
200 170413 復路 (458x600)

 天気も良く、家で昼食を食べてから出かけ、夕方には帰宅できるお手軽な瀬戸内海島巡り。走行距離は54㎞でした。
300 IMG_8471 54㎞(400x333)


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード