2014/5/25 オランダからニシンとマス

 先日
    「劣化するシニア社員」    見波利幸著  日本経済新聞出版社
という本を読みました。法律が変わって65歳までの雇用が企業に義務付けられることになった結果、職場に困ったおじさん連中がふえてきた、その傾向と対策という内容です。(なぜかこの本には「困ったおばさん」は出てきません)

 困ったおじさんたちの症状の一つとして、多少挑戦的な要素のある仕事は「私はもう歳だから、そういう仕事はちょっと・・・。」と言って逃げる、というのがあるそうです。

 劣化しつつある私にも、ヨーロッパ某国のお客様に納入した機械のお世話に行って来いという指示が出まして、内心「じぇじぇじぇ! オレか?」という気持ちが芽生えかけましたがあわててこれを押し殺し、行ってまいりました。四月に二週間ほど、そして連休明けから十日ばかり。先週の水曜日(21日)帰国し、時差ぼけはほぼなくなりましたが、風邪を拾ってきましてまだ治りません。


 でその帰途、乗り継ぎで立ち寄ったアムステルダムの空港で魚を探索。

 オランダで魚と言えば生のニシン(塩づけ)、と聞いていたのですが、まさか空港に魚市場はないだろうが、と思いつつも探してみると、チーズなどを扱うデリカテッセンのなかに、こんな保冷箱の包みがありました。
IMG_1430 (640x511)
5尾入りというのをひと箱買ってみました。8ユーロ、1200円ぐらいですね。


 こんな感じで一尾ずつ個別にパックされています。16㎝、一尾約65gほどです。
IMG_1435 (640x530)

 玉ねぎと一緒に食べるらしいので、こんな風にしました。
IMG_1437 (640x494)
中骨は抜いてあります。ニシンは寄生虫(アニサキス)の心配があるので、生といっても一度冷凍することが法律で決まっているそうです。でも結構生の食感はありました。マイワシの刺身を連想します。


 同じ売り場には、サバ、ウナギ、などの燻製も並んでいます。値段と手荷物の大きさを考えて、こんなのを買いました。
IMG_1431 (640x496)
こちらは500gで約15ユーロ、2200円ぐらいです。

 Troutと書いてありますので、マスでしょうか。
IMG_1432 (400x267)


 スモークサーモンのようなものを期待しましたが、むしろツナ缶のような熱をとおした魚肉の感じ。でも燻製のスモーク風味は十分楽しめます。
IMG_1433 (640x530)
サラダの素材、ご飯のおかずにもなりそうです。



 というわけで、今週末お魚ツアーにはいかなかったのか、といえば実は行ってきました、ゲホゲホせき込みノドにタンを絡ませながら。

 大手町おかず工房、スズキ、マコガレイ、イシダイ、など1500円以上の面々が魅力的です。でも私が買ったのはこれ、ウマヅラハギです。32㎝、675g、648円。
IMG_1425 (428x640)

 お腹がこんなに膨らんでいます。
IMG_1423 (365x640)

 予想通り卵巣が大きく発達しています。卵巣が110g、肝が96g。
IMG_1426 (640x484)


 刺身に。うまくうす造りにできません。
IMG_1427 (640x508)



 隠匿物資庫からアジの中骨を。50秒チン、アジは乾燥しても脂が多いせいか、こんな風に焦げ目がつきます。
IMG_1440 (640x432)

 野菜関係まで手が回らず、こうなりました。
IMG_1442 (640x426)

 酒は宮城県大崎市、一ノ蔵酒造の一ノ蔵円融、特別純米、近くのスーパーで一升2267円+税金。


 今朝、クジャクサボテンの花が咲きました。
IMG_1448 (640x427)
今年はつぼみが一つしかありません。このサボテンがシニアになって劣化したせいだというのが妻の説ですが、さてどうでしょうか。


 今、日曜25日の朝5時半。本日所要があって東京まで日帰りで行ってきます。7時の新幹線に乗るつもり。慣れない東京に行くのは大仕事です、無事に着くでしょうか



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード