2013/8/25 マナガツオ、サルエビ

 広島は久しぶりの雨です。お隣の島根では大豪雨で大変なことになっていますが。


 さて昨日の土曜日、朝から雨。なんだか疲労感があって、ボンヤリしておりましたが、9時半ごろ奥様から「車を出してあげようか?」との情け深いお言葉。感涙にむせびつつ雨のドライブ、大手町おかず工房に連れて行ってもらいました。着いたのは10時前で、すでにお客さんは誰もいません。小型ながら肉厚のメイタガレイ850円、サヨリ80円、などがおすすめのようでした。
 マナガツオ1500円というのがあり、奮発してこれを買いました。それからサルエビ、広島での通称はスクモエビといいますが、これがけっこうな大きさのものが1尾60円という値段。試しに3尾買いました。

 胡町大和屋によって酒を一本えらび、帰宅。午後もずっと降っていました。


 買ってきたのはこんな連中です。
IMG_7425 マナガツオ W

 マナガツオ:30㎝/875g、スクモエビ:18.5㎝/3尾で118g。

 マナガツオは骨もやわらかく、三枚に下ろすときに包丁が気が付かないうちに逆側に回ってしまいました。また、普通の魚のようなやり方では皮が引けません。で、サクに下ろすのも皮が付いたままです。
IMG_7434 マナガツオ サク W


 付属品、小さな肝と未成熟の卵巣だけです。
IMG_7435 マナガツオ 付属品 W
ヒレは乾燥すればエイヒレのような感じになるんじゃないかと思ったので、試してみます。

 マナガツオの胃袋は極めて特異な構造をしています、内側にびっしりトゲのようなものが生えています。。
IMG_7429 マナガツオの胃内面 W
とても食べられそうにありません。


 大変きれいな刺身になりました。刺身にするときはいつもと逆に、皮目をまな板側にし、上から包丁を入れて皮目の直前で横にこそげとるような感じで切りました。皮が引けないからです。
 いっそ皮ごと味わおうと、皮を炙ったのが下の列。本来焼き物で美味しい魚ですから、この方が美味しいかも。
IMG_7443 マナガツオ 刺身 W


 卵巣と肝はゆでて。下にある緑はシシトウを焼いたもの。このシシトウがロシアンルーレットのような奴で、何個かに一個、ものすごく辛いのがまじっているんです。先週広島朝市で買ったのですが、売っている方が申し訳なさそうにそのことを告げてくれました。スリル満点の酒肴として人気が出るんじゃないか?
IMG_7445 マナガツオ付属品withしし唐 W


 頭に近い刺身にできない部位を塩麹に漬けて焼きました。すぐ焦げます。
IMG_7446 マナガツオ塩麹焼き W



 さてスクモエビです。捌きはじめたら頭と背に多量のミソを持っていることが判明しました。下の写真、一番上が殻をむいた状態、その下が背を開いて背ワタ(消化管)を取った状態。この薄緑色のヒモのようなもの、これが頭部まで続く濃厚なミソです。
IMG_7438 スクモエビ W
そして一番下がそれを取り除いた刺身の状態。

 こんな一皿に。大量のミソといっしょにいただくと大変けっこうです。(ちょっと見た目がアレですね。)
IMG_7442 スクモエビ 刺身 W
これが一尾60円、失敗しましたねー、もっとたくさん買ってくれば良かった! 焼いて食べても旨そうじゃありませんか・・・。


 こうなりました。
IMG_7449 晩酌の膳 W
 酒は和歌山県海南市、平和酒造の紀土「あがらの生原酒」、大和屋で一升2625円。「あがらの」というのは、和歌山の方言で「私たちの」という意味だそうです。山田錦を80%精米で使い、アルコールは17%。コメも自社栽培と、契約農家の米を使用。とてもいいですよ。


 実はマナガツオを読み込んだ俳句を見つけようとあちこちのぞいたんですが、たった一つ、
     下京は雪となりたる鯧    悦子
というのが見つかったばかりです。鯧は「マナガツオ」ですね。雪、といいますからマナガツオは冬の魚とされているんですね。私が持っている「食の歳時記 三六五日」(俳句αあるふぁ編集部編 毎日新聞社 1996年)という本にも、マナガツオは出てきません。こんなうまい魚なのに俳人の創作意欲を刺激しないんでしょうかね。旨すぎて俳句どころではない?






 さて一夜明けて今朝、山の端に怪しい雲がかかってスッキリとは雨が上がりません。
IMG_7451 (2)


 一晩干したマナガツオのヒレもほとんど乾いていません。
IMG_7454 (2)
もう一晩おいたらなんとかなるんでしょうか?





にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード