2013/5/26 ヨロイイタチウオ、カサゴ、キス

 IMG_6146 クジャクサボテン W
 今年もクジャクサボテンの咲く季節となりました。昨年はひとつの株に赤と白の両方が咲いたんですが、今年は今のところ白だけ。


 さて昨日、25日のお魚ツアー。大手町おかず工房、珍しく9時前に着き開店と同時に入店。最初の30秒が勝負ですね。
 大きなマダイが900円、この時期は産卵後で味が落ちるというようなことも聞きますが、その影響でしょうかね。

 カサゴを買いました。29㎝、450gで650円。それからキス、一尾80円を4尾。19~20㎝、4尾で242g。


 川口町リアルの開店までに若干間があるので、途中の旧広大跡地により、桑の実の熟れ具合を点検。2週間ぶりですが、格段に色づいています。一部の枝はもう黒く熟した実もあり、雀が群れています。
IMG_6155 桑の実 W
 昨年この木から実を採取してジャムを作ったのは6月初めでした。サボテンの花といい、桑の実の熟れ具合といい、季節の運びには着実なものがあります。「年々歳々花相似たり」という句をふと思い出します。


 原っぱのシロツメクサが盛りです。
IMG_6183 クローバー W


 一面の花、蜜の匂いが甘く漂ってきます。
IMG_6186 クローバー W


 川口町リアル、ヨロイイタチウオを買いました。広島では「メンタイ」っていうんですけどね。ぼうずコンニャクさんの市場魚貝類図鑑によれば、東京では「ヒゲダラ」だとか。いろいろです。その市場魚貝類図鑑にも書いてありますが、この魚はそのまま刺身では少し水っぽいんですが、昆布締めにすると抜群においしくなる魚です。先週末の富山の影響がまだ残っているのか、リアル店頭でこの魚を見た瞬間に昆布締めに決定、45㎝、680gで640円。

 以上でお魚ツアー終了、帰宅。というのは、昨日は天気も良く朝からぐんぐん気温が上がってきており、生の魚を持ったままウロウロしたくなかったのです。

 こんな連中です。
IMG_6192 ヨロイイタチウオ、カサゴ、キス W


 ヨロイイタチウオから取り掛かりました。鱗を落とそうと思いましたが、どうもうまく取れません。この魚はこれまでにも何度か扱っているのですが、こんな感じだったかなァ? 結局よくうろこを落とせぬまま捌きました。
 こんなサクです。
IMG_6196 ヨロイタチウオ サク W

 予定通り昆布締めに。半身は普通にサクのまま昆布にくるみました。半身は、どうしてもその日に食べたかったので、刺身状に切り付けたのち、これを昆布に張り付けました。
IMG_6197 ヨロイイタチウオ 昆布締め W

 この状態で4時間近く置くとこうなりました。十分締まっています。
IMG_6209 ヨロイイタチウオ 昆布締め W

 付属品一式、左から胃袋、肝、浮き袋、です。この浮き袋が非常に肉厚です。
IMG_6195 ヨロイイタチウオ 付属品 W
 このほかに卵があったんですが、成熟し過ぎており卵巣として取り出せず、粒々の卵として流れ出てきました。これは皮とともに煮込みました。


 キスは3枚におろして半分は刺身、半分はこれまた昆布締め。
IMG_6199 キス W

 刺身です。
IMG_6200 キス 刺身 W
 キスの付属品は小さな卵巣のみ。



 キスは中骨を乾燥して保存すると、後日絶好の肴になります。
IMG_6210 キス中骨乾燥
一緒に映っているのはカサゴのヒレ、ヒレ酒用です。

 こんな感じ。これを電子レンジでチンすると油を使わないカリカリの骨せんべいになります。
IMG_6212 キス中骨 W
隠匿物資としてマル秘保管。



 最後にカサゴ。普通に刺身に。
IMG_6201 カサゴ 刺身 W


 カサゴも付属品がいろいろ。
IMG_6198 カサゴ 付属品 W


 で、これら付属品一式を湯がいたのがこれら。
IMG_6203 付属品一式 W
上述のヨロイイタチウオの浮き袋は左奥の小鉢です。むっちりした歯ごたえ、知らずに食べたらその正体を言い当てるのは困難でしょう。左手前はキスのかわいい卵巣、右手前はカサゴの皮、右奥がカサゴとヨロイイタチウオの胃袋です。


 こうなりました。付属品御一行様がでかい面をしていますね。
IMG_6206 晩酌の膳 W

 酒は秋田県秋田市の新正、ではなく新政酒造、(へるぞうさん、ご指摘感謝!)No.6 Rタイプ、ちょっと名前が気に入りませんが。純米原酒ですが、アルコールは14%。大和屋で一升2640円。


 さてヨロイタチウオの皮と卵を煮たもの、一晩冷蔵庫に置いたら煮こごりになるかと思ったら、ご覧のとおりまだユルユルでした。
IMG_6235 煮凝り W



 比治山の西側を流れる京橋川、この両岸にハナミズキが植えられています。
京橋川 鳥瞰
(写真一番下が猿猴川との分岐、写真上方が川下です。広島市ホームページより借用)
IMG_6230 ハナミズキ満開 W

何種類かあるようで、もう花が終わっているのもありますが、今真っ盛りという数本もあります。
IMG_6224 ハナミズキ W

IMG_6226 ハナミズキ W


 これは、2000年ごろ広島市が中心になっておこなった「ハナミズキ事業2001」という活動の結果だそうです。

IMG_6231 ハナミズキ事業2001
こんな説明のプレートもありますが、今まで気が付きませんでした。

 ハナミズキは成長の遅い木でなかなか大木という感じにはならないようですが、今後どうなるでしょうか。


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
プロフィール

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード