2013/3/31 アイナメ、バイ、シロバイ、ミルガイ、比治山でお花見

 広島も桜が開きました。
IMG_5050 比治山の桜 W

 お花見真っ盛りです。
IMG_4957 宴のむしろ W

 私も昨日、妻と二人で出かけました。




 でもその前にお仕事を済ませなければ・・・。

 という訳で 行ってきた昨日のお魚ツアー、最初の大手町おかず工房。10分ばかり出遅れたためか、すでにトロ箱は半分ぐらい空です。広島で「大口(おおくち)カレイ」と呼ばれる天然ヒラメ、4千円以上という大ものがありました。あの店であれが売れるんでしょうか?
 残り物の中に、小さめですがアイナメが一尾まじっていました。広島では通常かなりお高い値札のつく魚ですが、250円という穏やかな値段だったので購入。24㎝、182g。

 宝町のフジ、先週のサンキュッパのミルガイのような掘り出し物がないかと期待しましたが、取り立ててこれといったものは無し。

 刑務所の前経由、川口町リアルへ。ここの鮮魚店はどうも最近値フダが出そろうのが遅いようです。じつは、良いサイズのミル貝が活けてあったのですが値札がついていません。まさかサンキュッパということは有るまいと思いましたが、でももし安かったら買いたい、とはいえ値段を聞いて高くてあきらめるのもカッコ悪いし・・・、と悩みつつ値札が付くのを待ちました。ようやくついた値段が、一個550円。あれ? そんなに高くない。一個買いました。殻長13㎝、380g。先週の398円のが220gでしたから、グラムあたりにすると先週が181円/100g、今週は145円/100g、さらにお買い得です。ウーム、ミル貝の当たり年でしょうか?
 ずいぶん得したような気がしたので、春にふさわしく貝尽くしでいこうかと、シロバイ5個、490gで399円、バイ6個、271gで373円も買って帰宅。他にもアカガイやヨナキガイ(ナガニシ)もありました。


   春雨や小磯の小貝ぬるるほど  与謝蕪村


 帰宅後急いでお花見に。3時半ごろ帰宅して、お仕事再開。


 こんな連中です。
IMG_5102 アイナメ、ミルガイ、シロバイ、バイ W


 アイナメを解体しました。透明感のある身質です。適度の脂も。左は肝と胃袋。
IMG_5106 アイナメ解体 W


 刺身に。小さいのでこれで全部。
IMG_5108 アイナメ刺身 W


 付属品です。
IMG_5111 アイナメ付属品 W


 シロバイは素茹でにして殻を取り除きます。
IMG_5112 シロバイ W


 身をスライスして、肝を添えました。
IMG_5114 茹でシロバイ W



 バイの殻はけっこう自己主張の強いデザインです。
IMG_5104 バイ W


 単純に酒と醤油で煮ました。爪楊枝で身をひねり出すのですが、なぜか全部肝の手前で切れてしまい、肝は回収できず。
IMG_5110 バイ煮物 W


 ミルガイ、先週一回バラしているので、今週は割と手早くできました。
IMG_5115 ミルガイ 刺身 W


 こうなりました。
IMG_5117 晩酌の膳 W
 酒は島根県の東出雲町の王禄酒造、王禄八〇(はちまる)・純米無濾過生原酒。山田錦を80%精米で使っています。アルコール17%、かなり味の濃い酒で肴が要らない感じ。私は好きですが、好みが分かれるところでしょう。酒商山田・幟町支店で一升3329円。


以上で魚は終わり。

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村



 さて、お魚を確保しておいて、昼前ぐらいに妻と二人でお花見に出かけました。市中心部の東寄りにある小高い丘、比治山(ひじやま)に向かいました。ふもとから眺めても桜が開花しているのがわかります。
IMG_4938 比治山に桜が W


 スーパーでお弁当と飲み物を調達。山の上まで「スカイ・ウオーク」という名前のエスカレーターがあり、楽チンです。妻は缶ビール250ml、私は赤ワイン300ml。右のパックはカモのロースト。
IMG_4948 お花見弁当 W

 
 山の上は大変にぎわっています。前の日の天気予報で、土曜は好天だが日曜は雨、というような情報があったためもあるでしょう。
IMG_5068 比治山の花見 W


 山の上をぐるっと一回りしてみましょう。

 南端の展望台から東南方向の景色。見えている山は黄金山(おうごんざん)。
IMG_5024 比治山から黄金山を望む W


 ここも桜の名所、ぐるっと鉢巻きのように見えている桜は、山頂への路沿いの並木です。さぞや混んでいるでしょう。
IMG_5004 黄金山花盛り W


 視線を右に回して南を見れば、宇品方面、そして瀬戸内海です。向こうに見えている島は江田島。
IMG_5032 比治山から宇品方面を望む W
 先日、宇品線の痕跡をたどる記事をアップしましたが、そこでご紹介した旧陸軍被服廠が見えています。写真中央、少し手前の赤レンガのひと連なりの建物がそうです。


 この見晴らしのいい場所は、じつは旧陸軍墓地です。
IMG_5042 陸軍墓地 W
 日清日露の戦役以来、度重なる戦争で戦場に斃れた将兵の墓があります。戦後一時世話をする人もなく荒れ果てるままになっていましたが、岩田日出子さんという民間人らの努力で再整備がなされたとのことです。

 わが故郷、岩手県の方も葬られているようです。
IMG_5044 岩手県 W


 そこから山頂の道を時計回りにたどると、市中心部が見える場所に出ました。西に向かって伸びる平和大通りがお分かりでしょうか。通りに沿って、芽を出し始めたクスノキが多いので、緑が盛り上がって見えますね。
IMG_4963 比治山から平和大通りを望む W


 後ろに写っているのは放射線影響研究所です。
IMG_5051 放射線影響研究所(放影研) W

 福島第一原発の被災で放射能の影響、およびその対策が世の関心を集めていますが、この研究所はその性格上さまざまの関与があったようです。



 さらに行くと、「ムーアの広場」に出ます。ムーアとは彫刻家のヘンリー・ムーアのことです。デミ・ムーアではありません。
IMG_5075 ムーアのひろば W
ムーアの彫刻、「アーチ」があるんですね。


IMG_5083 ヘンリー・ムーア作 「アーチ」 W


近づくとかなり巨大です。彫刻といっても彫ったり刻んだりしたものではなく、これは青銅の鋳物です。
IMG_5092 「アーチ」 W


 この場所は花見の宴をするに好適で、競争率も高いに違いありません。
IMG_5096 ムーアの広場 W

 皆さん楽しそうです。



 今年も無事花を見ることができました。3月は私の誕生月でもあり、学校、職場、それぞれに人の動きがあったりして、ひとしお感情の動く時期です。まことに月並みですが、

     さまざまのこと思ひ出す桜かな    芭蕉

 という句がぴったりです。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード