2012/7/29 コチ

 お暑うございます。

 ところで、ヘビクイワシってご存知ですか?
 こんな鳥です。
ヘビクイワシ Wikipedia
(Wikipediaから無断借用)

 で、この二三年でしょうか、街中でやたらとこのヘビクイワシに遭遇するのですが、どうしたことでしょうか?

 エーッ!?、一度も見たことがない?

 そんなはずはありません、こんな脚を見ませんか?

レギンス Taio

これはヘビクイワシが人間の姿を借りて歩き回っているに相違ありません。脚だけは化けきれなかったのです。「馬脚をあらわす」っていう言葉がありますが、脚は化けるのが難しいんでしょう。
彼奴等は人間界の征服をねらっているのではないでしょうか。恐ろしいことです・・・。



 さて、ヘビクイワシに捕まらないよう用心しながら行ってきた昨日のお魚ツアー、大手町おかず工房からスタート。すばらしいホウボウがありました。650円という魅力的なお値段ですが、先週、弟分とでもいうべきカナガシラを食べたばかりなので残念ながらパス。
 しっかり肉厚のメイタガレイも良さそう、750円で射程距離内だし・・・、とかいろいろ迷った挙句、コチにしました。1200円で予算オーバーですが、一夏に一回はコチを食べなくちゃね、とお財布に言い訳をしつつ。
 そのまま帰ろうかと思いましたが太田川を北上して白島へ。VESTA白島店で小さいミズイカ3杯で198円を買いました。カープが巨人に大敗したので、鮮魚売り場のとっつぁんは音なし。
 さらに時間があったのでまたまた南下して舟入市場へ。あんまりこれというものなし。万願寺トウガラシ(ただし広島産)を買って帰宅。焼いて食うと美味いんですよね。


 「本日の予算オーバー」はこんなおっさんです。
IMG_1629 コチ W

 どアップは怖い。
IMG_1633 コチの顔 W

 こんなサクになりました。私の腕のせいもありますが、骨格構造が少し複雑なので、歩留まりが少し低い魚です。
IMG_1644 コチのサク W


 付属品一式。さっき「おっさん」と書きましたが、立派な卵巣を持っておりまして、「おばさん」だったんですね、あの顔で。
IMG_1646 コチ付属品 W


 すがすがしい刺身になりました。
IMG_1653 コチ刺身 W

 いろいろ付属品で肴ができました。
IMG_1654 コチ付属品一式 W
左が卵、時計回りに、皮湯引き、胃袋湯引き、頭の塩焼きです。インターネットで検索した情報によると、コチは頭が旨い、特に頬の肉が旨い、ってなことが書いてあります。本当でしょうか?


 イカは小さかったんですが、刺身に。ゲソや中身の諸々は湯がいてポン酢で食べるました。
IMG_1655 イカ刺身 W


 こんなラインナップです。やたらとにぎにぎしいテーブルですが、統一感に欠けますね。
IMG_1651 晩酌の膳 W

 酒は広島県竹原市の中尾醸造、誠鏡、純米生原酒。大和屋で一升2373円。夏らしく涼しげな瓶です。中尾醸造は、「幻」という銘柄の酒で有名なんですが、私は買ったことがありません。清酒というのは日本の土、米、水、といった実体のこもった「物」という感覚が私には強いのですが、「幻」という実体のない概念は酒銘としてかすかな違和感を感じるんです。
 しかしこの「誠鏡」という酒銘は悪くありません。「鏡」という硬質の金属的な物体のイメージですが、透きとおって美しく、しかも神社のご神体が鏡であることがありますが、神社といえば酒、というめでたい連想がはたらいたりします。


 今朝もまた広島朝市に行きました。その傍らの栃の木です。
DSCF1929 栃の木 W


 5月ごろ咲いた花が鈴なりの実となって重そうにぶら下がっています。
DSCF1928 栃の実 W
もう少し熟すと、これを拾い集めて栃の餅を作る方がいらっしゃるようです。

こちらはコブシの実、春先咲く白い花、あのコブシの実です。
DSCF1935 コブシの実 W
実がこのように握りこぶしのようだから「コブシ」というんだそうです。本当でしょうか?





にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード