2011/11/27 スジガツオ、コウイカ、交響楽団

 昨日、26日のお魚ツアー、大手町おかず工房で、コウイカを買いました。小さめですが一杯100円ということで、とりあえず購入。
 ついで川口町リアルへ。でかいスジガツオがありました。私の中ではスジガツオという魚はそれほど優先順位の高い魚ではないんですが、見た目立派でしかも699円というお値段だったので、買って見ました。52cm、2.15kg。

 こんな連中です。
IMG_8284 スジガツオ、コウイカ W

 スジガツオの歯です。生きているのにまともに噛まれたら相当痛いでしょう。
IMG_8290 スジガツオの歯 W

 おや? 何か口の中に見えます。

 ちょっとアーンしてごらん・・・
IMG_8296 スジガツオ 口の中に魚が W
 何かの小魚でしたが、もうすでに消化が始まっていて魚種を識別できませんでした。

 尾びれに近いところに小さな独立したヒレが一定間隔を置いて並んでいます。
IMG_8287 スジガツオ 小離鰭 W
 これは流体力学的に非常に合理的なものだそうで、ゴルフボールのディンプルと同じ。泳ぐときの水の抵抗を減らす効果があるんだそうです。

 たたきにはせず、普通の刺身に。でも薬味は山盛りで、ニンニクも使いました。モリモリ食べられます。
IMG_8345 スジガツオ 刺身となかおち食べラー和え W
 左はなかおちを食べるラー油で和えた物です。

 こうなりました。
IMG_8343 晩酌の膳 W
 左手前は腹骨をかいたのを塩焼きにしたものです。

 酒は福島県二本松市の大七純米。近くのス-パーで一升2580円です。大七については、常に安心できる酒、といったイメージを持っています。



 さて昨日は、西区の区民文化センターに「きらきら母交響楽団 定期演奏会」というのを聴きに行きました。
111126 きらきら母交響楽団 W
時々拝見している銀蔵さんのブログで開催を知りました。

 子どもを持つお母さん方主体のアマチュア楽団のようで、乳幼児も入場OKという珍しいコンサート。20分ほど前に入ったのですが、満員でした。前から二列目にかろうじて一つ空いている席を見つけて座ることができたのは幸運。
 赤ちゃんが泣く声が絶えないコンサートでしたが、始めからそういうものだと思っていると、不思議と気になりません。ハンガリー舞曲とか、テンポのいい曲になると赤ちゃんも泣き止むようでした。人類がお猿さんから枝分かれしたころに、お母さんの心拍リズムから音楽の萌芽を獲得した、種としての記憶を思い出すんじゃないでしょうか。個体発生は系統発生を繰り返す、って言いますからね。

 子ども指揮者、という企画があり、3人の小学生がオーケストラを指揮しました。まぁお遊びだよな、と思っていたのですが、意外にもくっきりと個性が表れ、感心しました。



 帰路目にした夕陽の中の大田川シジミ漁、三篠橋付近です。
IMG_8304 大田川シジミ漁(三篠橋付近) W



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード