2010/8/30 イボダイ 後半戦

 一昨日(8月28日)の朝日新聞に、下のような記事が出ていました。
100828 ナメタガレイ(朝日新聞記事) Web大
ナメタガレイといえば、わが故郷岩手あたりではお正月に無くてはならない魚。需要と供給の関係でとんでもない高値がつく場合があり、私の父がどうしてもナメタガレイの煮つけがなければ新年を迎えられないと駄々をこね、母はため息をついて一切れン千円の切り身を買ってきた、なんてこともあったようです。今は二人ともこの世を去りました。仏壇にナメタの煮つけをお供えしてやろうかしら?

 でもカレイがこんな風にかま首をもたげた姿勢をとれるなんて知りませんでした。しばらく前にテレビで、名前を呼ぶとよってくるコブダイというのをやってましたが、魚も意外と人間になれるもんですねぇ。とはいえ、ここまで慣れてしまったら情が移ってとても食べられないでしょう。

 さて、一昨日のイボダイ、中骨などを干物にしたのがこれです。
100829 イボダイ骨関係 Web大
んでもって、これをこんがりとあぶって酒のアテにします。
100829 イボダイ骨焼き Web 大


 さらに、一昨日は刺身でいただきましたが半分残して昆布締めにしておきました。
100829 イボダイ昆布締め Web大
いずれも大変けっこうです。

 しばらく前に、トチの木の実について書きました。実はいよいよ大きくなって木からたれさがるようになってきました。
100829 トチの実 Web 大


昨日同じ場所を通ると実が落ちていました。
100829 栃の実 Web 大
右側の大きい丸いのは、まだ果皮に包まれているもので、これがむけると中央にあるドングリのような状態となります。これを砕いて水にさらし、渋抜きをして「トチ餅」などとして昔は食べたそうです。


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード