2017/3/26 ボラ、ミルガイ、松山へ

 三月も末となりました。
IMG_8021 ご卒業(600x501)
     運命は笑ひ待ちをり卒業す     高浜虚子

     これよりは恋や事業や水ぬるむ   高浜虚子
IMG_8019 (600x465)
「大正五年二月十一日。高商俳句會。山王境内楠本亭。高商卒業生諸君を送る。」という句だそうです。


 さて昨日25日の鮮魚店巡り、段原のマックスバリュから。一尾だけボラがありました。798円。ボラってすごい安い魚、というイメージがあり、798円はいかがなものか・・・、とも思ったのですが、久しぶりに買ってみました。ミルガイが298円、本ミルです。決して小さいわけではなく、手に取ってみるとずっしりした重みを感じます。一個買いました。次へ。
 宇品方向に南下し、途中の御幸橋ゆめタウンへ。ここの鮮魚売り場はずいぶん広いです。並んでいる丸物の数、種類、ともに中々のものです。マナガツオのでかいのが5千円台で出ていました。氷におおわれて全容は視認できませんでしたが、さぞや立派なお姿だったでしょう。シロミル(ミルクイ)が798円でした。店は違いますが、私の買った本ミルが298円で、シロミルが798円? 私の感覚と逆です。大きさのせいかな?
 帰宅。

 ボラです。
IMG_8027 ボラ(600x489)
50㎝、1531g。

 ボラの背中の模様から「鯔背(いなせ)」という言葉が生まれたんだそうですが、こんな模様です。
IMG_8028 鱗の模様(600x484)

 大きなウロコを落とし、三枚に。皮を引く段階で少し手こずり、ボラ特有の大きな血合いがとれてしまったり逆に皮が身側に残ってしまったり。難しいものです。

 刺身になりました。
IMG_8029 ボラ刺身(600x463)

 皮とヘソ(胃の幽門部の筋肉)の塩焼き。
IMG_8032 ボラの皮とへそ(600x478)

 本日の酒は、なな、なんと! 大吟醸。愛媛県西条市の成龍酒造、賀儀屋・大吟醸無濾過、精米歩合35%という目のくらみそうな一本です。もちろんいただきもの。
IMG_8031 賀儀屋大吟醸(600x585)
手前の小鉢は葉ワサビの醤油漬。

 ミルガイは190gありました。いい大きさです。これが298円でいただけるというのは有難いことです。
IMG_8033 ミルガイ刺身(600x494)


こうなりました。
IMG_8035 晩酌の膳(600x500)

 大吟なんて日頃飲まないのですが、なんか、つまみが要らないような。酒だけで味わうもののようですね。

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


 さて先日所用があり松山市に行ってきました。せっかくなので松山城に登り、道後温泉に入り、ついでに知人と飲んできました。

 お城に。リフトとロープウエイとあって、どちらも同じ料金。待たなくてすぐ乗れるリフトにしました。片道270円。
IMG_7950 リフトで上る(600x551)

 結構さむい日だったんですが、一部の桜は既に開花。
IMG_7948 桜が開花(600x486)

 途中ロープウエイに追い越されます。
IMG_7992 ロープウエイ(600x512)
「この寒いのに物好きな・・・」と思われているかも。

 やがてお城が見えてきます。
IMG_7954 お城が見えた(600x485)
 6分の乗車(?)時間で上のターミナルに到着。

 さらにそこからしばらく歩いてお城の入り口に。軍事施設ですからなかなか複雑な経路になっています。
IMG_7987 天守への道(473x600)

 二の丸に入ると広場になっていて、北側に天守閣郡が見えます。
IMG_7984 天守閣群(600x400)
ここももう少しで桜が楽しめるでしょう。

 510円の入場料を払って天守閣へ。大天守、小天守、隅櫓二基が連なった連立天守となっています。
IMG_7977 連立天守(600x400)
昭和になってから一部が放火で焼失したそうですが、江戸時代からの建物が重要文化財になっているようです。

 上から見ますと、攻めてくる敵兵を待ち受ける視線になってきますね。
IMG_7966 枡形(600x386)

 天守閣から二の丸方向を。
IMG_7962 天守閣からの眺め(600x397)

 高いところが大好きな私、しばし四方を睥睨。天守閣を降りて二の丸の売店で甘酒400円をいただき下山。

  下りもリフト。眼前に街並みが広がります。
IMG_7997 下り(600x529)

 午後、ロシア兵墓地、というのに行ってみました。市街地北側の丘陵にさしかかる寺院の立ち並ぶ地域にあります。そこに到る案内板も途中から疎らになって少し迷います。住宅街に向かってのぼったところの北側斜面にありました。
(以下、私のガラケーによる写真なのでちょっと品質低下)
F1000394 ロシア兵墓地(450x600)
日露戦争の捕虜となったロシア軍兵士を松山にも収容したのですが、ここでなくなって帰国できなかった100人近い兵士が埋葬されています。

 一基だけひときわ大きいのは、捕虜たちの精神的支柱であったというボイスマン大佐という方の墓です。
F1000384 ボイスマン大佐墓(450x600)

 その脇にある大佐の胸像は、比較的近年(平成6年)のもの。
F1000383 ボイスマン大佐胸像(600x473)

 それぞれのお墓にこのような墓標がついています。
F1000385 墓標(360x400)

 一つだけユダヤ人兵士のお墓があります。
F1000387 ユダヤ人兵士の墓(515x600)

 ダビデの星がついたこの墓標がそれを示しています。
F1000388 墓標にダビデの星(372x400)
ここは以前は「ロシア墓地」と呼ばれていたのですが、兵士の中にはポーランド人や中央アジア人など「ロシア人」とは言えない人も含まれているので、今は「ロシア」墓地と呼んでいるとのこと。

 同じ場所に、アメリカ無名戦士の墓、およびドイツ水兵の墓、というのが1基ずつありました。ドイツ水兵については何も説明が見当たりませんでしたが、アメリカ無名戦士の墓の方には、この近くの瀬戸内海で撃墜された米軍艦載機の乗組員、との記載がありました。
F1000389 米国無名戦士の墓(478x600)

 お菓子が供えられています。
F1000391 お菓子が(374x400)


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2016/2/7 ボラ、広島駅前

 北朝鮮がミサイルをぶっ放したという不穏なニュースが流れた本日、2月8日です。

 さて昨日6日の土曜日、宝町フジからスタートした魚屋めぐり、二軒目は千田町のAruk. ここはながめるだけのことが多いんですが、昨日は見逃せないものがありました。ボラです。
 この1年ほど、ボラを買っていません。この間かったのはいつだったか・・・?、と調べてみると、2014年の3月、ほぼ二年前ですね。ボラを店頭でまったく見なかったわけではないんですが、千数百円とかいうお値段で、ボラって安い魚という先入観のある私は手を出しづらかったんです。で、昨日はArukの鮮魚売り場に1本だけ、税込398円という値札で出ていました。これは買わないわけにはいきません、他のお客さんをかき分けて素早くゲット。といってもこれを買いそうなお客さんは他にはいらっしゃらないような…。体表が乾いているように見えたのが少し不安でしたが、「刺身用」と表示があったので、まぁ良かろうと。

  鯔さげて 篠つく雨の野を帰る   飯田龍太

  鯔さげて 渚しっかり踏み歩く    林 徹

 ボラって「下げて」歩くもののようです。太くて重いですからね。

  鯔さげて 立春の空を仰ぎけり    アナゴ  
    評) 季語が二つ入っているのでダメ (しかも「鯔」は秋の季語だ。)

 というわけで満足し、そのあと川口町リアル、舟入市場と回りましたが何も買わずに帰りました。安上がり。


 こんなおっさんです。 どォーですか! (自慢)
IMG_1795 ボラ(640x426)
53㎝、1726g。出刃と比べてください。この大きさで398円!


 腹側のウロコの輝きが美しい。 レースの模様のようです。ベルギー・ブリュージュ製、なんちて。
IMG_1800 ボラの鱗が輝く(640x444)

 そのウロコを落とすのがまたたいへん。ご存知と思いますがボラのウロコってとても大きいんです。飛び散らないように流しで水をかけながらやったんですが、ご覧の通り。
IMG_1801 流しが鱗でいっぱい(640x427)


 で、ベルギー・レースのお洋服を脱がせた状態がこれ。
IMG_1804 ボラ刺身用サク(640x408)

 付属品は皮と、これ、いわゆる「ヘソ」ですね。
IMG_1805 ボラのへそ(500x392)
約1.7㎏の魚体をさばいた結果、捨てた部分(頭、内臓、中骨)が900gほどです。頭がでかくて中骨も太いので、歩留まりとしてはこんなもんでしょうか。

 さて一仕事終え、達成感につつまれて、午後から街に酒を調達に出かけました。広島駅南側の再開発が進んでいます。
IMG_1813 駅前再開発(640x418)

 マンションでしょうか。
IMG_1816 ビルができる(427x640)

 こちらはホテルなんですが、ある階から上はやっぱりマンションになるらしいです。
IMG_1820 高層ホテル(427x640)
立地からいって当然億ションでしょう。売れるんですかね? あるいは投資用に爆買いの方々が買うのかな?

 駅前にある福屋デパートの屋上に登ってみました。ここは夏はビヤガーデンになるスペースで、12階相当なんですが、まだまだ上に伸びていくようです。
IMG_1844 高層ホテル(427x640)

 下をのぞいて見れば駅前の路面電車のターミナルが見えています。
IMG_1822 福屋の屋上から (640x447)
HITACHIの看板ののっかっている建物、あれがJR広島駅です。5階建てなんですが、ぜんぜん低いです。

 さっきの高層ホテル&億ション、工事用のエレベーターが忙しく上り下りしています。ご安全に!
IMG_1824 工事用エレベーター(413x640)

 視線を南側にめぐらせていくと猿猴川です。3本見えている橋は手前から猿猴橋、荒神橋、大正橋、ですね。手前が川上、向こうが川下。流れていく方向に見えている山は黄金山。
IMG_1826 猿猴川(640x485)
猿猴橋は江戸時代からある橋で頼山陽の詩にもでてきます。
   猴子橋頭生暮煙    
      猴子橋頭 暮煙ヲ生ズ  (猿猴橋あたりに夕靄がかかってきた)
IMG_1828 荒神橋を電車が通る(640x409)
猿猴橋はとても趣のある造りなんですが、長く省みられていなかったので、今改修工事中。


 さらに南に視線を移すと、比治山の森(中央の大きな丘)が見えます。 
IMG_1834 比治山、さらに南(640x487)
左のとんがったのは金輪島、右は宇品沖の似島(にのしま)、さらに向こうは江田島、能美島、などでしょう。

 こちらは北側。長く横に伸びて見えるのが新幹線のプラットホーム。その向こうが双葉山、ではなくて二葉山緑地。神社やお寺があります。(広島在住22年目ですが、一度も行ったことがない。)
IMG_1838 駅の北側(640x427)


 さて、福屋デパートには何をしに行ったんでしょうか? 眺望を楽しむためではありません。それも少しはあるが。

 先週からここで、岩手県物産展やっていたんです。で、そこに岩手の酒が出ているはずだ、ということでのぞきに行ったのでした。岩谷堂箪笥、秀衡塗(漆器)、久慈琥珀、前沢牛、南部鼻曲り鮭、クルミ柚餅子(ゆべし)、南部せんべい、岩谷堂羊羹、盛岡冷麺、わんこそば・・・ 広島の方はどの程度ご存知なんでしょうねェ。明後日、2月9日までやっているそうなので、まだの方はぜひお出でください。ワタクシ、決して福屋の回し者ではございませんが。

 で、お目当ての酒は、紫波郡紫波町の廣田酒造店が出品。紫の波、紫波って美しい地名だと思いませんか?
 特別純米酒、生原酒の「あらばしり」というのを一本買いました。一升2880円。
IMG_1853 ボラのへそ塩焼き(619x640)
ボラのへそ塩焼きと合います。(ヘソな、もとい、ヘンなほめ方だ。)

 ラベルに、イケメン俳優・村上弘明さんのシールが張られています。この日の午前、村上さんのトークショーがあったとか。村上さんは岩手県陸前高田の出身です。私より三つ若い。(比べてどうする?!)
IMG_1854 村上弘明(640x552)

 ボラの刺身、大変結構です。血合いの濃い赤がボラの特徴です。
IMG_1857 ボラ刺身(582x640)
 しつこくアップで。左に見えているワカメは、先日駅伝大会の岩手県応援テントで買ったものです。
IMG_1855 ボラ刺身アップ(640x545)


 ボラの皮、今回は湯引きではなく塩焼きです。
IMG_1849 ボラの皮(500x465)
見た目がちょっと不気味な・・・。

 腹身も塩焼に。
IMG_1850 ボラ塩焼き(603x640)
少し癖があるので、残っていた濁り酒・奥の松特別純米酒でいただきました。

 最後、カマの味噌汁でしめ。
IMG_1859 ボラ味噌汁(640x553)
メデタシメデタシ。

 でもあの巨体ですから、まだまだあるんです。二三日ボラ三昧。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村

2014/3/30 ボラ、白ミル貝(ナミガイ) 桜が咲きました。

IMG_0142  公園の桜(640x427)
    いま桜 さきぬと見えてうすぐもり
             春に霞める 世のけしきかな
  
                                            式子内親王

 昨日は朝から曇り空、昼からは雨の予報でした。今にもポツリと来るかと気にしながら出かけた昨日のお魚ツアー、大手町おかず工房から。スズキやカレイ、コチなどお高い魚にまじって、でかいボラがありました。振り返ってみますと、数年前にボラの卵巣でカラスミ作りに挑戦したことはありますが、ボラそのものをこのブログに登場させたことは2011年の3月6日以来、三年ほどご無沙汰のようです。震災の直前ですね。
 一尾買いました。48㎝、1.3㎏で420円です。ほんとに安い。

 宝町フジ、千田町Arukを通過して川口町リアルへ。リアルの近くに公園があり、そこの桜もほぼ満開に。
IMG_0144 公園の桜 (1280x1054) (640x527)

 
 白ミル貝(ナミガイ)を購入、水槽の中で水管をベロンと伸ばしてリラックスしていたこのオッサンもヒョイと捕まれてビニール袋の中へ。アレレレ? 


 こんな連中です。
IMG_0199 ボラ、白ミル (640x421)


 ボラの目に膜がかぶっておりますが、「脂瞼(しけん)」というものだそうです。
IMG_0201 ボラの瞬膜 (640x592)
ボラは目を傷つけやすい汽水域(河口付近など、淡水と海水の混ざる領域)を好むためだそうです。


 三枚におろしました。
IMG_0203 ボラ 三枚おろし (640x374)
今回は皮の引き方がへたくそで、鮮やかな血合いがダンダラ模様になってしまいました。


 こんな刺身です。いわゆる「ブラ」で、大変活きが良く、噛むと歯をはね返すような弾力を感じます。
IMG_0217 ボラ刺身 (640x487)


 血合いの部分を集めて万能ネギ、味噌と合わせた味噌たたき。
IMG_0206 ボラ血合の味噌たたき (640x507)

 皮は湯引きに。ボラは鱗が大変大きい魚です。この皮を見てもわかりますね。
IMG_0210 ボラの皮湯引き (640x504)



 ボラに特有な付属品、「へそ」です。胃袋の幽門部だそうです。
IMG_0204 ボラのへそ (442x500)

 半分に切って泥を洗うとこんな感じ。鳥の砂肝に似ています。塩焼に。
IMG_0205 ボラのへそ (500x461)




 さて白ミル、殻長10.7㎝、364g。これをばらして可食部だけにするとこんな感じ。わずか90gほどですね。
IMG_0212 白ミルガイ可食部 (640x424)


 先端の黒い部分のみ数秒お湯に通してから刺身に。活きが良いので切った身がそり返ります。
IMG_0215 白ミルの刺身 (640x534)


 さて問題はこれ、丸い内臓の部分です。
IMG_0213 白ミル内臓 (640x599)
私はこれまでこの部分は一切手を付けず捨ててきました。しかし先週はタイラギのヒモも食べたし、これも何とかしてみたい。試しにインターネットで検索してみると、けっこう普通に食べられているようです。バタ焼きがお勧めらしいですが、ボラのへそと一緒に塩焼にしました。

 手前がボラのへそ、奥の串が白ミルの内臓です。7~8㎜に切って水洗い、詰まっている泥のようなものを流し、串に刺して焼いたのです。まぁ何とかそれらしくなっているじゃありませんか。
IMG_0216 ボラのへそと白ミル内臓 塩焼き (640x506)
食べた感想ですが、ぜひとも食べたいというほどではありませんね。



 野菜の串焼きも添えて出来上がり。
IMG_0219 晩酌の膳 (640x470)
 酒は和歌山県海南市の平和酒造、紀土、純米酒。山田錦を80%という低精白で醸しました。胡町大和屋で一升2205円。


 以上でお魚関係は終わり。

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村




 さて昨日のツアー途上で立ち寄った平和公園の風景です。

 ここも桜が咲いています。
IMG_0152  平和公園の桜(640x478)


 原爆ドームの対岸で雀にエサをやっている方が。
IMG_0156 原爆ドームと桜 (640x443)


 たくさん寄ってきます。
IMG_0163 雀の餌付け (640x606)


 大変よくなついており、手から直接エサをついばみます。でもほかの人はダメ。
IMG_0170 雀 (640x621)
けっこうお話し好きの方らしく、少しお話を伺いました。一昨日の金曜日は好天で、青空に七分咲きの桜が見事だったとのこと。


 これは原爆ドーム側にわたる元安橋。
IMG_0155 元安橋 (640x496)


 この橋の上から下流側を見ると、お花見の場所確保の方々でしょうか。
IMG_0184 やる気満々 (640x500)
 昨日は午後から雨、そして今日の日曜も雨、という予報でしたから、もう決行せざるを得ないという敢闘精神旺盛な方々です。

 元安橋の東たもとにはおしゃれなカフェがあります。
IMG_0196 川岸のカフェ (640x480)
 一度入ってみたいものです。



《蛇足》

 ところで冒頭の和歌の作者、式子内親王、私が高校のときは「ショクシ内親王」と読むように教えられたのですが、今は「ノリコ内親王」と読むのが正しかろうと考えられているとか。ンー・・・



プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード