2017/4/10 ホタテ、イワシ

 先週土曜、4月8日の広島は曇天で少し霧がかかり、しばらく外を歩くと衣服がしっとり濡れるような天気でした。その霧の中、いつものように魚を求めて出撃。
 段原のマックスバリュへ。大きなアジが680円。でかいボラが3尾も並んでいました。サワラの良いのがこれまた3,4尾ありましたがお値段も素晴らしく、見るだけ。イワシ、三重県産、3尾で税込198円、というのを買いました。
 南下して御幸橋のゆめタウンへ。色々ありましたが、殻つきホタテ1枚200円、3枚で500円というのが良さそうだったので、なるべく大きそうなのを選んで3枚購入。

 霧雨がひどくなりそうだったのでそのまま帰宅。

 ホタテです。
IMG_8217 ホタテ(600x480)
ホタテは表と裏で貝殻の色が違います。上の写真の位置関係を変えずにそれぞれ裏返すとこうなります。
IMG_8218 ホタテ反対側(600x482)
どっちが表でどっちが裏か? 「ホタテ貝の遊泳」というこの動画を見ますと、平たくて色の濃い方を上側にして生活しているようです。
 殻長130㎜、3枚で825g。

 開くとこうなっています。
IMG_8219 ホタテ開いた(600x468)

 それぞればらして可食部ごとに分けました。
IMG_8220 可食部(600x472)
貝柱112g/3個、右の「ヒモ」が88g/3個、奥の生殖巣が160g/3個。生殖巣は赤いのが卵巣、白いのが白子だそうです。3~5月が産卵期なのでちょうど今発達しきったころあいでしょうか。

 黒い中腸腺、通称「ウロ」は食べてはいけないことになっています。私もむかしは粋がって食べたりしたこともありましたが、たいして美味い物ではありません。
IMG_8221 ウロ(500x460)
これが3個で58g。
 ウロはなぜ食べてはいけないか。プランクトン由来の有害物を蓄積する場合があること、および海水中の重金属、特にカドミウムを蓄積するため、だそうです。プラントン由来の貝毒は生産地で定期的に調べて有害レベルを超えたら出荷停止になるのであまり心配ないそうですが、カドミウムは常にあるようです。
 私の知人が室蘭工業大学で、このウロからカドミウムを抽出し、金属カドミウム精錬の原料とし、なおかつ無害になったウロを高蛋白飼料とする、という研究をしていました。コストの問題でなかなか実用化は難しいようですが。

 貝柱は刺身に。
IMG_8224 刺身(600x487)
甘くてさっくりした歯ごたえで、やがてネットリ。

 ヒモは塩でもんできれいにし、塩辛風に。
IMG_8223 ヒモ塩もみ(600x495)
ヒモにポツポツ見えているたくさんの小さな黒点、あれが目だそうです。

 生殖巣はゆでました。
IMG_8222 生殖巣茹で(600x479)
パンパンに張り切っています。
 切り分けてみると中が少し生っぽいような。
IMG_8227 (600x511)
暖かくなると、ふとビールが飲みたくなります。

 右下の小皿は、外套膜とエラを茹でたものです。食べられなくはないが、特に美味いものでもなし。広島駅伝の北海道のテントなどで売っている殻つきホタテ焼きでは、エラも外套膜もみんなまとめて焼かれているので、ちょっと試してみたのです。
IMG_8225 (600x528)

 イワシは21~22㎝、3尾で310g。一尾を刺身に、残りは腸を除去して焼き物用に保管。
IMG_8229 (583x600)

 前日の獲物、クロダイの昆布締めもちょっと出演。
IMG_8232 (600x501)


 こうなりました。
IMG_8235 (600x491)
 酒は広島県呉市安浦の盛川酒造、白鴻(はくこう)2015BY、精米70%の純米酒です。「鴻」の字が出てきませんコウノトリ」だと思うんですが、「鸛」しか出てこない・・・。
***(4月12日追記)***
いつもコメントをいただく、相子さんからご教示がありました。
「コウノトリ」ではなく、「オオトリ」でした。
「おおとり」で返還すると、一発で「鴻」がでます。
相子さん、ありがとうございました。
*******************

 ついでですが、翌日のイワシ塩焼き。
IMG_8341 (600x468)


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村



 さてこの日(4/8)は霧雨から午後曇り、という花見にはあいにくの空模様。ちょっと様子を見に行った京橋川右岸も閑散としていました。
IMG_8205 桜(600x439)
 ほぼ満開の桜を一人じめ。これはこれでまた趣あるものです。

 午前の霧雨を受けて、花が重たげに垂れていました。
IMG_8213 桜の花(600x448)

 ケヤキの新緑がきれいです。
IMG_8212 欅の新緑(600x421)

 実はこの翌日、9日の日曜日は天気予報に反して好天、広島のお花見スポットの一つである黄金山(おうごんざん)に登ってみました、自転車で。その様子を次回ご報告しましょう。


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2017/2/13 ハタハタ、ミルガイ、ヒイカ 縮景園の梅で一杯

 日本海側はまた大荒れだったこの週末、広島は、というか広島市内は、寒さこそ厳しいものの雪はほとんど無し。11日の土曜日も行ってきました鮮魚店巡り。
 日本海側が荒れているだろうから魚も少ないだろうな、と予想して出かけました。この日は第二土曜だったので、最初に行ってみたのが上八丁掘の高層マンション前広場のグランマルシェ、開いてはいましたが、鮮魚のブースは空っぽ。確かここは島根県浜田から持って来るということだったので、やっぱりね、と納得。
 次に向かったのが、先週再発見した某スーパー。ここもあまり大した品ぞろえではありませんでしたが、300円のミルガイというのを購入。少し小さいけれど本ミル、300円はうれしい。それから一山198円のハタハタを買いました。5尾入っています。
 千田町Aruk、やっぱりパッとしない品ぞろえ、それもそのはず、ここは山口県の日本海側、萩漁港からの魚がメインなのです。川口町リアルへ。

 川口町リアル、ここはもう明らかに魚が少ない。で、店の人の話を小耳にはさんで、やっと気がつきました。この日は休日(建国記念日)で魚市場が休みなのでした。あきらめて舟入市場もとりあえず見るだけ、と思ったら、小さいイカ、ヒイカっていうんだと思うんですが、茹でていただくと美味いので一パック買いました。217円。帰宅。

 こんな連中です。
IMG_7410 本日の買い物(600x445)

 ハタハタの顔。
IMG_7414 ハタハタの顔(600x442)
瞳の大きさがまちまちですね。15~21㎝、5尾で260g。

 背ビレを御開帳。
IMG_7415 (600x401)
地味です。

 300円のミルガイの顔。
IMG_7416 ミルガイの顔(600x489)
ピンボケになっているのは、おとなしくしないで動いたからでしょう。

 こっちが背中。
IMG_7417 ミルガイの背中(600x392)
殻長10㎝、159g。

 刺身に。
IMG_7419 ミルガイ背中(600x561)
この水管の部分が、このあとグイッとそりあがって、本人はまだばらされたことに気がついていなかったようです。

 ヒイカ。はーい、並んで並んで!
IMG_7413 並んで並んで(600x476)
16杯で222g。

 一度ゲソを本体から引出、墨袋などをできるだけ洗ってからゆでました。そのまま茹でると全部真っ黒けになることがあるのです。
IMG_7420 ヒイカ(600x510)

 その他、先週のコチの昆布締めだの煮こごりだのも出てきて、こうなりました。
IMG_7423 晩酌の膳(600x473)
 酒は、広島県呉市吉浦の水龍、アル添の普通酒です。そごうデパート地下で一升1872円(税込)。

 あ、そうそう、ハタハタは鍋に。
IMG_7424 ハタハタは鍋に(600x521)
ネギと豆腐しか見えません。一緒に入れた昆布だけのダシでいただいたのですが、とても美味しい魚です。


 以上でお魚関係の話題は終わり。

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


 さて翌日の日曜、幟町の縮景園に行ってみました。ここは旧浅野藩の殿様が作らせた、小堀遠州作庭というお庭です。梅がそろそろ見頃かと・・・。

 暖かい日差しに梅が香ります。まだ満開には少し間があるようです。
IMG_7436 暖かい日差し(600x400)

 この紅梅は満開に近い。
IMG_7465 紅梅(600x400)

 しだれ梅。
IMG_7432 しだれ梅(573x600)

 メジロがしきりに花の蜜を吸っていました。
IMG_7448 メジロ(600x479)

 和服の二人連れ、粋ですねー。
IMG_7466 和服のお二人(600x490)
お二人とも立派な一眼レフをご持参でした。

 この鳥は?
IMG_7468 なんていう鳥?(600x496)

 撮影する人々。
IMG_7479 撮影する人々(600x437)

 この方のレンズは300㎜望遠、重たくて・・・、とおっしゃっているのが聞こえました。
IMG_7480 300㎜望遠レンズ(588x600)

 白梅
IMG_7470 白梅(600x550)

    勇気こそ地の塩なれや梅真白  中村草田男

 「地の塩」というのは新約聖書に出てくる言葉だそうです。寒中にあえて花ひらく白梅に「勇気」を見出す、ということでしょうか。


 さて梅も良いのですが、もう一つこんな良いものもあるのです。
IMG_7474 お燗酒(464x600)
 庭で「俄かふぇ」というカフェが2/11~19だけオープン。庭に俄かに開いたカフェ、というしゃれ。お抹茶やぜんざい、甘酒などもありますが、燗酒500円、というのもあります。昨年もここでいただきましたが、あの時は小雨にぬれる梅という、また別の情緒たっぷりの梅見酒。

 どこの酒ですか? と聞いたら、「夜の帝王」という広島県竹原の藤井酒造の酒、とのこと。ウーン・・・ 夜の帝王、ですか・・・。

 ついてきたアテは、削り節。カツオでしょうか? なかなかよろしいです。
IMG_7477 夜の帝王(600x475)
 これで500円は縮景園もやるじゃないですか。

 と、私が熱燗一合をひっかけているその隣のテーブルで、私より高齢の、おそらく70代と思われる紳士が、背負っていらっしゃったバッグパックからやおら赤ワインの瓶を取出し、カッコいいメタルカップで悠々と召し上がり始めました。縮景園は本来飲食物持込みはダメのはずですが、そんなことまったく気になさっていないようです。私はびっくりしてしまい見るともなく見ていましたが、その堂々とした飲みっぷりは何か「悠揚迫らざる」という言葉そのままで、圧倒されました。
 私が一合の酒を終えて園内をゆっくり一回り、元の場所に戻ってきたときには、その方のボトルはほぼ空いていたようです。私もいつの日か、ああいう立派なノンベになれるでしょうか。前途遼遠という感じを抱いて帰ってきました。


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


2016/9/18 ハタハタ、トリガイ 三連休は雨模様

 勤め先の庭で見た虫です。

 ショウリョウバッタ、御夫婦です。おんぶされている小さい方が旦那さん。
F1000360 ショウリョウバッタ(640x569)

 奥様はお食事中。
ショウリョウバッタ ご夫婦 (640x569)
今回初めて知りましたが、ショウリョウバッタの「ショウリョウ」とは「精霊」だそうです。さだまさしの「精霊流し」の「精霊」ですね。

 ツマグロヒョウモンというタテハ蝶の一種。メスです。
F1000363 つマグロヒョウモン(640x600)
この蝶は成虫で越冬するとか、そろそろ場所探しでしょうか。


 さて、この三連休、天気さえよければまたどこかの島に行こうと思っていました。狙いは松山市沖の忽那諸島、最後に残った津和地島怒和島ですね。しかし昨日も夕方から雨、今日明日は終日雨の予報、出られません。


 昨日、曇り空の下を出かけた鮮魚店巡り、宝町のフジ、千田町のAruk、と適当な獲物無し。サンマが少し安くなってきましたかねェ・・・、でももう一声ですなァ。とはいえもう九月も下旬、数十円下がるのを待っているうちに旬を逃すかもしれません。悩みどころです。
 川口町リアル、ハタハタがありました。島根産、一パック8尾入って323円(+税)とは安いような。買ってみました、刺身にはできないだろうけど。刺身用は何か・・・、と見ていくとトリガイがあります。昨年はやたらとシロミル貝の多い年でしたが、今年はトリガイが当たり年のようです。いずれも瀬戸内海産のようで、年によって栄枯盛衰があるんでしょうか。一パック購入。ついでに鶏肝(ハツ付き)も買って、次へ。
 舟入市場、鮮魚売り場は相変わらずでかいヒラメやカツオが並んでいますが、先日の85円のカナガシラ、というような私向きの魚はこの日はみられず。シイタケの小さいのを一袋220円で買って帰宅。

 ハタハタです。21㎝、8尾で520g。
IMG_5921 ハタハタ(640x484)

 あんまり知恵がなく、焼き物に。
IMG_5925 ハタハタ塩焼き(640x510)

 トリガイむき身、9個分で338g、456円+税=492円。
IMG_5916 トリガイ(640x520)
 開いて内臓を除去、その後70℃ほどのお湯でごく短時間湯がきました。なかなか繊細な作業です。

 こんな刺身に。
IMG_5918 トリガイ刺身(640x555)
この量で492円は、先週のヨコワに比べると、イマドキの言い方をするなら「コスパが悪い。」 贅沢をしてしまった。

 でもヒモも一応捨てないで食べたし、勘弁してもらいましょう。
IMG_5923 花の香(640x561)
 酒は熊本県和水町(なごみまち:読めますか?)の、花の香・花火、胡町大和屋で一升2775円。

 こんなにぎやかなラベルですが・・・
IMG_5929 花の香ラベル(620x640)

 この「4.14 Phoenix」にふと気がつきました。
IMG_5930 花の香Pheonix(640x560)
 私は東北人なので、「3.11」は忘れがたい日付として心に深く刻み込まれていますが、4.14って何だろうな?、というようなレベルにまで記憶が風化しているのはお恥ずかしい次第です。

 で、よくよくラベルを見ると、こんなメッセージが。
IMG_5926 花の香メッセージ(623x640)
 なるほど、これは本来、純米大吟醸になるはずだったお酒なんですね。その過程で温度管理ができなかった一週間があったので、ラベルに大吟醸と謳うことをご遠慮なさったようです。お値段も控えめな2775円(税込)、私でも買えます。

 和水町の皆さん、すばらしいお酒をありがとう!


 昨日の鮮魚店巡りの途上、某公園で見たザクロの木。
IMG_5911 公園のザクロ(640x570)

 たくさん実をつけています。
IMG_5907 ザクロ(640x573)

      ざくろ光りわれにふるさとなかりけり
                           江國 滋

IMG_5908 ザクロ(640x502)

 私のふるさとはどうなっているでしょうか。

 
  

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村



2016/4/10 サザエ、アオハタ、カサゴ 広島は厳戒

IMG_3004 しだれ桜2(640x557)

 八重のしだれ桜です。

 ソメイヨシノとはまた違ったぼってりとした華やかさ。
IMG_2999 しだれ桜3(627x640)

太田川左岸にあまり大きくない樹ですが、一本だけあります。
IMG_2995 しだれ桜(640x427)

 盛りは過ぎましたがまだきれいです。
IMG_2994 太田川左岸(640x433)

 お花見の準備をする方々が昨日も絶えません。
IMG_2987 まだまだ花見(640x478)


 さて昨日は4月の第二土曜日、上八丁堀の高層マンション前で朝市が開かれます。最近大人気で、開店時間の9時に行っても魚はあらかた売れている、ということもあります。昨日も、今日こそは、と思っていたのですが、なんやかんやしているうちに時間ぎりぎりとなり、ついたのは9時五分過ぎ。
 大きなスズキを1500円でゲットした方がおられ、ああもうちょっと早く来れば・・・と後悔。いつものパターンです。

 残っているものをざっと眺め、アオハタ(黄アラ)、カサゴ、ソイ、いずれも500円というのを検討。アオハタとカサゴを一尾ずつ買いました。野菜、パン屋、オリーブオイル、など、店頭をながめるだけでも楽しいです。最近はいろいろあり、昨日はカカオ豆の店も。あれはどうするんでしょうか。もう一度魚屋に戻って、サザエ一個100円を4個買って帰路へ。

 このあと平和公園によったら、G7外相会議(4/10,11)の前日とあって、いつになく厳重な警戒がしかれていましたが、その話題はお魚の後で。


 こんな連中です。
IMG_3072 アオハタ、カサゴ、サザエ(640x466)
サザエ:4個で393g
アオハタ:30.5㎝、398g
カサゴ:26㎝、294g

 今回のサザエは、トゲ(というのか、ツノというのか)がしっかり長く突き出した物。この朝市の魚は島根県浜田から来るものらしいのですが、日本海の波に洗われる磯に育ったからでしょうか。2月にもサザエを刺身にしたんですが、その時にさとこさんからいただいコメントで、「平らな岩場の割れ目在住のヒト達とかは、穏やかな生活みたいで、コロンとしていて」、という一節があり、愉快な言葉に笑ってしまいましたが、今回のヒトたちは艱難辛苦の暮らしをしてきたようですね。

つらい人生のヒト達2

(ちなみに、穏やかな生活のヒト達はこんな姿。)
穏やかなヒト達2


 刺身に。
IMG_3079 サザエ刺身(640x509)

 アオハタとカサゴは刺身に。
IMG_3082 アオハタとカサゴの刺身(640x601)
似たような白身で、どっちがどうとも言えません。作戦が間違っていましたね。

 付属品、右が皮2尾分、左が肝、浮き袋、胃。
IMG_3081 付属品一式(640x582)
 酒は岩手県盛岡の朝開き、純米。日本酒度+10という辛口。酒銘「水神」にちなんで、ラベルには龍の姿が描かれていますが、これは徳川美術館蔵の絵だそうです。今ちょうど広島県立美術館が徳川の名宝展をやっていますから、もしかしたら来ているかも。

 以上でお魚関係は終わり。
にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


 さて、野次馬根性の発達したワタクシ、お魚を仕入れた後に平和公園を偵察に行きました。

 噴水の向こうにG7七か国の国旗が上がっています。
IMG_3038 噴水(640x450)

 平和大通り沿いに会議のバナーが。この会議が終わると、5月のフラワーフェスティバルのバナーにかけ替えられるでしょう。
IMG_3040 外相会議のバナー(634x640)

 いつにもまして海外からのお客さんが目につきます。観光客でしょうか? それとも報道関係者? SP?(には見えないけど)
IMG_3034 海外から(640x481)

 会議場になる建物。
IMG_3024 G7外相会議(640x468)

 機動隊のようです。
IMG_3007 警戒1(640x555)

 原爆ドームの西側を流れる太田川にかかる橋があり、その中央に機動隊のバスが止まっています。大変存在感があり、私がテロリストならビビりますね。
IMG_3011 機動隊バス(640x416)

 その下を、宮島から来た船が通ります。
IMG_3016 宮島往復船(640x447)

 川岸でなにかコンサートの準備中で、その装飾とみられる花の枝を抱えた方が来ました。
IMG_3018 花の枝(640x515)

 さっそく格好の撮影対象となりました。
IMG_3020 写す人(640x550)

 制服のお巡りさんも多いんですが、
IMG_3021 警戒2(640x416)

明らかに私服の警戒陣も。
IMG_3028 警戒3(640x498)

 「ローマの休日」っていう映画を御存知でしょうか。あの中に、王女様の故国から大勢の秘密警察が空港に到着するシーンがあり、「秘密警察丸出しじゃぁないか。」っていうセリフがありました。大変失礼ながら、あれを思い出してしまいました。でも場合によっては命がけのお仕事、ご苦労様です。



 何事も無く終わることを祈っています。
IMG_3047 七か国の国旗(606x640)

 桜は終わりましたが、
IMG_3049 散った桜(640x427)

 新緑が美しい季節になりました。
IMG_3058 ケヤキ新緑(640x395)

 ケヤキですね。
IMG_3061 ケヤキの若葉(640x567)

 あとひと月もしないうちに、今年もフラワーフェスティバルがここで開幕します。
IMG_3068 平和大通り新緑(640x412)
また様子をご報告しましょう。


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


2016/1/17 アカガイ、サヨリ、イワシ

 新年になったと思ったのもつかの間、あっという間に半月過ぎました。

 水爆(か?)、底なしの原油価格、繰り返されたツアーバスの事故、と多難な前途を思わせる半月でした。波乱の年となるのでしょうか、SMAPが解散(か?)なんて話もあるし。

 行く末を憂いつつ出かけた昨日16日のお魚ツアー、ちょっと病院に行く必要があったので、ツアー開始は10時ごろ。宝町フジから。でかいタラがありましたが、3千円近い値札で検討対象外。
 川口町リアル。こっちに射程距離内のタラがあるかと一抹の期待を抱いていたのですが、無し。ヨコワ(マグロの幼魚)が2千円ほどでちょっと魅かれましたがパス。大きなイワシが一尾95円、コレコレ。2尾購入。アカガイ、瀬戸内海産とあります。あまり大きくありませんが、7個パックで399円(+税)、買いました。これまたあまり大きくないのですが、サヨリ、6尾を240円(+税)でゲット、帰路に。

 こんな連中です。
IMG_1526 サヨリ、アカガイ、イワシ(640x458)
イワシにまだ鱗がついています(半分だけ)。


 アカガイは7個で514g。
IMG_1528 アカガイ(640x467)

 開いて刺身に。
IMG_1534 アカガイ(640x434)

 ヒモは湯がいて箸休めに。
IMG_1538 アカガイのヒモ(500x499)

 サヨリ、老眼が進んで、さばくのが怪しくなってきました。
IMG_1531 サヨリ(640x522)
まぁ今回は何とか。


 2尾を刺身に。
IMG_1542 サヨリ刺身(621x640)
 
 野菜室に柚子が転がっていたのであしらってみました。
IMG_1541 サヨリ刺身(640x508)

 残り4尾は開いて干しました。ちょっと天気が下り坂で、すっきり干しあがりません。
IMG_1547 サヨリ開き干し(640x495)


 イワシは鮮度は申し分なかったんですが、少し大きすぎたんでしょうか、手開きにしたらあっちこっち引っかかったりして歩留まり悪し。
IMG_1535 イワシ刺身(500x458)
 引っかかった部分を集めてネギと味噌でたたき、サンガ焼き風に。
IMG_1543 イワシサンガ焼き(431x500)


 酒は山口県の永井酒造、山猿。初めての銘柄です。四合瓶で1318円の特別純米酒。
IMG_1534 山猿(640x631)
申年にあやかろうということでしょうかね。


 先日、空に飛行船が浮かんでいました。
IMG_1520 (640x467)

 生命保険会社(?)の宣伝のようです。
IMG_1513 (640x427)

 北杜夫の短編に「黄色い船」というのがありますが、この「船」というのは飛行船です。飛行船は何かゆったりとした印象を与えるもので、私はつい見とれてしまいます。

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード