2010/10/31 雪と台風

 四国沖を台風14号が通過、昨夜関東に接近。またまた海は時化、漁は無し。先週は北海道・東北で雪。雪の後に台風が来るのは違法じゃないのかなぁ? 追い越し禁止。

 ということで、今週もさみしい大手町おかず工房の鮮魚売り場でお魚ツアースタート。川口町リアルもあんまりぱっとせず。サンマが一尾75円と安かったので4尾購入。それから舟入本町の舟入市場へ。珍しく中型のイシガキダイが2尾並んでいました。1600円というお値段は私の想定予算を超えており、しばし迷いましたが、ここしばらくマイ出刃包丁も出番がなくさみしい思いをさせているし・・・、ということで、思い切って買いました。
101030 イシガキダイ W
30cm、815g。

 こんな歯です。
101030 イシガキダイの歯 W

 腹腔は脂がみっしり。磯魚なので身がかたく締まっています。
101030 イシガキダイ サク W

 きれいな刺身になりました。
101030 イシガキダイ 刺身2 W
もう一晩置いたほうが旨味が出るかもしれません。

 で、こうなるわけです。
101030 肴 W
酒は山口県萩の東洋美人、純米。日本酒度+15という辛口です。澄川酒造というきれいな名前の蔵元です。名前といえばこの東洋美人というのも酒の銘柄としては群を抜いて美しいものの一つではないでしょうか、鬼殺しなんていうのとは違って。

 ところでその一升瓶の手前の皿はなんでしょう。これぞわが自慢の作品、キスの骨の干物です。
101030 キスの骨干物 W
先々週の獲物、一尾50円のキスを刺身や昆布締めで堪能した後に残る中骨と腹骨、これを一晩干したものです。作るのは簡単ですが、火にあぶる加減が微妙です。ご飯のおかずにはなりませんが、酒のアテとしては最高です。

 さてサンマですが、いつぞや雑誌でどこか名家の奥様が家に伝わる料理ということで、サンマの炊き込みご飯というのをご披露なさっていたのを思い出しました。サンマの炊き込みご飯?、なんか生臭そう・・・という印象でこれまで試みたことはありませんでしたが、ネットであたってみると、たくさんヒットします。割と一般的なものなんですかね。先にサンマを焼いてからその身をほぐし、沸騰した炊飯器に入れる、というやり方と、腹を出した生のサンマを最初から入れてご飯を炊く、という二通りあるようです。後者を選びました。

 で、炊き上がったのがこれです。
101030 サンマご飯 W
 骨をはずし、適当に混ぜるとこうなります。
101030 サンマご飯2 W
 とっても美味しいものですねえ、簡単だし。

 いよいよ秋も深く、酒も魚も新米も旨くなってくる季節、時化て不漁もいい加減にしてもらいたい。


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード