2014/6/22 カタクチイワシ、カサゴ、シロバイ、桑の実

 いつもコメントをいただくヒトリシズカさんが、ブログで、「ペテロの葬列」(宮部みゆき)というミステリー小説をご紹介なさっていました。日頃ミステリー小説はほとんど手を出さない私ですが、買って読んでみました。(集英社、2013/12/25刊、685ページ、1800円+税)
 ヒトリシズカさんもおっしゃっていますが「反ハッピーエンド」で、「ファンが納得しない結末」には私もちょっと驚きました。宮部みゆきという人の作品は、もう15年ほど前に「火車」、「龍は眠る」を読んだ記憶があります。「火車」はサラ金地獄を背景にしたプロットでそれなりに面白いと思った記憶がありますが、今回の「ペテロの葬列」はネズミ講的詐欺が絡んでいます。700ページ近い量を一気に読ませるだけの面白さはありましたが、どうも頭の中でこねまわして作った小説だな、という感じが付きまとい、完全に没入できませんでした。これには読む方の私の感受性が若さを失いかけていて、作者の提示するストーリーに柔軟に寄り添うことができなくなっている、という面もあると思いました。


 さて昨日、6月21日の広島は朝から曇りで昼から雨との予報、降られないうちに、と急いで回ってきたお魚ツアー、一軒目は大手町おかず工房。立派なアイナメがありましたが、お値段も立派(2100円)だったので残念ながらパス。カサゴ、広島でいうホゴメバルを一尾買いました。25㎝、282g、378円。

 宝町フジ、千田町Arukをながめて、川口町リアルへ。4千円近い大きなイシダイが数匹ならんでいました。スジガツオ1980円というのはありましたが、本当のカツオがありません。いろいろ迷った挙句、またシロバイを買いました。3個で420g、402円。

 舟入市場へ。ここでも大きなイシダイが。先週はおかず工房にもありました。こんなに大きなのをあちこちの店で見るというのは今までにないことです。先週の上八丁堀朝市でみたキアラ(アオハタ)や、アコウ(キジハタ)がありました。ここにはカツオがありましたが、とても小さく、買う気がしません。桑の実、一パック(70gぐらいか)108円を買いました。

 午後雨との予報だったので、胡町大和屋へ寄って酒を調達し、帰宅。



 こんな連中です。
IMG_1692 (640x397)

 カサゴは普通に刺身に。
IMG_1707 (640x534)

 付属品。
IMG_1710 (640x528)


 シロバイは一個を素茹で。
IMG_1711 (640x497)

 二個は先々週はるさんさんに褒められたので気を良くし、またまた肝味噌を塗って串焼きに。
IMG_1711 (640x521)



 午後カサゴの下ごしらえを終えて、空模様を気にしつつ近所のスーパーへ。広島県近海で漁が解禁になったばかりのカタクチイワシ、150g198円を買ってきました。広島ではコイワシと呼ばれ、刺身やから揚げなど、とても人気のある魚です。

IMG_1699 (450x363)

 手で裂いて刺身に。
IMG_1704 (640x485)
普通、魚はお腹を出したあとは丁寧に洗いますが、その後は水洗いは厳禁です。がコイワシは「七度洗えば鯛の味」といわれるように徹底して洗って刺身とします。


 野菜の串焼き。シイタケとピーマンです。
IMG_1712 (640x466)
赤いピーマンを焼いたのは初めてですが、少し酸味も出て焼きトマトに近い風味です。



 こうなりました。
IMG_1715 (640x434)

 酒は富山県富山市、富美菊酒造の羽根屋、特別純米酒、一升2894円。



 桑の実はヨーグルトにのっけて食べました。かすかに甘い程度。
IMG_1717 (640x427)
今年は広大跡地が工事中で、桑の実を採取できません。


 以下、私の備忘。

 でかい魚はさばくのは楽しいんですが、さすがに一回で全部食べきることはできません。数日にわたって、身の熟成を楽しむのも良いですが、昆布締めにすることもあります。そのお姿を3枚。

 某日、カサゴ(ウッカリカサゴ)の昆布締め。
IMG_1589 (640x545)

 こちらは先週のタカノハダイ。
IMG_1687 (640x451)

 同じく先週のマトウダイ。
IMG_1684 (640x483)
マトウダイの昆布締めは、富山などでは「クルマダイの昆布締め」として一般的なもののようです。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2013/7/5 カタクチイワシ

 先週、27日の献血の生化学検査結果が来ました。こんな値です。
130627 献血結果
 ノンべの皆様はいち早く「γ-GTP」の欄に目が行ったことと思いますが、ご覧のとおり楽勝です。まだまだ酒飲んで良い、ちゃんと処理してやるぜぇ! という頼もしい肝臓の雄叫びが聞こえるではありませんか!

 ということで、今日も飲みました。金曜の晩ですからね。


 といっても金曜お魚ツアーをしたわけではありません。会社からの帰り道、スーパーで買ってきたのは今が旬のカタクチイワシ、広島では通常「コイワシ」と呼ばれます。
IMG_6702 コイワシ W


 ざっと洗って手開きにします。本当に新鮮なコイワシには鱗がビッシリついていてなかなか処理が大変らしいんですが、この辺で売っているのはそこまでのことはありません。でも丁寧に洗うほうがよろしいようです。
 こんな刺身になりました。ショウガに生醤油でいただきます。
IMG_6720 コイワシ刺身 W
 


 さてコイワシに付属品はあるんでしょうか? 実は私も今まで考えたことがありませんでした。でも今の時期のコイワシ、それぞれ小さいながらも卵巣と白子を持っています。それを回収したのがこれ。
IMG_6719 コイワシ付属品 w
 
 なんか塩辛にでもしたいような姿ですが、今日は時間もないしもう飲みたくて仕方がなかったので素直にゆでてポン酢で。ゆでるとこんな色に。
IMG_6723 コイワシ付属品 w


 ところで中骨は? 

 ご心配なく、いつもの通りこれまた干して隠匿物資に。
IMG_6718 コイワシ中骨 W
 なんか、かき揚げにでもなりそうですね。


 広島はコイワシをとても愛する町ですが、付属品ポン酢風味だの、中骨の隠匿かき揚げだの、皆さんやってるのかなぁ・・? ま、ヒマなオッサンでなければやらないよね。


 で、こうなりました。右側の笹かまぼこは仙台の姉からの贈り物です。ありがたや、ありがたや。
IMG_6724 晩酌の膳 W

 酒は先週出かけた某市のデパ地下から仕入れてきた愛媛県伊予郡松前町、武智酒店醸造の武士心(ぶしごころ)・純吟、一升2299円です。我がアナゴ家は父方、母方、いずれをたどってもお侍の家柄ではない(らしい)ので、遠慮しつついただきました。


 さて明日の土曜日、またまたお仕事で、日帰りですが出かけなければならず、お魚ツアーは無し。でも明日は午前中時間がありそうなので、仕事そっちのけで魚屋をのぞいて見ようと思っています。でも仮にステキな獲物をゲットしたとしても、帰宅するのは9時過ぎになるだろうし・・・



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村





2010/9/5 ミンク

 秋空です。
100904 秋の空2 Web大

市役所の田んぼも実りつつあります。
100904 市役所田んぼ1 Web 大
頭をたれる稲穂かな。
100904市役所田んぼ4 ココノエモチ Web 大

と、いっしょうけんめい秋をアピールしているのに、お天道様はまったくその気がないようで、今日の予報も35℃を超す予想。いったいどうなってるんだ、なんか俺に恨みでもあんのかっ!!!

 さて昨日のお魚ツアー。昨日は諸般の理由で出かける前からコイワシとクジラをはじめから狙って出撃。
(参照:カタクチイワシについて  http://harubiyori24.blog48.fc2.com/blog-entry-104.html )
(参照:クジラについて  http://bimikyusin.blog109.fc2.com/blog-entry-175.html) 

 コイワシです。標準和名カタクチイワシ。
100904 コイワシ1 Web大
300gで199円、33尾ありました。
いつもは「その他大勢」の集合写真しかとってもらえないコイワシ君ですが、本日は主役ということで。
100904 コイワシ2 Web大
こんな顔です。
100904 コイワシ 下あご WEb大

上あごに比べて下あごが短く片寄っているので、「片口いわし」。

広島ではこれを単純に裂いて、そのまま刺身にするのが一般的です。
100904 コイワシ刺身 Web大

 このあと悲劇が。
コイワシは刺身のほかにから揚げや天ぷらもポピュラーな食べ方です。で、私もから揚げに挑戦しました。ところが揚げ物を普段やったことがなく、いつものようにいい加減、かつテキトーに、こんなもんで良かんべぇ・・・という方針ではじめたところ、突然油が派手にとびはねてそこらへんが油だらけに。奥様激怒。あとから気がついたら、眼鏡にも油滴の痕が。万一直接目に入っていたら笑い事ではなかったと反省

 一方クジラは単にスライスして皿に並べるだけ。100g278円の刺身用ミンククジラです。そうです、ミンクです!
冬のボーナスが出たらミンクを買ってあげよう。」そのミンクとは違うんですけどね。

 で、こうなりました。
100904 ミンククジラ刺身 Web大

 昨日の晩酌の膳です。右下が悲劇のコイワシから揚げ。
100904 肴  Web大

左は本日の脇役、イシガキダイ(29cm、510g、780円)と、メイタガレイ(28cm、350g、600円)。いつもなら堂々の主役をはれるお二人ですが、本日はおとなしく脇役に。


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード