2017/6/5 ヒゲソリダイ

 6/3の土曜日、いつものごとく魚屋めぐりに出撃。一軒目の段原マックスバリュ、先回のタヌキメバルとかしばしば面白い魚があるこの店ですが、この日いたのはヒゲソリダイ。広島ではなかなかお目にかかりません。「クロダイ」という名札で出ていましたが、お隣には本物のクロダイが「チヌ」という名前で出演、お店の人に「ヒゲソリダイ」っていうんだよ、と教えたかったんですが、生意気な客だと思われても困るので自重。2尾出ていたうちの大きい方を買いました。税込680円。 他にサザエが一個128円だったので2個、これもでかいのを選んで購入。
 千田町Arukの立派なカツオ1800円を横目でながめ、御幸橋ゆめタウンはパス、川口町リアルへ。そろそろ鱧が出ています。北海道産ツブが148円/100g、島根のシロバイが118円/100g、どちらか買いたかったんですが、すでにサザエを買っていたので見送り。
 舟入市場へ。大きい(そして高価な)サワラがありましたが、私はカナガシラ一尾130円に着目、2尾購入。ついでにハチク4本300円を買って帰宅。

 帰宅途中に平和公園を通過。この日は何か写生会でもあったのでしょうか、スケッチや水彩画を描いていらっしゃる方々がたくさんおられました。
101 写生する人々 IMG_9385 (600x463)

 私も絵でも描いてみようかしら・・・
102 原爆ドームを写生 IMG_9386 (600x488)

 この日も平和公園にはたくさんの外国人、また小中学生と思われる多くの団体が来ていました。この日気がついて驚いたことが一つ。小学生らしい数人のグループが、外国人に群がって(?)インタビューのようなことをしているのです。それも一グループではなくいくつも。修学旅行における課題の一つかと想像するのですが、何かメモを取りながらやり取りしているのです、英語で! ちゃんとコミニュケーションできているんでしょうか? どうもできているようです。英語の早期教育なんてどのくらい効果があるのか、極めて懐疑的な私でしたが、ウーム、バカにしたもんでもなさそう・・・。
 インタビューされる外国の方々も、相手が他意のない(あるか?)子供だということもあってか、ニコニコしながら応対していました。どんな印象をもって帰国なさるのか、そのことをインタビューして見たいと思った私です。


 ヒゲソリダイです。広島の人の言う「ブラ」という状態で、まだ死後硬直していません。
201 ヒゲソリダイ IMG_9389 (600x406)
タイとはいうもののイサキの仲間だとか。32㎝、658g。

 なぜヒゲソリダイかといえば、あごがひげをそったような状態になっているためです。
202 ヒゲソリダイの顎 IMG_9390 (600x436)

 こんな感じ。
203 ヒゲソリダイの顎 接近 IMG_9392 (600x510)

 調子に乗ってもう一段のアップを。
204 ひげそりあと IMG_9392 (550x461)

 背ビレ。
205 ヒゲソリダイの背ビレ IMG_9393 (600x401)


 三枚におろしました。皮が丈夫で引きやすい。
206 ヒゲソリダイ三枚おろし IMG_9395 (600x486)

 刺身にしました。
208 ヒゲソリダイ刺身 IMG_9408 (600x473)
しっかりした身質で、腹側の身(砂ずり)は少し硬い。

 付属品も充実。上下は皮、左から肝、浮き袋、胃袋、腸、です。付属品として腸まで回収するのはまれです。
207 ヒゲソリダイ付属品 IMG_9396 (600x454)
ところがこの日は処理をするのを忘れ、翌日回し。

 この日のサザエはトゲのない穏やかな暮らしをしていた人たち。とても穏やかな暮らしぶりだったと見えて、殻に海藻や小さな貝が同居していたりして、ビオトープのようになっていました。
301 サザエの殻 IMG_9400 (500x440)

 刺身に。ビオトープ盛り。
302 サザエ刺身 IMG_9407 (600x486)

 カナガシラは3枚におろしてみましたが、少し水っぽいように感じて昆布締めにしました。冷蔵庫でお休み。代わりに付属品が出演。
501 カナガシラ付属品 IMG_9409 (500x404)

 ハチクです。上に乗っかっているのは山椒味噌。
401 ハチク山椒味噌 IMG_9398 (600x531)

 穂先だけ。
402 ハチク穂先 IMG_9397 (500x402)

 冷蔵庫野菜室にあったソラマメを焼きました。
402 焼きソラマメIMG_9406 (600x487)
焼きすぎて莢から一粒飛び出しました。

 こうなりました。
601 晩酌の膳 IMG_9410 (600x435)
酒は広島県東広島市の白牡丹、純米酒。近所のスーパーで一升1823円(税込)。70%精米で安いんですがとても良い酒です。棟方志功をデザインしたラベルも上品で良いし。

 
 毎年のことですが、タチアオイの咲く季節になりました。
701 タチアオイ IMG_9280 (600x484)

    くやしくぞ つみをかしける あふひ草
      袖のゆるせる かざしならぬに
      源氏物語 柏木

 源氏物語までは手が回らず、どういう意味か分かりませんが、「あふひ草」がタチアオアイのことだそうです。
ここに口語訳と解説がありました。)←6/9リンク張替え。akiciciさん、注意喚起ありがとうございました。

702 タチアオイ IMG_9283 (600x535)


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2010/11/13 昆布締めです。

 先週の昆布締めのご報告。
 こんな感じです。奥がコチ、手前がカナガシラです。
101107 カナガシラ、コチ 昆布締め  W

 ついでにヒゲソリダイも昆布締めにして、昨日、金曜日までおきました。昆布締めの盛合わせ(?)です。
101112 昆布締め盛合わせ W
手前の列、左がコチ、右がカナガシラ、奥二列がヒゲソリダイ。いずれも大変けっこうなんですが、みんな昆布の味になって、ちょっと単調な味わいです。それだけ昆布の旨味って強烈なんだ、ということでしょうね。未だ検討の余地あり。

 ついでにカマスの干物についてもご紹介。天気それほどよくなかったのですが、きれいに仕上がりました。
101107 カマス干物  W

 一枚を軽くあぶり、身をほぐして炊き込みご飯にしてみました。
101107 カマス炊き込みご飯  W
コゲ風味が香ばしくってなかなかいいもんですよ。


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村

2010/11/7 ヒゲソリダイ

 昨日のお魚ツアー、大手町おかず工房で1尾100円のカマスを3尾、川口町リアルはめぼしい獲物なく、今週もダメかと半分あきらめて舟入市場へ。と、珍しい顔が。
101106 ヒゲソリダイ  W
ヒゲソリダイです。そう、「髭剃り鯛」です。そのあごを見ればなるほどヒゲを剃ったようなあとが。
101106 ヒゲソリダイのあご2 W
35cm、905g、680円です。
昨年暮れにやはりここで買いました。http://hoyatabetai.blog34.fc2.com/blog-category-42.html
魚屋の品揃えというのはそれぞれ仕入れ担当者の特徴が出るらしく、この店では何回かこのオッサンにお目にかかったことがありますが、他では皆無。
こんな顔です。
101106 ヒゲソリダイの顔  W
ちょっと無気味・・・

 さらに店内を見回すと、小さめのカナガシラとコチが、いずれもなんと1尾30円という値で。お惣菜用というつもりなんでしょうね。3尾づつ買って計180円です。(ニンマリ・・・)
101106 カナガシラとコチ W
カナガシラは22cm、130g/尾、コチは29cm、130g/尾。いずれも何とかの一つ覚え、昆布締めにしました。今夜が楽しみ。後ろに写っているカブも舟入市場で。105円。浅漬けに。

 さて髭剃りのオッサンは硬いウロコに硬い骨、先週のイシガキダイと似ています。こうなりました。
101106 ヒゲソリダイさく W
そして刺身に。
101106 ヒゲソリダイ刺身 W
で、晩酌の膳はこうなりました。
101106 肴 W
酒は三重県伊賀市の三重錦純米、大和屋で2600円。米が珍しく八反錦です。(といっても私には判りませんが・・・)

 一升瓶の左は、30円のコチ一尾を刺身にしてみたもの。飲み屋で注文すればン百円は取られるなあ・・・とか考えながらいただくと一層美味。それからいつものごとく髭剃り君の皮湯引き。磯魚だからと湯引きの時間をわずかに長くしたら、煮魚の皮に近くなってしまいました。ほんの一瞬の勝負です。


 昨日は、カマス(開き干しに)、カナガシラ、コチ、髭剃り君と数が多かったうえに、カブの漬物まで作ったので、エネルギーが尽きて炊き込みご飯はなし。


 ツアー途上で見たザクロです。
101106 ザクロ2  W

101106 ザクロ1 W

 すっぱそうですね。
101031 ザクロ1  W




にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村

タイガーウッズの hiatus

 ゴルフ界随一の紳士として知られたタイガーウッズが、不倫スキャンダルで火ダルマです。無期限でプロゴルファーとしての活動を自粛するという声明を彼のHPに出したというので覗いてみました。12/11付けの文章で、「take hiatus from golf」という言い回しを使っていました。hiatus は空白とか中断とかいう意味のようです。それにしても次から次へと出てくる浮気相手の女性が10人以上とは・・・! 彼はしばらく女性関係からも take hiatus しなければならないでしょうね。

 さて、土曜日12日に買ったのはこれです。
091212 ヒゲソリダイ  26
この魚、なんだか分かりますか? 店頭では「クロダイ」と表示してありましたが、もちろん違います。「コロダイ」でしょうか? はじめはてっきり「タモリ」すなわち「セトダイ」の老成魚かと思いましたが、体側の模様がまったく異なります。デザインとしてはむしろ「コショウダイ」に近い。これがなんと「ヒゲソリダイ」、そう「髭剃り鯛」だそうです。その名前の由来は下あごにひげを剃ったような跡があることだそうです。この辺かな?
091212 ヒゲソリダイのひげ?  50
この近縁種で「ヒゲダイ」というのがいて、そちらはちゃんとひげ(の様なもの)がはえているのだそうです。名前が判明する前にさばいて頭は捨ててしまったので、髭剃り跡をしっかりと写真に撮っておかなかったのが悔やまれます。今度はいつお目にかかれることやら。

 さばいているときはかなり磯臭さのきつい魚でしたが、刺身にしました。
091212 ヒゲソリダイ刺身  15
大変けっこうです。33cm、810gで500円という値段はまったくお買い得。これだから土曜の朝の広島お魚ツアーはやめられません。
 この日は、これ以外にも1.2kgのチヌを800円、中型のアジ10尾を300円と、大漁。チヌも美味かったのですが、チヌの皮や粗でつくった煮凝りが最高です。

091213 煮凝り(チヌ)  16


 11日金曜日は会社の仲間と忘年会。三越裏の「あかから」という店。激辛がテーマの店で、わいわい騒ぎながら飲むのにはいい店でしょう。でも私は一度で十分です。9:30ごろ終わって出てみれば、流川一帯は酔客でごった返しており、ここだけ見ると深刻な経済の沈滞などどこの話かと思うほどです。

 気がついてみれば今年も後2週間を残すだけとなりました。今年は母がなくなったり、近年になく多事な年でした。このブログを書き始めたのも、私にとっては大きな出来事です。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード