2016/6/5 メジナ(グレ)、アジ、若イカ

IMG_4340 クジャクサボテン五輪(478x640)
 たくさん咲いたクジャクサボテンも終わり、ガクアジサイが咲き始めた我が家のベランダです。

IMG_4394 ガクアジサイ(640x471)

   紫陽花や
    はなだにかはる きのふけふ
   正岡子規

(この句の、「はなだにかはる」が解かりません。「花だに変わる」だと思うんですが、この「だに」がピンときません。辞書などによると、
  ①せめて…だけでも
  ②さえ でさえ
  ③までも
となっています。②でしょうか? アジサイは花の色が徐々に変わる、というのは知っていますが、「花(の色)さえ変わる」か? 腑に落ちません。)

(6月6日追記)
 「はなだ色」という色があるのを思い出しました。「縹色」と書きまして、Wikipeiaによれば、「本来、露草の花弁から搾り取った汁を染料として染めていた色をさすが、この青は非常に褪せ易く水に遭うと消えてしまうので、普通ははるかに堅牢な藍で染めた色を指し、古くは青色系統一般の総括的な呼称として用いられた」そうです。
 つまり、「アジサイの花の色が青く変わってきた」、ということでしょうか。

 さて昨日の土曜日は午後から雨の予報、降り出さぬうちにと出かけた鮮魚店巡回、宝町フジは9時の開店と同時に入店。なんかさみしい鮮魚売り場。
 千田町Aruk。大きなスズキ、1500円というのが魅力的でしたが、ちょっと持て余しそう。でもいつか買ってやろう。で、メジナ(グレ)を購入、税込580円。一山198円のアジも買って帰宅。昨日はちょっと用事があって、半分で切り上げました。

 いったん帰宅後、再度市内に出かけて用事を片づけ、ついでに酒商山田幟町支店で酒を調達。
IMG_4389 赤武 夏霞(602x640)
わが故郷、岩手県の酒です。盛岡市の赤武酒造、「なつかすみ(夏霞)」純米酒、一升2808円。ご覧のようにうっすら白濁している澱がらみです。けっこう味の濃い酒で、食中酒としては好みの分かれる酒のように感じます。

 用事から帰ってくる途上でポツポツ降り始めました。この週末は広島の夏のお祭り、「とうかさん(稲荷さん)」なのですが、ゆかたを着た娘さんたちは濡れちゃいそうです。



 昼食後、さばきにかかりました。こんな連中です。
IMG_4374 メジナ、アジ(640x533)
メジナは27㎝、495g。アジは7尾で503g、17~18㎝ぐらいですね。


 グレをさばきます。かなり脂がのっており、腹腔内部にびっしり脂肪がたまっていました。冬の魚でそういう場合がありますが、メジナって年中こうだったかな?
IMG_4375 メジナ三枚おろし(640x546)

 刺身に。
IMG_4377 メジナ刺身(640x524)

 透明感のある身です。
IMG_4378 刺身アップ(640x508)

 アジは二尾を刺身にして、酢タマネギと合わせました。
IMG_4380 アジ酢玉ねぎ(640x637)
残り5尾は開いて素干し。


 3時すぎ少し小雨になったので近所のスーパーへ。こんなものを買いました。
IMG_4384 若イカ(640x515)
イカの子供です。8杯で205g、198円。さっと湯がいてポン酢でいただくと美味いです。
IMG_4386 茹でイカ(640x624)

 さらに先週のアイナメ塩麹漬けの最後の一切れを焼いて。
IMG_4388 アイナメ塩麹漬け(640x576)
ンマイです。




 市内某所で見た、アメリカデイゴ(海紅豆)、南国を思わせる花で、沖縄の「県の木」です。また、たまたま先週、国旗をお見せしたウルグアイの国花だとか。
IMG_4349 海紅豆(530x640)
 マメ科の植物、ということがなるほどと思える形の花ですね。
IMG_4353 海紅豆の花(640x491)


 さて今日は朝方雨でしたが、もうやんだようなので、今からとうかさんに行って浴衣姿の写真でも取ってこようかと思います。


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2015/3/1 メジナ、ツブ、早春の岩手

 今朝は雨模様。
 だいぶ暖かくなってきましたが、まだストーブをたいているのでガラスが曇っています。
 IMG_6333 (640x608)

     性格が八百屋お七でシクラメン 京極杞陽
IMG_6325 (640x481)
 この京極さんは鎌倉時代にまでさかのぼる名家、京極氏の末裔だとか、「性格が八百屋お七」とはどういう意味でしょうか?



 さて、昨日2月28日の土曜日、一週休んだお魚ツアーに出かけました。大手町おかず工房、鮮魚売り場がいつもの土曜とは違って、パックの切り身などが並んでいるだけ。いつもの元気のいいお姉さんもいらっしゃいません。

 あれ? もしかして魚市場が休みかな・・、と危惧しつつ宝町フジへ。まあ、いろいろ並んでおりますが、やっぱり少しさびしい感じ。メジナを買いました。釣り人の言う「グレ」ですね。けっこうな大きさがあり、まだ死後硬直していません。売り場のオジサンが、
   「ほぅら、まだブラじゃけねぇ!」 と自慢。
 千田町Arukを通過して川口町リアルへ。ホタルイカが出ていました。大きなサワラ、値段は見ませんでしたが1万数千円〜2万円といったレベルではないでしょうか。貝類がたくさん、マテガイ、サルボウ、巨大なアカガイが900円ぐらい。ツブがありました、北海道産です。4個で税込599円、購入。
 舟入市場内うお市をざっと眺めて帰宅。


 メジナ君です。37㎝、1.2㎏で、1080円。
IMG_6302 (640x496)

 こんな顔です。歯が味噌っ歯ですねェ、歯医者に行かなくちゃ。
IMG_6304 (640x524)
(味噌っ歯って通じるんですかね?)

 「まだブラ」とオジサンが自慢した通り、活きている状態のグニャグニャ魚体、大きな鱗があちこちに飛び散ります。背側を刺身用のサクに、腹身は粕漬け用におろしました。
IMG_6307 (640x473)

 刺身に。
IMG_6315 (640x513)

 透明感のある肉質。
IMG_6317 (640x446)
左は「エンガワ」に相当する筋肉です。


 で、これが付属品一式。中央の白子がとても大きく、得した感じ。左が胃袋、右が肝臓と小さな心臓。こんな小さな心臓で間に合うんでしょうか? 下は皮。
IMG_6308 (640x527)

 白子を焼きました。
IMG_6311 (640x539)
白子は外側に薄い皮膜があって、焼けて中の蒸気圧が上がってくるとレンジの中で爆発することが多いんです。串で何か所も穴をあけてから焼きましたが、それでも何度か小爆発を起こしていました。

 右が肝と胃袋、左は皮。
IMG_6310 (640x514)


 さて北海道から来たツブ。
IMG_6314 (640x499)


 さばいて薄くそぎ切りにすると、まだ生きているのでクルリンとそり返ります。
IMG_6312 (640x570)
歯ごたえも最高!

 こんな格好になりました。
IMG_6320 (640x456)
 酒は広島県竹原市の中尾酒造の誠鏡、平成21年醸造の「ノスタルジック純米」です。竹原といえばこの冬「まっさん」で盛り上がった竹鶴のおひざ元。
 この酒は醸造後6年目の熟成酒で、かなり濃い金色を呈しています。でも70%という低精白のためか、一升1900円、税込みでも2052円といううれしいお値段です。


 以上でお魚関係は終わり。
にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村

 さて先週は、母の七回忌のため、岩手に帰省しました。実は昨年が父の十七回忌だった(らしい)んですが、長男たるこの私が忘れていて執り行わず、今回ついでに夫婦併せて法要を営むことに。
 金曜日20日の夜の飛行機で仙台へ、21時過ぎ着なのでその晩は仙台泊。翌日水沢へ。この日は大変いい天気で、仙台から水沢江刺までの新幹線から奥羽の山なみがとてもよく見えました。

 仙台を出てすぐ見えてくるのは(たぶん)船形山。標高1500m。
IMG_6174 (640x457)


 さらに北上すると、岩手と宮城の県境にある栗駒山、1626m。岩手県側では「須川岳」とも呼ばれています。
IMG_6198 (640x426)

 一関の市街地の向こうに見える須川岳です。
IMG_6219 (640x423)


 一関を過ぎると、平泉、前沢、間もなく水沢の西に連なる焼石連峰が見えてきます。まだ束稲山(たばしねさん)トンネルに入る前の南側から見ているので、少し角度が違い、水沢から見る焼石とは形が違います。
IMG_6281 (640x427)


 水沢から見た焼石連峰。右側に目立つ峰が見えますが、あれは岩手駒ヶ岳、1130m。焼石岳、1547mはもっと左で、距離があるためあまり目立つ峰ではありません。中高生のころ2度ほど登ったことがあります。
IMG_6286 (640x457)


 翌22日の日曜日、私の兄弟夫婦6人だけの法要を行いました。姉と私が六十代、弟が五十代、という年齢構成ですので、この次こうした集まりがあるときは自分の葬式かも、とか笑いあいながら別れました。

 月曜日23日の仙台発の飛行機で広島に戻りました。仙台駅で東北各地の酒と旨い物のフェアをやっていました。
IMG_6292 (640x450)


 弘前の熊谷食品さんで、飯寿司を買いました。飯寿司は広島ではなかなか買えません。
IMG_6294 (640x516)


 山形県寒河江の霞城寿・純米酒もゲットして空港へ。
IMG_6300 (541x640)


 近年は岩手に帰省するのは夏だけになっており、この季節の故郷は久しぶり。いつの季節も故郷は良いものです。

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


2012/8/17 メジナ 似島に行ってみました。

 今朝の朝市に、こんなものが出ていました。生け花用でしょうか。
IMG_7416 栗のイガ W

    青栗の枝も見えけり朝の市     真野九桑

 口癖のように暑い暑いとため息をついておりますが、季節は静かに秋に向かっているようです。


 さてお盆明けの昨日、17日のお魚ツアーです。張り切って大手町おかず工房からスタート。が、いつもと違って切り身のパックなどが並ぶだけ、まだ漁師の皆さんも本格始動していないんでしょうね。どこに行っても同じかなあと思いつつも、宝町のフジ、千田町のAruk、と回ってみました。フジには結構いろいろ並んでおりましたがいずれも値段が高め。今年初物のサンマなんてのもありました。何も買わずに出ました。
 ふと思いついて、白島のVESTAに行ってみることにしました。あそこはフジの系列店なんですが、仕入れ担当者の気合が入っているのか、なかなか面白い魚や貝を置いていることがあるんです。それに今年はカープががんばっており、今セリーグ3位なので鮮魚売り場のとっつぁんのご機嫌も良かろうかと。

 グレ(メジナ)を買いました。大きいのが780円、小さいのが250円、少し迷って小さいほうを一尾、23㎝、290g。夏のメジナは臭い場合があると聞いているので、少し用心したわけです。
IMG_7404 メジナ W

 手のひらぐらいのサイズでさばくのも楽です。グレの語源は「クロウオ」だという説もあるようで、腹腔の内面も黒いし、皮を引いても少し黒いのが残ります。
IMG_7405 メジナ サク W


 こんな刺身になります。
IMG_7406 メジナ刺身 W


 皮はいつものように湯がいて、万能ねぎと和えました。
IMG_7408 メジナ 皮湯引き W


 これだけではさびしいので隠匿物資の登場、先週のカナガシラの中骨乾燥品です。60秒チンで、カリカリになります。

IMG_7409 カナガシラの骨 W (2)


 それから最近ちょっと癖になってしまった焼き鳥も。
IMG_7411 焼き鳥 W



 こんな形になりました。刺身居酒屋で飲んで、帰り道ちょっと焼き鳥屋に寄った、ということでしょうか。
IMG_7414 晩酌の膳 W
 このメジナは別に臭くはありませんでした。780円の大きい方でも良かったかもしれませんね。

 酒は宮城県塩釜市の平孝酒造、日高見の夏吟、大和屋で一升3058円。珍しく純米ではなく醸造用アルコールの入った吟醸です。(買ってから気が付きました。)



 以上でお魚関係は終わり。

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村



 一昨日16日の金曜日、広島湾に浮かぶ似島(にのしま)に行ってみました。ここは広島市民にとっては身近なリクレーションの場であり、かつ原爆関連の平和教育の場でもあります。私は広島在住20年近いのですが一度も行ったことがありません。

 宇品の港です。
IMG_7256 宇品港 W
戦前は陸軍の海外派兵の最重要港でした。今は松山へのフェリーはじめ、近隣島嶼部と広島を結ぶ舟が行きかう港です。
 これは江田島の切串からの船。
IMG_7276 切串から W

 宇品港からすぐ目の前に見えるこの島が似島です。
IMG_7260 似島 W
山の形が富士山に似ているので「似島」なんだそうです。別名、安芸小富士。

 車も乗っています。私も自転車をのせました。運賃380円、自転車は150円。
IMG_7270 フェリー W



 わずか20分で似島港に着きました。

 最初に感じたのは圧倒的な静寂。本当に静かです。日頃我々がどんな騒音のもとで暮らしているのか、そして鈍感になっているのか、思い知らされました。この島には交通信号がありません。

 自転車で島の外周を一周しようというわけです。島の西側に位置する似島港から南へ、すなわち反時計回りに一周する方向へ向かいました。波の音、風の音、鳥の声。
IMG_7324 海沿いの道 W
ほとんど平坦で、一部多少の上り下りがありますが、私のママチャリでまったく問題有りません。


澄んだ海。
IMG_7328 澄んだ海 W



所々小さな漁港があります。
IMG_7334 漁港 W


島の東側に出たあたりに、原爆死没者の慰霊碑があります。
IMG_7330  原爆死没者慰霊碑 W
似島には陸軍の検疫所があり、原爆投下後に臨時の野戦病院とされ、広島市内から約一万人の被爆者が運ばれました。多くはそのまま亡くなり、この付近に埋葬され、ある年月がたってからお骨は平和公園の方に移されました。その霊を慰めるための碑です。


 ところで、慰霊碑の脇にこういう飾りのようなものが立てかけてあるんですが、広島ご出身以外の方、これが何かおわかりですか?
IMG_7331  盆灯篭 W
 これは広島市付近だけで行われる風習で「盆灯籠」というものです。お盆にお墓にささげられるものですが、ずいぶんと賑やかで派手なものです。


 そこから少し北に行くと、似島臨海少年自然の家というスポーツや野外活動のための施設が広がっていました。そこにこんなパネルが。
IMG_7335 バウムクーヘン発祥の地 W
第一次大戦で捕虜となったドイツ兵がここに収容されたのですが、そこでカール・ユーハイムというドイツ人がバウム・クーヘンを作ってみせたんだそうです。つまりここが日本におけるバウムクーヘンの発祥の地というわけなんですね。


 更に北に回ると似島学園という養護施設・学校があります。ここに思いがけないものを見つけました。

 後藤新平の銅像です。
IMG_7345 後藤新平像 W
 と言っても多くの方は後藤新平といってもピンとこないのではないでしょうか。後藤新平という人はこういう人です。私は岩手県の水沢という所の出身ですが、後藤新平が生まれ育ったのが水沢なんです。水沢には後藤新平記念館というのがあって、今でも彼を敬愛しているわけですね。
 後藤新平は陸軍検疫所をここに設置することに尽力したとか、その縁で銅像がこの島にあるようです。まさかこの瀬戸内海の小島で新平さんと出会うとは思っても見ませんでした。


 さらに似島一周の道を進みます。北半分は自動車も通らないような小道ですが、一応舗装もされており、自転車で通るのに不便はありません。
IMG_7364 海沿いの道 W



 北側に来ると広島市方向が見えます。宇品の森が見え、プリンスホテルが顔をのぞかせています。その左側の小山は黄金山、ヨットの向こうが海田湾です。
IMG_7374 宇品島 W


一周してまだ時間があったので、似島港から島を横断する山道を登ってみました。峠からのながめです。
IMG_7393 峠から W


 港に戻ってきました。あちこち立ち寄りながらのサイクリング、約2時間半のコースですね。汗びっしょりです。
IMG_7384 似島港

 ところがフェリーの待合所は冷房が効いているため、付近のオババたちの集会所になっています。年季の入ったオババたち、こわくて入れません。
 仕方なく防波堤から海面を眺めておりますと、何やら小さな魚の群れが。7~8㎝でしょうか。
IMG_7388  クラゲとサヨリ W
 確かではありませんが、サヨリの稚魚のように見えました。


 以上、夏休み小旅行の記録です。


(8/17 21時 追記)
瀬戸内海を眺めつつ自転車に乗ることの爽快さ!
前々から夢想していた、「しまなみ海道自転車走破」
を実際にやってみようと思います。
手始めにこんな本を買ってきました。
しまなみサイクリングガイド W
ご期待ください!

2012/9/23 メジナ、サンマ、コイワシ

IMG_2308 稲穂 W
 稔って頭を垂れる稲穂です。

 市役所前の田んぼ、今年ももうすぐ稲刈りでしょう。近所の幼稚園児が楽しみにしています。
IMG_2316 市役所の田んぼ W

 けっこう広い田んぼに見えるでしょう?

 でも本当はこれだけ。
IMG_2312 市役所の田んぼ W




 さて昨日、9月22日、秋分の日のお魚ツアー、張り切って出かけました。いつものように大手町おかず工房から。 ・・・ところが、アレレ?、誰もいない、魚も無い。 で、やっと気が付きました。

  今日は祝日で魚市場が休み!    ガックリ・・・


 とぼとぼと、宝町のフジへ。あそこは規模が大きいから何もないということはあるまいと一縷の希望をかけながら。
 メジナ(一般にはグレと呼ぶようです)がありました。あまり大きくなくて480円は高いのか安いのか。他に板前遊びに付き合ってくれそうな手ごろな魚が見当たらなかったので一尾買いました。それからふと、いかに「なんでも刺身教」とはいえ、この季節サンマの塩焼を食わないというのは魚好きを公言する者としていかがなものか、と考え、サンマを三尾買いました。一尾128円、中型です。

 それで終わりにしようかとも思いましたが、時間もあるし、涼しくて自転車も快適なので川口町リアルまで行ってみました。まあ予想通りといったところで大して面白くありません。でも日頃なかなか手を出さないコイワシを買いました。三重県産だそうです。1パック199円、20尾ほどもあるでしょうか。

 こんな連中です。
IMG_2319 メジナ、サンマ、コイワシ W


 メジナが「グレ」と呼ばれるのは、「クロウオ」がなまったものだそうですが、確かに黒くて、皮を引いても背の方がうっすらと黒ずんでいます。腹腔の内面も黒く、こちらは手に付きます。
IMG_2323 メジナ サク W


 こんな刺身になりました。
IMG_2342 メジナ刺身 皮湯引き W

 実はこれまで、俺の刺身の写真もまあまあだな、と慢心していたのですが、最近ある方のブログを拝見してその写真の素晴らしさに衝撃を受けました。今から心を入れ替えて精進する所存です。

 サンマは何と言っても塩焼が一番です。
IMG_2340 サンマ塩焼き W
でも焼くと、せっかくのエイコサペンタエン酸とか、ドコサヘキサエン酸とか、体に良い成分を含んだ脂が何割か落ちてしまうんだそうですね。ほんとは煮魚が良いとか。


 こうなりました。
IMG_2338 晩酌の膳 W

 酒は広島県西条の賀茂泉、純米吟醸です。一升で2694円。

 じつは、午前のお魚ツアーでゲットした魚の下処理をすませ、午後から酒を買いに胡町の大和屋に向かったのです。で、店の前まで来てやっと気が付きました。
ガーン 今日は祝日で、大和屋も酒商山田も休み! 
 朝、おかず工房で祝日に気が付いたときに、当然このことも気が付くべきだったんですが。ガックリ・・・

 この酒は近所のスーパーで買いました。ま、酒祭りも再来週だし、たまには西条の酒に敬意を払うのも悪くないか・・・、ってことで。
 瓶のラベルには、良寛さんの歌がデザインされています。

   さすたけの君がすすむるうま酒に
          我よひにけりそのうま酒に
   





 昨日のお魚ツアーで目撃した光景です。
 平野橋の上から下流側を見た風景ですが、矢印のところ、川面が波立っているのがお判りでしょうか。
川面の波立ち

 こんな小魚が群れているのです。オタマジャクシではありません。
IMG_2277 京橋川の小魚 W

 確かに魚です。このうちの何匹が成魚になれるんでしょうか。
IMG_2281 京橋川の小魚 W




にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村





《付録》

 先々週のアカハタの粗を煮て食べました。その煮汁が自然に煮凝りとなったものです。
IMG_2257 ホウボウ煮凝り W

 先週某日、近所の酒のディスカウントショップで買った、宮城県気仙沼の「両国」本醸造四合瓶です。そういえば去年の7月末、復興支援のボランティア活動に職場の若い人たちと気仙沼に行きましたが、その時、津波の到達しなかった地域でこの両国の工場(配送センター?)を見ました。
 実は出荷から1年以上過ぎているために、435円という超ディスカウントになっていたものです。少し心配しつつ買ったのですが、決して悪くありませんでした。
IMG_2260 両国 W



タイトルを変えました。

 本日は「海の記念日」で休日。朝から雨で、雷がしきりに鳴っています。(いま9:30am)

 工業英検2級に挑戦するつもりで書き始めた本ブログですが、6月末に合格通知が来た時点で一応目的を達しました。次いで1級に挑戦することに決めたのは6/28に書いたとおりです。そこでこの際ブログタイトルを変更しました。題して

工業英検2級突破! 改め 
   工業英検1級挑戦!


どんなもんでしょう。

 「工業英検1級のすべて」(日本工業英検協会 2009/6/20刊 1600円)を読みました。
 まず感じたのは、1級の難度。合格率が5~10%ぐらいのようです。過去28年間の合格者総数が325人ということですから、なんと平均11.6人/年!2級の合格率が約50%程度のようですから、2級から1級への距離は大変なものだということです。準1級とかないのかしら。ビビリます。

 次に、1級を目指す人の多くがプロの翻訳者、またはそれを目指す人々だということ。その業界でのステイタスになるようです。1級をとると「自信がつく、力がつく、ハクがつく。」だそうです。なるほどね。プロとしての厳しさをバックボーンにして頑張るんでしょうね。私のようなそろそろ定年が視野に入りかけたおじんの中途半端な挑戦ではとても到達できないハードルだということがひしひしと感じられます。

 とはいえ、やはり試験ですから「傾向と対策」的なものはあり、過去問をじっくりやればそれなりの得点の向上は見込めるという励ましの言葉もありました。1級の不合格者には、どの程度の不合格だったのか、すなわち、箸にも棒にもかからないレベルなのか、頑張れば見込みありそうなレベルなのか、惜しい!もう少しで合格できるのに!、というレベルなのか、通知してくれるそうです。それを知るだけでも受験の価値はあるというものです。がんばろうと思います。

 さて、おととい買った魚、グレ。メジナですね。スーパーに6尾ほど並んでいた中の一番大きいのを選んできました。48㎝、約1㎏で780円。
090718 グレ2 10
 夏のグレは、場所によって磯臭くて嫌われる、というようなこともあるらしいですが、これはそんなことは無く、いい刺身になりました。
090718 グレ刺身 10
非常に生きがよく、魚屋の人が言う「ぶらぶら」、つまりまだ死後硬直が始まっていない状態でした。1日おいた昨日も刺身で食べましたが、はっきり歯ごたえが違い、これは好みによりますが、私は1日置いたほうが好きです。実はまだ3分の1ほど昆布締めにしてあり、今夜のお楽しみです。

 今週の酒は「七本槍」の低精白純米酒(精米80%)。秀吉の家臣「賤ヶ岳の七本槍」にちなんで名づけられた、滋賀県の冨田酒造の酒です。近年、あえて精米歩合を上げずに醸した低精白純米酒がぽつぽつ目に入るようになって来ました。数年前の酒造法改正の結果でしょうか。選択の幅が広がっていいことだと思っています。一升瓶が2625円と、特に安価なわけでなありません。けっこうな味わいです。

 「訪問者リスト」をはじめて開いてみました。3月いらい数十人の方が見てくださったようです。ありがとうございます。あまりコメントはいただいておりませんが、誰かが見てくださったというのはうれしいものですね。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード