2013/8/25 マナガツオ、サルエビ

 広島は久しぶりの雨です。お隣の島根では大豪雨で大変なことになっていますが。


 さて昨日の土曜日、朝から雨。なんだか疲労感があって、ボンヤリしておりましたが、9時半ごろ奥様から「車を出してあげようか?」との情け深いお言葉。感涙にむせびつつ雨のドライブ、大手町おかず工房に連れて行ってもらいました。着いたのは10時前で、すでにお客さんは誰もいません。小型ながら肉厚のメイタガレイ850円、サヨリ80円、などがおすすめのようでした。
 マナガツオ1500円というのがあり、奮発してこれを買いました。それからサルエビ、広島での通称はスクモエビといいますが、これがけっこうな大きさのものが1尾60円という値段。試しに3尾買いました。

 胡町大和屋によって酒を一本えらび、帰宅。午後もずっと降っていました。


 買ってきたのはこんな連中です。
IMG_7425 マナガツオ W

 マナガツオ:30㎝/875g、スクモエビ:18.5㎝/3尾で118g。

 マナガツオは骨もやわらかく、三枚に下ろすときに包丁が気が付かないうちに逆側に回ってしまいました。また、普通の魚のようなやり方では皮が引けません。で、サクに下ろすのも皮が付いたままです。
IMG_7434 マナガツオ サク W


 付属品、小さな肝と未成熟の卵巣だけです。
IMG_7435 マナガツオ 付属品 W
ヒレは乾燥すればエイヒレのような感じになるんじゃないかと思ったので、試してみます。

 マナガツオの胃袋は極めて特異な構造をしています、内側にびっしりトゲのようなものが生えています。。
IMG_7429 マナガツオの胃内面 W
とても食べられそうにありません。


 大変きれいな刺身になりました。刺身にするときはいつもと逆に、皮目をまな板側にし、上から包丁を入れて皮目の直前で横にこそげとるような感じで切りました。皮が引けないからです。
 いっそ皮ごと味わおうと、皮を炙ったのが下の列。本来焼き物で美味しい魚ですから、この方が美味しいかも。
IMG_7443 マナガツオ 刺身 W


 卵巣と肝はゆでて。下にある緑はシシトウを焼いたもの。このシシトウがロシアンルーレットのような奴で、何個かに一個、ものすごく辛いのがまじっているんです。先週広島朝市で買ったのですが、売っている方が申し訳なさそうにそのことを告げてくれました。スリル満点の酒肴として人気が出るんじゃないか?
IMG_7445 マナガツオ付属品withしし唐 W


 頭に近い刺身にできない部位を塩麹に漬けて焼きました。すぐ焦げます。
IMG_7446 マナガツオ塩麹焼き W



 さてスクモエビです。捌きはじめたら頭と背に多量のミソを持っていることが判明しました。下の写真、一番上が殻をむいた状態、その下が背を開いて背ワタ(消化管)を取った状態。この薄緑色のヒモのようなもの、これが頭部まで続く濃厚なミソです。
IMG_7438 スクモエビ W
そして一番下がそれを取り除いた刺身の状態。

 こんな一皿に。大量のミソといっしょにいただくと大変けっこうです。(ちょっと見た目がアレですね。)
IMG_7442 スクモエビ 刺身 W
これが一尾60円、失敗しましたねー、もっとたくさん買ってくれば良かった! 焼いて食べても旨そうじゃありませんか・・・。


 こうなりました。
IMG_7449 晩酌の膳 W
 酒は和歌山県海南市、平和酒造の紀土「あがらの生原酒」、大和屋で一升2625円。「あがらの」というのは、和歌山の方言で「私たちの」という意味だそうです。山田錦を80%精米で使い、アルコールは17%。コメも自社栽培と、契約農家の米を使用。とてもいいですよ。


 実はマナガツオを読み込んだ俳句を見つけようとあちこちのぞいたんですが、たった一つ、
     下京は雪となりたる鯧    悦子
というのが見つかったばかりです。鯧は「マナガツオ」ですね。雪、といいますからマナガツオは冬の魚とされているんですね。私が持っている「食の歳時記 三六五日」(俳句αあるふぁ編集部編 毎日新聞社 1996年)という本にも、マナガツオは出てきません。こんなうまい魚なのに俳人の創作意欲を刺激しないんでしょうかね。旨すぎて俳句どころではない?






 さて一夜明けて今朝、山の端に怪しい雲がかかってスッキリとは雨が上がりません。
IMG_7451 (2)


 一晩干したマナガツオのヒレもほとんど乾いていません。
IMG_7454 (2)
もう一晩おいたらなんとかなるんでしょうか?





にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2011/1/15 マナガツオ、シロミル貝

祝! 北別府&津田、両投手の野球殿堂入り
祝! 広島刑務所脱走犯、逮捕



 というわけで、安心して出かけることのできた昨日のお魚ツアーです。だって昨日も行った川口町のリアルは、刑務所と川をはさんですぐ近くですからね、お散歩に出かけた李国林君とばったり路上でお目にかかったりしたらご挨拶に困ります。

 いつものように最初に行った大手町おかず工房、マナガツオを買いました。1,600円とちょっと予算オーバーですが、祝!なので。31cm、1030g。
 宝町フジによって、魚を冷蔵コインロッカーに。
 と!、なんとコインロッカー(100円玉を入れて、使用後に戻ってくるタイプです)の硬貨投入口に100円玉が!
 祝! どなたかが忘れていったんでしょうねえ、ありがとうございます。

 刑務所の前を通過して川口町リアルへ。
 せっかくなので記念に写真を。
                 120114 広島刑務所(携帯) 明るさ修正(遠慮して携帯で撮影)

 リアルで、シロミル貝を430円で買いました。殻長105mm、356g。舟入市場を回って(何も買わず)帰宅。

 こんな連中です。
IMG_8897 マナガツオ、シロミル W


 マナガツオは刺身に。半身は切り身にして粕漬けにしておきました。
IMG_8908 マナガツオ刺身 W

 その他付属品。卵巣と肝です。マナガツオの胃袋というのは、非常に独特の構造になっており、内面に一面トゲというか粗い毛状のものが密生しており、ちょっと食べる気になりません。
IMG_8908 マナガツオ 肝卵 w
また皮ですが、刺身用にサクを作るときに普通の魚のように皮を引こうとすると、私の腕では必ず途中で切れてしまいうまくいきません。そこで私は、皮目を下にしてまな板におき、上から包丁を入れて下の皮のところで包丁を寝かせるようにして滑らせ、刺身を一切れずつ切り取るというやり方をしています。そのため皮はボロボロになります。これは軽く火であぶっていただくと香ばしくてけっこうな肴となります。


 シロミル貝も刺身に。
IMG_8909 シロミル W
シロミルの付属品というと球状の内臓部で、あれも湯通しして酢味噌などでいただくんだそうです。私も一度だけやったことがあるのですが、今回は中の黒色の泥のようなものを除去しきれず、あきらめました。


 こうなりました。
IMG_8905 晩酌の膳 W
酒は長野県の御湖鶴、諏訪市の菱友醸造、純米生酒おりがらみ。大和屋で2625円。

 うっすらと濁っており、なかなか風情があります。
IMG_8888 御湖鶴おりがらみ w



 先日通りかかった大田川上流の河川敷で、とんど焼きでしょうか。オヤジたちは一杯機嫌。
IMG_8877 大田川河畔 どんと焼き W
広島では「とんど」ですが、仙台では「どんと」ですね。


 市役所前の麦畑、寒い中でも着実に育っています。
IMG_8781 市役所麦畑 W

 広島城のお堀には水鳥が。水鳥も何種類かいて、カモやオシドリは警戒心が強いんですが、この鳥(名前を知りません)はかなり人に寄ってきます。
IMG_8860 広島城お堀の水鳥 W

 このお堀の脇を来週は全国各県から来た選手たちが走り抜ける広島駅伝です。お天気に恵まれることを祈りましょう。
IMG_8895 広島駅伝看板 W





 

2011/10/8 やっぱり味噌漬け

 マナガツオです。いろいろやって見ましたがやっぱり味噌漬けが美味い。
IMG_6775 マナガツオ 味噌漬け W
  

  というわけで、今から酒まつりの取材に行ってきます。 ルンルン・・・



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村

2011/10/5 マナガツオ その後

 土曜日に3,800円も出して買ってしまった1.9kgのマナガツオ、なかなか食べ終わりません。

 珍しくシャブリなんぞを買ってきました。Jean Lafitte
 宝町に改装再開したフジ内のカルディで1242円(開店セールで10%引き)。
 マナガツオは薄造りにして、レモンとオリーブオイル、胡椒に塩、という慣れない味付け。
IMG_6769 マナガツオ薄造りでシャブリ W
いつも2本で1050円のワインしか飲んでないので、すっかりいい気持に。


 そして本日はソテーして。妻の作品です。
IMG_6773 マナガツオ ソテー W
この、上にかかっているソースは何でしょうか? マヨネーズに味噌を加えたものだとか。たまたま今日、テレビでやっていたのを直ちに適用。

 まだ冷凍&味噌漬けになって、だいぶ残っています。なんせ、3,800円も出したので、そう簡単に終わらせるわけにはいきません。




 日曜日の広島城、怪しい雲行きです。
IMG_6757 雲行きの怪しい広島城 W

 城跡の公園では、銀モクセイが花盛り。
IMG_6753 広島城 ギンモクセイ W


 こんな花です。
IMG_6751 広島城 ギンモクセイ W


 こちらは、より華やかな香りの金モクセイ。
IMG_6746 広島城 キンモクセイ W


 切り株に不思議な姿のキノコが・・・。
IMG_6730 広島城 切り株にキノコ W



 さて、今週末(10月8,9日)は、西条の酒祭です。昨年は初めてご紹介しましたが、今年もまた取材にいこうと思っています。
 乞うご期待!



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村

2011/10/2 1.9kgのマナガツオ 3,800円

 市役所の窓をおおっていた緑のカーテン、アサガオの撤収作業中です。このひと夏、日をさえぎって市役所の皆さんの暑さを多少とも和らげたのではないでしょうか。
IMG_6698 市役所緑のカーテン撤収 W


 撤収作業をする方々。
IMG_6704 撤収作業中 w
 で、ふと思ったのです。
 緑のカーテンは見た目もすずしく、市民に対する省エネのアピールにもなり、実際の節電効果もあったでしょう。でも、あれだけ大規模に展開するとなると、市役所職員が片手間にチョイチョイッと朝顔の種をまいて完了、というものではないんですね。(この作業を見ていてやっと気がつきました。)
 敷設、維持、撤去、この一連の活動にかかる費用はどれくらいなのでしょうか? これによる節電効果で節減できた電気代と、どうバランスするのでしょうか? たぶん元は取れないんでしょうねぇ。となると、これは市役所だからできたことであって、一般企業にまで普及させるのはかなり難しそうだなあ・・・という気がしました。

 多少の費用はかけても、真夏のピーク時電力削減に寄与し、発電に必要な化石燃料の消費を抑え、その代わり作業者に対する支払いで雇用を確保する、という考えも成り立つでしょうが。
 省エネという言葉は美しいものの、難しいもんですね。実際のところどうなのか、担当者の話を聞いてみたいような気もします。

 
 さて10月1日の土曜日、その市役所のすぐ近く、おかず工房に出かけました。
 大きなマナガツオがありました。私のお魚ツアーのルートでは、これだけ大きいのはそう度々は見かけません。しかも鱗がきらきら光って活きもよさそうです。値札は4444円という不思議なおまじないのような数字。「好し好し」かな?
 どなたか買っていくのかな?と思い、しばらくながめておりました。ここの常連客の中には、お店をやってらっしゃる女将さんかな、と思われるような方もおられますので。・・・が、売れていく様子がありません。

 この値段は、私のお魚ツアー3週分の予算に相当するのです。さすがに手を出しかねていると、いつものお姉さんから「安くしとくけぇ、買わん?」と声をかけられました。

 買ってしまいました。3,800円で。 
・・・まだ月頭で、お小遣いもらったばっかりなので、つい・・・。
IMG_6714 マナガツオ W
40cm、ほぼ1.9kgあります。ちょうど200円/100g、ということになり、その意味では決して高くはありません。

 ンー・・・素晴らしい。しばしほれぼれとながめてから写真撮影の儀式。

 マナガツオは鱗の取れやすい魚で、店頭に出てくるものはほとんど丸裸という場合も多いのですが、これはご覧の通りまだかなり残っており、扱いがていねいだったことを思わせます。
 鱗のクローズアップを・・・。ちょっと難しいです、こういう写真は。
IMG_6717 マナガツオの鱗 w


 大わらわで解体し、刺身に。
IMG_6726 マナガツオ 刺身 W
右隅に顔をのぞかせているのは、卵巣。茹でて「食べるラー油」を乗せました。


 ヒレの近くのビラビラの部分を塩焼きに。ンー旨いです。
IMG_6728 マナガツオ ヒレ焼き W


 こんな感じですね。
IMG_6723 晩酌の膳 W

 酒は山形県天童市の出羽桜、東京の小泉商店という酒屋さんの企画商品のようです。大和屋で一升2835円。ラベルの色が「江戸紫」で、酒銘の左に連なっている模様が「吉原つなぎ」だそうです。江戸をイメージしたデザインですね。米は山形の「出羽燦々」、私の好きな米の一つ。
 今年は春から東北の酒を意識して買ってきましたが、気がつくと山形の酒は今年初めてでした。


 ついでに、魚ではありませんが。
IMG_6728 厚揚げ みそ焼き W
厚揚げのネギみそ焼きです。単純で本当に旨いのですが、こういうものを出す飲み屋が少ないのはどうしたことでしょう。左下はネギの素焼きにカボスを絞ったもの。先々週あまりの安さに抵抗できず買ったカボスがまだ残っているので。


 市役所正面の稲も刈り取られて乾燥中です。ひこばえがずいぶん大きくなっていますから、もうだいぶ前に刈り取られたもののようです。
IMG_6691 市役所の水田 稲穂 W

 秋が深まる広島です。






にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード