2017/8/8 アジ、イワシ、サザエ &某日 コイワシ、マクワウリ

 先週の土曜日、8月5日のお魚。

 最初の段原マックスバリュで、アジ、イワシ、サザエを購入。トンネルをくぐって宝町フジ、千田町Aruk、御幸橋を渡ってゆめタウン、とながめました。どこでも海が荒れていて魚が少ない、とのこと。少し戻って南大橋から舟入橋を渡って川口町へ。
 川口町リアル、なかなかこれといった魚がありません。肉の売り場を見ると、いろいろ面白いものがあります。冷凍ですが「豚皮」なんてものが。鶏皮は焼き鳥ですが、豚皮は? 「馬スジ」というものがあります。牛スジはおでんですが、馬もおでん? やはり冷凍ですが、「ボンジリ」というのがありました。少し熱心な焼き鳥屋のメニューにはのっていますが、普通のスーパーでは売っていません。ニワトリのしっぽの部分だそうです。安かったので買ってみました。
 舟入市場でシシトウを一袋買って帰宅。

 こんな連中です。
IMG_9832 アジ、イワシ、サザエ(600x464)
アジ:22㎝、3尾で471g 98円/尾
イワシ:21㎝、5尾で471g 5尾一山で198円
サザエ:2個で247g 128円/個
いずれも税込の価格です。

 アジは酢締めにするつもり。三枚に開いて皮を引き、降り塩をして少し置きます。
IMG_9833 アジに振り塩(600x492)
うっすらと水がしみ出して来たらよく流水で洗い、その後生酢につけて3時間ほど。

 ちょっと写真が良くありませんが、内部はまだ生の状態です。
IMG_9838 アジ酢締め(600x495)
安いけれどうまいアジに感謝。

 さてイワシも酢でしめてみました。先月ウルメイワシを刺身でいただきましたが、はるさんからコメントをいただき、かるく酢でしめて辛子醤油で・・・、というお知恵をいただきましたのでさっそくやってみようというわけです。
IMG_9839 イワシを酢で締める(600x401)
黒いブツブツは黒コショウ。

 これも3時間ほど締めました。
IMG_9840 イワシ酢締め(600x489)
なるほど辛子も良いですね。酒がすすみます。

 サザエはいつも通り。
IMG_9834 サザエ刺身(600x482)
このところしょっちゅうサザエを買っているので、ばらす手際が良くなってきました。

 さてこれがドンジリ、ではなくて、ボンジリ。冷凍物のせいか、47円/100gというお値段は、レバや砂肝、セセリ、鶏皮など他の焼き鳥材料よりも大幅に安いです。20個ほどで税込156円。
IMG_9844 冷凍ボンジリ(600x428)
これを扱うのは初めてだったんですが、包丁を入れてすぐわかったのは、骨が入っていること。尾てい骨の最末端でしょう。この骨を除去し、さらに何か黄色い袋状の組織があり、なんだかわかりませんが念のためこれも除去。あとで調べたら「油壷」という器官で、鶏が羽毛に油脂分を与えるためのものだそうです。臭いので除去するのが一般的、とネットでは書かれています。

 けっこう面倒な作業ですが、下処理して串に刺し、焼くとこうなりました。
IMG_9849 ボンジリ串焼き(600x480)
なかなかおいしいです。安いからまた買ってこようかな・・・。

 本通りのひろしま夢プラザから買ってきた小魚の酢漬け。
IMG_9846 テンジクダイ酢漬け(600x476)
夢プラザでは毎週木曜日、福山の漁協と蒲刈の漁協が交代で魚を売っています。朝10時ごろ行ってみるとかなりの人だかりで、人気があるようです。とはいっても私が買いたいような鮮魚の丸物はあまりなく、黒鯛の開き一夜干し、とか、魚を使った惣菜とかが主のようです。私が買ったこれは、テンジクダイ(広島ではメンパチと呼ばれます)という小魚です。


 こうなりました。
IMG_9850 晩酌の膳(600x453)
酒は広島県西条の賀茂泉、75%の低精白米で醸した純米酒、大和屋で税込1944円。美味くて安いのでつい飲み過ぎます。


 以上が先週でした。

 ついでに某日の魚。先月、水族館に行ったことをご報告しましたが、その中でカタクチイワシの群れをご紹介しました。そのカタクチワシ、広島ではコイワシと通称されていますが、今が旬です。

 こんな形で売られています。
IMG_9819 コイワシ(600x469)
89円/100gでこの一パックは314g、数えたところ52尾でした。

 こんな顔。目がでかい。
IMG_9823 コイワシの顔(600x401)


 この状態ではまだ鱗もついているので流水下で爪を立てて洗い落とします。次いで手開きにして中骨をはずします。私は手で行いますが、スプーンを使ったり、色々なやり方があるようです。

 そのあと数回水で洗って残った内臓や鱗などを取り除いて刺身にします。「七度洗えば鯛の味」って言うそうです。
IMG_9825 コイワシ刺身(600x505)


 もう一つ、7/24付けの記事で、朝市でマクワウリを見たことを書きました。で、翌週の朝市で買ってきたのです。
IMG_9827 まくわ瓜(600x493)
150円。冷蔵庫にしばらく置いて冷やします。

 半分に割るとこんな形。
IMG_9828 まくわ瓜断面(600x490)

 皮を剥いて食べましょう。
IMG_9829 皮をむいたまくわ瓜(600x528)
     瓜食めば子ども思ほゆ 
         栗食めばまして偲はゆ
       山上憶良

 香りが良くてほんのり甘い、素朴な美味しさ。


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017/1/22 アジ、サザエ、ホタルイカ、今日は駅伝

IMG_7097 朝の光(600x377)
 曇天で寒い朝、今日は広島駅伝(天皇杯第22回全国男子駅伝)。 去年は雪がちらつく大変寒い駅伝でした。今日は雪は降っていませんが、けっこう寒く、燗酒がうまそう。 (エ?) 昼から取材に出かけますので、また後日報告しましょうね。


 さて昨日21日の土曜日、ぐるっと回ってきた鮮魚店三軒、最初は千田町Aruk。あんまりフォトジェニックなスター魚はいませんでいたが、まあまあの品ぞろえ。アジが大小何種類もありましたが、一尾130円というのを2尾購入。サザエ、けっこうな大きさのがこれまた一個130円、かなり安い。3個購入。(ところが帰宅後レシートを見たら、サザエ3個で360円となっており、ウーム不思議な計算だ…。)

 川口町リアル、開店直後のせいか、魚の値札がなかなか出てきません。キジハタ、ウチワエビ、ハガツオ、いろいろありましたが、結局何も買わず次へ。
 舟入市場、ヨコワが4本ばかり並んでいました。見ただけ。帰宅

 こんな連中です。
IMG_7076 アジ、サザエ(600x485)
アジは24㎝、2尾で305g、さざえは3個で381g。

 アジのほっぺの輝きが美しいです。
IMG_7079 アジの顔(600x482)

 三枚におろして皮をむきました。
IMG_7080 アジ三枚おろし(600x556)

 刺身に。
IMG_7083 アジ刺身(577x600)

 サザエも刺身に。今回のは角のある苦労人たちです。
IMG_7085 サザエ刺身(600x575)
サザエは先週のツブのように殻をこわさなくても尻尾の肝まで取れるので楽です。肝を取り出すのには、貝殻のまき方からいって右手の人差し指を使うのが普通だと思うんですが、左利きの方はどうしてるんでしょう?

 前日買ったホタルイカの残りも登場。ホタルイカって富山湾などでは春に採れるんだと思うんですが、これは兵庫県産。兵庫といっても瀬戸内海側か日本海側かは不明です。
IMG_7087 ホタルイカと奈良漬(600x520)
奈良漬はこれで終わり。

 こうなりました。
IMG_7088 晩酌の膳(600x513)
 酒は福井県鯖江市の「梵」、特別純米酒、幟町の酒商山田で一升2571円。

 さて、そろそろ駅伝を観に行きましょう。


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


2015/11/15 マアジ、スルメイカ

 パリで同時多発テロ、120人以上の方が亡くなり、フランス全土は非常事態宣言、というニュースの本日です。広島は濃い霧がかかった朝でした。
151115 朝もや (640x427)


 実は昨日は朝から小雨、上がるのかと思ってしばらく待ちましたがはっきりせず、自転車で出かけるのはあきらめました。たまには近所のスーパーを攻めてみようかと、傘をさして歩いて出かけました。まあ、写真写りのいい珍しい魚とか贅沢を言わなければそれなりの素材は手に入ります。

 もっともありふれた食材でありながら、なかなか本ブログに登場しないスルメイカとマアジを買いました。こんな連中です。
IMG_0504 本日の買い物(640x488)
イカは58円/100gで372g、胴長25.5㎝、税込232円。もっとでかいのもあったんですが、あまり大きいと硬いことがあるのでそこそこのサイズにしました。アジは2尾パックで399円+税金。26㎝で233gと208g。あっという間にお魚ツアー終了。
 
 スーパーを出てみたら雨が上がっており、少し歩いてみるかな、という気になりました。朝の九時半すぎですが結局一時間ぐらい歩いて胡町大和屋まで。イカとアジをぶら下げて。
 大和屋で酒を調達。先週はあのオヤジに一合900円の酒を飲まされたので反省して少し安いのを物色、和歌山県海南市の平和酒造の、紀土を選びました。純米酒、一升1800円、税込みでも1944円です。「紀土」というのは「紀州の風土」に根差した酒という名前だそうです。ワインでいう「terroir」でしょうか。歩き疲れたのと、雨が降ってきたのでバスで帰宅。8千歩。


 
 昼食後、さっそくさばきにかかりました。イカは鱗も無いしあっという間です。気を使うのは肝を破らないように抜いてやるところぐらいでしょうか。

 アジです。この青光りにいつも見とれます。
IMG_0506 青光りするアジ(500x429)
青光りといえば、

    日ハ君臨シ 穹窿ニ
       ミナギリワタス 青ビカリ
   宮沢賢治(花巻農学校 精神歌
一度聞いてみて下さい。


 けっこう大きいアジなので、おろすのも楽です。
IMG_0507 アジ三枚おろし(635x640)

 本日のお仕事、終わっちゃいました。


 それでは行ってみましょう、今夜も空想の居酒屋へ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アナゴ:今晩は、やってる?
オヤジ:ウン、どうぞ。
アナゴ:もう月半ばで懐がさみしいんだ。
     なんかおとなし目の肴で飲ませてよ。
オヤジ:サラリーマンはつらいねェ・・・、エ?
     じゃあ、こんなところから行こうか。
     お通しです。
IMG_0527 付き出し(640x524)
アナゴ:ン? なにこれ?
オヤジ:コブダイの煮こごり。安いよ。
アナゴ:この白いのは?
オヤジ:イカの内臓。茹でたらそんな形になった。
     かわいいだろ?
アナゴ:食えるのかい?
オヤジ:アナゴさんなら食えるよ。
アナゴ: ・・・・(まぁ、こりゃタダだな。)

オヤジ:イカ刺しどうぞ。
IMG_0512 イカ刺し(640x611)
アナゴ:お、いいねェ。
     ちょっと硬いかな。

オヤジ:イカゴロ好きだろ?
     ゲソと合わせて味噌煎りだよ。
IMG_0525 イカゲソのゴロ煎り(620x640)
アナゴ:ああ好いねェ。
     今年の夏、八戸に行ったんだけど、イカのワタ焼き、ってどこの店でも普通にあった。

アナゴ:(警戒)今日の酒はどこの?
オヤジ:心配すんな、一合500円だ。
     でもちゃんとした純米、和歌山の紀土。
IMG_0528 紀土(640x630)
アナゴ:(500円か・・・、もう少し飲めるな・・・)
     もう一本燗つけて。
     そのアジ旨そうだねえ。
オヤジ:刺身にしようか。
IMG_0516 アジ刺身(560x640)
アナゴ:サッパリしているね、あまり脂を感じない。
オヤジ:粋な魚って、脂じゃないよ。
アナゴ:(そうとも言えるが・・・)

オヤジ:こんなのどうだい?
     サンガ焼きだ。
IMG_0521 サンガ焼き(630x640)
アナゴ:ハァー・・・
     こういうの、この店で初めてだね?
オヤジ:うん、アナゴさんの財布がご機嫌悪くならないように気を使ったんだぜ。
アナゴ:フーン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 お勘定はこうなりました。

     お通し           300円 (エ!? タダじゃないのかよ・・・)
     イカ刺し          500円
     ゲソのゴロ味噌煎り   300円
     アジ刺身         700円
     アジ サンガ焼き    400円
     紀土純米 3合     1500円
       合計         3700円

ま、こんなところでしょうか。おとなしく帰って寝ましょう。


 さて、明けて今朝の広島朝市です。
IMG_0556 朝市(640x574)
にぎわっています。

 一軒だけ出ている魚屋をのぞいて見ると、メバル、ムール貝、そしてこのベラ、といった顔ぶれでした。一山200円と安かったので買ってみました。4尾で300gほど。
IMG_0574 ベラ(640x531)
柚子2個はおまけ。

 こんな顔や、
IMG_0575 ベラの顔1(640x548)

 こんな顔や、
IMG_0576 ベラの顔2(640x571)

 こんな顔です。
IMG_0577 ベラの顔3(640x638)
倶梨伽羅紋々」っていう言葉を思い出しました。その業界のお方でしょうか?


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村

201/8/31 アジ(でかい!)、カナガシラ、イボダイ

 ぐずぐずと煮え切らない天候の八月でしたが、最終の週末、久しぶりの晴天です。
IMG_3269 住吉橋

 川口町リアルに近い舟入橋から川上を見た図です。見えている橋は住吉橋、橋の右たもとに神社が写っているんですが、あれは住吉神社です。川面をさかのぼっている船は、宮島と平和公園、二つの世界遺産を結ぶ観光船です。
 あの神社の境内に、小さな祠があり、これが何と「合格神社」っていうんです。数年前に合格神社様のご神力におすがりしたところ、息子が某学校に合格、以来毎週土曜のお魚ツアー途上、拝んで通過するわけです。



 さて昨日も合格神社を拝んで一周してきたお魚ツアー、大手町おかず工房から。

 イボダイがありました。あまり大きくありませんが、ピカピカで活きがよさそうです。煮ても焼いても旨い魚ですが、私は刺身にするのです。一尾60円を4尾買いました。16㎝、4尾で380g。それからデカいアジ、40㎝、685gというのを買いました。550円。以上二品で63円納税。

 宝町フジ、千田町Aruk、と通過。どちらでも一尾300円ほどの刺身用サンマが出ていました。ま、もう少し待ちましょう。

 川口町リアルへ。カツオ、ハモ、タチウオ、珍しくコロダイ(正しくはセトダイ)が多数・・・、と魚種も豊富です。先週買いそびれたカナガシラがまた一パックだけ。今度はすかさずゲット、22㎝が4尾で541g、367円(+税金)。
 舟入市場を通過して帰宅。


 こんな連中です。
IMG_3284 アジ、カナガシラ、シス(640x477)


 まずデカいアジから。
IMG_3296 アジ三枚おろし(640x413)
これだけ大きいと、皮をむくのも力仕事です。

 刺身になりました。
IMG_3303 アジ刺身(640x499)
あまりデカいので、いつもやる中骨の乾燥・隠匿はあきらめました。


 カナガシラの顔、とんがったトゲトゲ兄ちゃんです。
IMG_3290 カナガシラの顔(640x543)
こういう兄ちゃんとは街であってもかかわり合いたくないですね。


皮をむくと下半分だけ銀の残ったサクに。
IMG_3297 カナガシラ刺身用サク(640x572)


 イボダイ、広島では「シス」って呼ばれるんですが、こっちは円満なご人格、みんなに愛されます。
IMG_3288 シス(640x541)
むしろ、うぶな坊やというべきか? 見る角度によって銀青色に輝き、結構おしゃれな坊や。

 三枚におろして皮をむいた状態。
IMG_3298 シス刺身用サク(640x542)


 とんがった兄ちゃんとうぶな坊やの盛り合わせ。
IMG_3302 シスとカナガシラ 刺身(640x591)
手前がイボダイ、奥がカナガシラです。

 付属品関係。左奥がカナガシラの皮、右手前が同じくカナガシラの肝と浮き袋です。
IMG_3309 付属品関係(640x593)

イボダイは食べられそうな付属品は無し。その代り、中骨の乾燥品は絶品です。(これは一夜明けた今朝)
IMG_3341 シスの中骨乾燥品(640x479)


 野菜串焼きはしし唐とシイタケ。しし唐が豊富に出回る時期となりました。
IMG_3308 野菜串焼き (640x554)


 こうなりました。
IMG_3312 晩酌の膳(640x465)
酒は先週に同じ、山口県岩国の八百新酒造の雁木、ただし今週は、精米80%の純米無濾過生原酒。胡町大和屋で一升税込みで2376円。先週の純吟と比べると、同じ無濾過生原酒ですが、こっちの方がすっきり飲めるような感じ。一升で1000円以上安い。得した気分。



 あけて今朝の朝市。ひさしぶりの好天の朝市とあってお客さんもずいぶん多いようです。安佐北区から来ている店の前では、「おう! 生きとったか!」というような言葉も交わされていました。

 お花を売っている店もいくつかありました。
IMG_3326 朝市の花束(530x640)
 
IMG_3334 秋の花々(640x560)
 なんという花でしょうか。



 アゲハチョウを見ました。
IMG_3315 アゲハチョウ(640x477)

IMG_3323 アゲハチョウ(640x484)

    山川のくだくる水に秋の蝶      高浜虚子



 いまだお二人の方が行方不明です。

IMG_3279 平和公園・半旗(585x640)



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村

2013/6/23 アジ、ケンサキイカ、バイ

 台風4号が来るかと身構えた先週でしたが、あまりひどいことにはならずに通過。それはそれでよかったのですが、海が荒れると鮮魚売り場の品ぞろえがさびしくなるので、心配しつつ出かけた昨日のお魚ツアー。

 大手町おかず工房からスタート。今週も立派なイシダイがありました、2000円。これで3週連続でお目にかかりました。でも私が買ったのはアジ、一尾300円を2尾買いました。お姉さんが慎重に選んでくれた2尾は、27.5㎝、300gと、25.5㎝、230g。

 宝町フジによってザッと眺めた後、北へ。白島のVESTAで先週アオハタをゲットしたのに味を占めて、また何か面白いものがあるかもしれないと期待したのです。

 これが鮮魚売り場(お店の方に許可をいただいて撮影)ですが今年は広島カープの戦績がいまいちなので、売り場のカープ応援も気のせいかおとなし目のように見えます。で、写真左下に映っているパックはなんだかお分かりですか?
IMG_6469 白島VESTA鮮魚売り場 W

こんなものです。
IMG_6468 魚の皮 W
「魚の皮」です。しかも、タイ、アイナメ、グレ(メジナ)、カレイ(たぶんマコガレイ)、と4種も! 298円というイッチョマエの値札をつけて堂々と並んでいます。立派なもんじゃありませんか。付属品関係を味わっているのは、私だけではないんですよね。
 でも私が買ったのは、イカです。広島でいう「ミズイカ」、どうもケンサキイカが本名らしいんですが。広島以外でミズイカというと、アオリイカのことを指すのが普通なんだそうです。

 途中、某スーパーに寄ってバイ貝を買って帰宅。バイは5個で158g、309円。


 こんな連中です。ちょっとジミ目か。
IMG_6470 アジ、イカ、バイ W


 アジは私が三枚おろしを習得した魚で、わが板前ごっこの原点ともいうべき存在です、その割にはあまり頻繁には登場しませんが。
 基本に帰る、という厳粛な気持ちでさばいてこうなりました。
IMG_6472 アジ三枚おろし W

 こんな刺身に。
IMG_6478 アジ刺身 W

 このアジの付属品は、小さな卵巣と、これまた小さな白子だけ。
IMG_6487 アジ付属品 茹で W
300gの大きいほうがオス、小さいほうがメスでした。

 なお、中骨ほか取り外した部分は乾燥して隠匿物資へ。
IMG_6501 アジ中骨など乾燥中 W



 ミズイカも単純に刺身に。
IMG_6485 イカ刺し W


 イカの付属品関係はさっとゆでて生醤油で。
IMG_6485 イカゲソ、他 茹で W


 バイは醤油とミリン(風調味料)で煮ました。
IMG_6482 バイ 醤油煮 W
爪楊枝で引っ張り出しますと、今回は最後の肝までうまく取り出せました。


 少しさみしいので、隠匿物資を放出、きすの中骨乾燥品とイシダイ卵巣粕漬け。
IMG_6489 隠匿物資 (キス中骨、イシダイ卵巣) W


 で、こうなります。
IMG_6493 晩酌の膳 W
 
 酒は秋田県大仙市の刈穂、純米原酒生、日本酒度+21という辛口。アルコールが19%です。今週木曜日(6/27)には職場で献血があって、γ-GTPとか肝機能の数値が調べられるというのに、こんな濃い酒を飲んでいて良いのでしょうか???   胡町大和屋で一升2940円。

 

 昨晩は満月()、わが乾燥中のアジの中骨も、煌々たる月光をうけてジンワリと旨味を増すことでしょう。
IMG_6496 満月 W

 6/24追記:すみません、正確に言うと、この写真を撮った土曜日22日は満月ではありませんでした。翌日23日の日曜日が満月でした。相子さんから頂いたコメントに「6/23はスーパームーン」というご教示があり、スーパームーンという言葉を知らなかったので調べて気が付きました。)



 本日のご報告は以上ですが、ちょっと思いがけないものを目撃しました。

 市内某所のビワの木です。先々週ご覧に入れたのとは別の場所なんですが、やはりたくさん実がついています。その枝の中に黒い羽根が、カラスです。
IMG_6462 ビワの木にカラス W

 おやおやと思ってカメラでのぞいているとザッと飛び立ちました。何とビワの実をくわえています。
IMG_6463 カラスがビワをゲット! W
 カラスというと、生ゴミをあさって散らかすギャングっぽいイメージを持っていたんですが、フルーツも召しあがるんですね。




にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード