2015/8/30 サヨリ、ハモの子、地エビ

 ぐずついた天気の週末です。月末とはいえまだ八月なのに、もうすっかり過ごしやすいというか、暑さが去ってしまった広島です。

 思い起こせば震災の前の年、2010年の夏は思い出すのもつらくなるような猛暑でした。ご記憶でしょうか、9月になっても死ぬ思いだったのを。毎年それぞれ、暑いだの寒いだの言いながら日を送っていくわけです。


 さて、昨日のお魚ツアー、いつものように宝町フジから。立派なサヨリがありました。一尾198円ですが3尾まとめて買えば500円(+税)となっています。まぁ170円ぐらいの計算ですね。3尾買いました。ところがレジ行ってみると198円×3尾のお勘定、ムッときて鮮魚売り場に戻り改めて500という値札を張ってもらいました。オー危ない危ない・・・

 次は道順からいって千田町のArukなんですが、少し時間が早く、9:30の開店に少し間がありました。時間つぶしに隣の旧広大跡地広場に侵入。再開発の工事が進んで、私が大すきだったモミジバフウの並木もこんなことになっています。
IMG_9175 モミジバフウ並木(640x427)
 この並木は春も秋もとても美しく、再開発するにしても何とか残せなかったのかと部外者ながら残念に感じています。

 ちなみに、2011年の8月の写真。
IMG_5901 広大跡地モミジバフウ並木 W

 秋の紅葉も見事でした。これは2010年の11月です。
101113 広大跡地4 紅葉 W


 Arukは特にめぼしいもの無し。サンマが出始めていますね。
 川口町リアル。立派なカツオ、宮城県気仙沼産とありました、一本1750円。とても魅力的でしたが、すでに本日の主役としてサヨリを買ってしまっているので見送りました。ハモ、1.5㎏前後の大きいのが並んでいます。だいたい100円/100gぐらいの値段です。たっぷり太って、あれは落としにするには大きすぎるでしょうがどうやって食べるんですかね。いずれにせよ私の手にはおえません。でもハモの子(卵)だけ別に売っていました。それとなく売り場のお兄さんの話を聞いていると、「炊いて、卵とじにする。」とのことです。一パック買ってみました。
 先週の小エビが美味かったので、「地エビ」というのを一山、100g148円を200gほど。これは先週のものより大きく、サルエビという種類だと思います。

 途中、舟入市場をのぞいて帰りました、一周11.7㎞の巡回コース。


 サヨリです。28㎝、3尾で192g。
IMG_9177 サヨリ(640x471)

 こんな顔です。何かに驚いているような・・・。
IMG_9180 サヨリの顔(640x427)


 サヨリはごく薄い皮のすぐ下が筋肉です。ボディ・ビルをするおっさんたちが、自慢の筋肉を見せびらかす様子を連想しました。
IMG_9182 サヨリ胴体(640x427)


 結構太い魚体だったので三枚におろすのも楽です。この状態で91g。
IMG_9186 サヨリ三枚おろし(640x531)

 刺身に。これで半分、残りは今夜のお楽しみ。
IMG_9191 サヨリ刺身(640x556)


 中骨と、腹骨をかいた部分は干して隠匿物資に。
IMG_9187 中骨、腹骨(640x630)


 さて、これがハモの子です。100g199円が200gほどはいって税込441円。
IMG_9188 ハモの子(640x547)

 こんな粒々です。
IMG_9189 ハモの子拡大(500x435)


 一度湯通ししてから煮つけ、卵とじに。
IMG_9196 ハモの子卵とじ(640x566)
 弊ブログで卵とじなんて登場したのは初めてかもしれません。 富山の「べっこう」をご紹介したことはありますが。
 今朝冷蔵庫を見たら、これが煮こごりになっていました。

 地エビは、頭は串焼きに、身の方は皮をむいて市販のドレッシングをたらしてシュリンプカクテル風に。
IMG_9192 (500x436)
ちょっと見た目がアレですね。


 こうなりました。
IMG_9198 晩酌の膳(640x455)
 酒は福井県福井市の常山、純吟無濾過生、胡町大和屋で一升3240円。 昨日は午後から小ぬか雨、、酒を仕入れに大和屋まで行きたくても自転車は使えません。片道50分ほど歩いて行ってきました。たまには小雨降る径も良いもんです。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2015/2/8 サヨリ、シロミル(ナミガイ)

 本日のお魚は鯉
IMG_5796 (640x550)
というわけではありません。 これは、安芸の藩主浅野様のお庭だった縮景園の池の鯉です。

 梅を見に行ったのです。まだほんの少しほころび始めたばかり。
IMG_5794 (640x504)
IMG_5740 (483x640)
このあと、思いがけないものに遭遇し、200枚以上も写真を撮ったのですが、それはまた後で。


 さて、ここの池には鯉にまじって大きなボラも泳いでいるんです。
IMG_5818 (640x427)

 今の時期のボラは「寒ボラ」と呼ばれてなかなか美味しいものなんですが、今年はまだお目にかかっていません。

 
 願わくは寒ボラをゲットせんものと出かけた昨日のお魚ツアー、大手町おかず工房から。きれいなマナガツオがありました。でも一尾1700円、ウーム。サヨリを買いました。一尾54円、4尾。24~27㎝、4尾で186gでした。

 宝町フジへ。オオッ、ボラがあるじゃないの!
ところが、値札を見てびっくり、なんと! 一尾 1380円   魚っ! じゃなくて ギョッとしました。ボラ君には失礼ながら、とても安い魚というイメージがこびりついているので、確かに大きかったんですけど、いくらなんでもボラに1380円はあんまりな・・・、と思ってしまい、結局買いませんした。

 千田町Arukをながめてから川口町リアルへ。もしや、と期待したのですが、どちらにもボラは出ていません。リアルには二週続けてトビウオが出ています。トビウオって夏の魚と思っていたのですが、けっこう大きなものが並んでいました。
 リアルで白ミル貝(ナミガイ)を買って帰宅。262gで410円。


 こんな連中です。
IMG_5922 (640x460)

 サヨリの口は下あごだけ長く伸びているので、英語で half beak (くちばしが半分)というんだそうです。その下あごが赤く染まっていて、ちょっとおしゃれ。
IMG_5923 (640x478)
     美貌なる さよりの 吻(クチ)は怖るべし      安住敦

 刺身に。
IMG_5925 (640x504)
 歳のせいか最近このような手のかかる魚を扱うのが少しおっくうに感じる時があり、サヨリをさばくのも久しぶり。まあいったん始めればすぐ終わるのですが。

 中骨と腹骨は乾燥して隠匿物資庫へ。
IMG_5945 (622x640)


 白ミルガイも刺身。
IMG_5926 (640x499)

 内臓を塩焼きに。白ミルガイの内臓を食べるのは初めてです。ちょっと勇気がいります。
IMG_5927 (450x352)
食べてみれば、なかなか乙なもの。

 これは先週のスジガツオ(ハガツオ)、カマの粕漬けと尻尾の方を塩麹漬けにしたもの。
IMG_5928 (640x492)

 こうなりました。
IMG_5930 (640x417)
 酒ですが、珍しく焼酎です。東京都八丈島の八丈興発(株)、麦焼酎「情け島」です。椎名誠さんの本に時々出てきたりする酒です。胡町大和屋でなぜかふと焼酎の棚の方に足が向きました。一升1998円。


 以上でお魚関係は終わり。
にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


 さて、縮景園で思いがけず遭遇したもの、それはこれです。
IMG_5694 (640x427)
実は、入り口で入園料を払う時に、「梅園の方で和服のモデルさんの撮影会をしていますから・・・」と知らされ、さっそく行ってみたのです。入園料280円のみで、撮影会は無料。知りませんでしたが、先週末、今週末と、四日間行われたようですね。

 おお、美しいじゃないの・・・!
IMG_5709 (511x640)
しばし見とれます。

IMG_5710 (528x640)


 どうもお集まりの皆さんは私と違ってあらかじめこの行事をご存知で、それなりの準備をなさっていらっしゃった方々のようにお見受けしました。
IMG_5749 (640x427)
 カメラもレンズも大変高級な機材を使いこなす皆さんのようです。私のは八年ほど前に買ったキャノンのEOS kissで、レンズも標準で付いてきたズームレンズ。ウン万円とウン十万円の差があからさまで、引け目を感じつつ撮影。
IMG_5773 (640x472)
8:2ぐらいでNikonの方が多いようでした。

 30分ほど休憩後は、今度は橋の上。
IMG_5844 (640x544)


 この方はプロの写真家のようです。
IMG_5885 (458x640)


 で、私の昨日のベストショットはこれ。
IMG_5887 (640x499)



   人も見ぬ春や鏡の裏の梅   芭蕉









2011/2/20 サヨリ

早くも、2月の下旬突入です。市役所の麦畑、順調に育っているようです。
110219 市役所の麦畑1 W

こんな感じ。
110219 市役所の麦畑 W


 さて、19日のツアー、一軒目の大手町おかず工房、けっこうな賑わいです。マガレイのでかいのが1200円ぐらいで出ています。もう、「おたんやカレイ」の時期は過ぎたんかな?・・・と、ちょっと手を出しかねているアナゴです。
 一つ気がついたのは、最近ここの競争率が高くなっている、ということ。9時開店なんですが、以前はご近所のお母さん方が主な競争相手だったのが、最近そうでもない。私と似たような齢・格好のオッサンが開店時間めがけて集まるように。・・・ンー・・・ピンチ!
 でも、そこに需要があるということは決して悪いことではありませんよね。需要にしたがって供給側がついて来れば、そこに健全なマーケットの発展が期待される・・・というのが一般論です。是非そうなって欲しい。



 というわけで、おかず工房は素通り、川口町リアルでサバとサヨリをゲット。
 
 サバは39cm、715g、399円。腹も緩んでおらず、立派なサバです。
110219 サバ、サヨリ W

 サヨリは、10尾で約400g、3尾分を刺身用に、残りは干物にしてあります。

サヨリはさばくのがけっこう手間がかかりますが、なんとかこんな感じに。
110219 サヨリさく W
写真では説得力無いのですが、大変きれいなものです。

こうなります。
110219 サヨリ刺身 W


サバはシメサバにするつもりです。本日はまだ酢の中で入浴中につき、焼き物で登場です。
柚味噌を塗ってみました。
110219 サバ柚味噌焼き W


 で、こうなります。
110219 晩酌の膳 W

 酒は遠州掛川、土井酒造の「開運、純米無濾過生原酒」、大和屋で2875円。



 市役所の梅です。来週には縮景園の梅林も見ごろとなるでしょうか。
110219 市役所の梅 W





にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


2010/3/28 ベランダは花盛り

 サクラは三分咲きぐらいですがしばらく寒い日が続いています。我が家はマンション6階で、ベランダで妻がガーデニングにいそしんでいます。

黄色いパンジーはいかにも春らしい花。
100328 パンジー  16

冬の間中、ずっと咲いていたシクラメンです。
100328 シクラメン 15
100328 シクラメン2  15

ちょっと色変わりのパンジー。
100328 パンジー2 30

ラベンダー
100328 ラベンダー  15

もう10年以上になる「金のなる木」に突然花が咲きました。なにかいいことがありそう。
100328 金のなる木2  15

 さて昨日(3/27)の広島市内お魚ツアー。低気圧通過でうみがあれているとのことで若干品薄でしたが、サヨリ、アジ、天然ぶりのカマ、地物のトリガイをget。
100327 サヨリ2  20
サヨリは3尾を刺身に、残りは開いて干物にしました。 
100328 サヨリ干物 24
いい具合に仕上がっています。一夜干しの中骨をあぶって酒の肴にすると最高です。

アジは酢締めにして、万能ネギと一緒に海苔で巻いてみました。本で見たのを即まねっこ。
100327 アジ酢海苔巻き  14

 「天然ぶりのカマ」というのが399円。380gぐらいのカマから、刺身になるところをほじくり出してみました。ちょうど100gです。お値段の割りに得した感じ。
100327 ブリカマ刺身 20
けっこうなお刺身です。見た目で霜降りかと思いましたが、意外にさっぱりした食感です。




プロフィール

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード