2017/2/18 スズキ

 陽が暖かくなってきました。
IMG_7507 胡蝶蘭(600x483)

花びらに影が見えますが、カーテンの模様です。
IMG_7504 胡蝶蘭(600x515)

     花と化らば春のゆふべの胡蝶蘭   大石悦子


 さて昨日の鮮魚店巡りは、先々週でっかいコチを980円でゲットしたあのスーパーへ。 あのスーパー、とか、某スーパー、とかもったいぶらないで実名を出しましょうか、ライバルが増える危険を覚悟で。
 発表します! それは、
     AEON マックスバリュ 段原店 さんです。
比治山トンネルを東に抜けたところにあるあのショッピングセンターですね。お店の方に聞いたところ、鮮魚売り場拡充の改装をおこなったのは昨年の9月、とのこと。私は半年近くそれに気がつかないままでいたわけです、ほとんど行きませんでしたからね。諸行無常・・・ 油断なりません。

 そのマックスバリュ、昨日も驚きました。でっかいスズキが1280円、税込みです。スズキといえば夏の魚、というイメージがありますがそれにしてもこの大きさで1280円か・・・、としばしながめ、それからごあいさつ代わりにエラをちょっと持ち上げて確認、ついでに魚体の死後硬直度合いも感じてみました。広島の人が高く評価する「ブラ」という状態のようです。買いました。
 実はもう一つ魅力的な魚があって、少しだけ迷ったのです。それはボラ、刺身用で680円でした。寒のボラを酢味噌でいただくのは季節感があって大変よろしいのですが、昨日はスズキの勝ち。その他サヨリ、アカガレイ、などなかなかの充実ぶりでした。

 買ったスズキは冷蔵コインロッカーに預けて次へ。うれしいですねー、スキップスキップ。
     心もはずみ、身もはずむ  「散歩」 勝承夫作詞・多梅稚作曲/昭和22年

 この歌がYou tubeにでも出ていないか探してみたのですが、「散歩」で出てくるのは「となりのトトロ」の主題歌だけ。昭和22年の歌はインターネット空間には住みにくいのでしょうか。

 そのあと、宝町フジ、千田町Aruk、川口町リアル、舟入市場内うお市、と回遊。この日はどこの店も豊富な品ぞろえでした。でかいスズキをゲットしたのでもう十分なのですが、リアルで大きなイボダイ、広島では「シス」と呼ばれますが、一尾290円+税を購入して帰宅。


 これが1280円のスズキです。73㎝、2802g。
IMG_7485 スズキ(600x400)
下のまな板が50㎝ですから、その大きさがお分かりかと思います。ただ、やはり腹側が痩せているというか、夏の盛りから秋口のタップリ感はありません。もしかして、産卵の後なのかもしれません。そう思えばあの値段も納得。

 こんな背びれ。
IMG_7486 スズキの背ビレ(600x434)

 スズキはけっこう頭部に鋭い刃物のようなトゲというか鱗というか、があるので用心して解体、1時間45分かかりました。

 刺身用のサク。背側の身が縦に身割れし、3枚おろしのはずが7枚おろしぐらいになりました。合わせて675g。
IMG_7488 スズキ三枚おろし (600x417)

 刺身に。「ブラ」なので私の腕と包丁では美しく造れません。
IMG_7491 スズキ刺身(600x400)

 さてスズキでうれしいのは付属品関係、特に立派な浮き袋です。
IMG_7489 付属品一式(600x387)
左上、小さいのが心臓、その下が胃袋、中央が浮き袋、そして皮です。

 湯がいてこうなります。
IMG_7493 付属品関係(600x501)
ところが皮は丈夫過ぎて歯が立ちません。他の粗とともに煮物にして、煮こごりへと方針変更。

 カマの塩焼き。ムッチリしてうまいです。
IMG_7496 スズキカマ焼き(600x498)

 粗を少しだけ粕汁にしてみました。
IMG_7498 粗粕汁、雨後の月(595x600)
 この日は大和屋で勧められた四合瓶を二本仕入れいました。一本目は雨後の月、広島県呉市仁方の相原酒造。

 もう一本は、同じ仁方の宝剣酒造の宝剣
IMG_7497 宝剣(600x529)
この二本は、同じ米(呉未希米八反錦)を使ってそれぞれの蔵が醸したもの。いずれも1350円+消費税。

 両方とも味わい深くて素晴らしい酒ですが、白状しますが、私には味の違いは分かりませんでした。


 刺身のきれっぱしを、いつもコメントをいただく、まるかつさんご推奨のふじっこ和え
IMG_7499 フジッコ和え(450x418)
ンまいです。ふじっこ(塩昆布の商品名)をよく見たら「減塩」となっていました。減塩の塩昆布?

 こうなりました。
IMG_7501 晩酌の膳(600x524)

 ご参考までに、スズキをばらした結果の重さの内訳は以下の通り。

   刺身用サク         675g  (これだけで計算すると、約190円/100g)
   焼き物用切り身2切れ  125g
   焼き物用カマ2個     190g
   煮物用粗          554g
   浮き袋            42g
   胃袋             37g
   皮               47g
   心臓              5g
   頭(梨割り)        487g
   廃棄            550g (ウロコ、エラ、内臓、ヒレ)
   合計            2712g

 ウーム、90gが行方不明です。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017/2/13 ハタハタ、ミルガイ、ヒイカ 縮景園の梅で一杯

 日本海側はまた大荒れだったこの週末、広島は、というか広島市内は、寒さこそ厳しいものの雪はほとんど無し。11日の土曜日も行ってきました鮮魚店巡り。
 日本海側が荒れているだろうから魚も少ないだろうな、と予想して出かけました。この日は第二土曜だったので、最初に行ってみたのが上八丁掘の高層マンション前広場のグランマルシェ、開いてはいましたが、鮮魚のブースは空っぽ。確かここは島根県浜田から持って来るということだったので、やっぱりね、と納得。
 次に向かったのが、先週再発見した某スーパー。ここもあまり大した品ぞろえではありませんでしたが、300円のミルガイというのを購入。少し小さいけれど本ミル、300円はうれしい。それから一山198円のハタハタを買いました。5尾入っています。
 千田町Aruk、やっぱりパッとしない品ぞろえ、それもそのはず、ここは山口県の日本海側、萩漁港からの魚がメインなのです。川口町リアルへ。

 川口町リアル、ここはもう明らかに魚が少ない。で、店の人の話を小耳にはさんで、やっと気がつきました。この日は休日(建国記念日)で魚市場が休みなのでした。あきらめて舟入市場もとりあえず見るだけ、と思ったら、小さいイカ、ヒイカっていうんだと思うんですが、茹でていただくと美味いので一パック買いました。217円。帰宅。

 こんな連中です。
IMG_7410 本日の買い物(600x445)

 ハタハタの顔。
IMG_7414 ハタハタの顔(600x442)
瞳の大きさがまちまちですね。15~21㎝、5尾で260g。

 背ビレを御開帳。
IMG_7415 (600x401)
地味です。

 300円のミルガイの顔。
IMG_7416 ミルガイの顔(600x489)
ピンボケになっているのは、おとなしくしないで動いたからでしょう。

 こっちが背中。
IMG_7417 ミルガイの背中(600x392)
殻長10㎝、159g。

 刺身に。
IMG_7419 ミルガイ背中(600x561)
この水管の部分が、このあとグイッとそりあがって、本人はまだばらされたことに気がついていなかったようです。

 ヒイカ。はーい、並んで並んで!
IMG_7413 並んで並んで(600x476)
16杯で222g。

 一度ゲソを本体から引出、墨袋などをできるだけ洗ってからゆでました。そのまま茹でると全部真っ黒けになることがあるのです。
IMG_7420 ヒイカ(600x510)

 その他、先週のコチの昆布締めだの煮こごりだのも出てきて、こうなりました。
IMG_7423 晩酌の膳(600x473)
 酒は、広島県呉市吉浦の水龍、アル添の普通酒です。そごうデパート地下で一升1872円(税込)。

 あ、そうそう、ハタハタは鍋に。
IMG_7424 ハタハタは鍋に(600x521)
ネギと豆腐しか見えません。一緒に入れた昆布だけのダシでいただいたのですが、とても美味しい魚です。


 以上でお魚関係の話題は終わり。

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


 さて翌日の日曜、幟町の縮景園に行ってみました。ここは旧浅野藩の殿様が作らせた、小堀遠州作庭というお庭です。梅がそろそろ見頃かと・・・。

 暖かい日差しに梅が香ります。まだ満開には少し間があるようです。
IMG_7436 暖かい日差し(600x400)

 この紅梅は満開に近い。
IMG_7465 紅梅(600x400)

 しだれ梅。
IMG_7432 しだれ梅(573x600)

 メジロがしきりに花の蜜を吸っていました。
IMG_7448 メジロ(600x479)

 和服の二人連れ、粋ですねー。
IMG_7466 和服のお二人(600x490)
お二人とも立派な一眼レフをご持参でした。

 この鳥は?
IMG_7468 なんていう鳥?(600x496)

 撮影する人々。
IMG_7479 撮影する人々(600x437)

 この方のレンズは300㎜望遠、重たくて・・・、とおっしゃっているのが聞こえました。
IMG_7480 300㎜望遠レンズ(588x600)

 白梅
IMG_7470 白梅(600x550)

    勇気こそ地の塩なれや梅真白  中村草田男

 「地の塩」というのは新約聖書に出てくる言葉だそうです。寒中にあえて花ひらく白梅に「勇気」を見出す、ということでしょうか。


 さて梅も良いのですが、もう一つこんな良いものもあるのです。
IMG_7474 お燗酒(464x600)
 庭で「俄かふぇ」というカフェが2/11~19だけオープン。庭に俄かに開いたカフェ、というしゃれ。お抹茶やぜんざい、甘酒などもありますが、燗酒500円、というのもあります。昨年もここでいただきましたが、あの時は小雨にぬれる梅という、また別の情緒たっぷりの梅見酒。

 どこの酒ですか? と聞いたら、「夜の帝王」という広島県竹原の藤井酒造の酒、とのこと。ウーン・・・ 夜の帝王、ですか・・・。

 ついてきたアテは、削り節。カツオでしょうか? なかなかよろしいです。
IMG_7477 夜の帝王(600x475)
 これで500円は縮景園もやるじゃないですか。

 と、私が熱燗一合をひっかけているその隣のテーブルで、私より高齢の、おそらく70代と思われる紳士が、背負っていらっしゃったバッグパックからやおら赤ワインの瓶を取出し、カッコいいメタルカップで悠々と召し上がり始めました。縮景園は本来飲食物持込みはダメのはずですが、そんなことまったく気になさっていないようです。私はびっくりしてしまい見るともなく見ていましたが、その堂々とした飲みっぷりは何か「悠揚迫らざる」という言葉そのままで、圧倒されました。
 私が一合の酒を終えて園内をゆっくり一回り、元の場所に戻ってきたときには、その方のボトルはほぼ空いていたようです。私もいつの日か、ああいう立派なノンベになれるでしょうか。前途遼遠という感じを抱いて帰ってきました。


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


2017/2/12 チヌ、コチ (一週間遅れ)

 一週間遅れの記事アップです。

 2/4の土曜日、お天気は・・・ 忘れましたが、花屋さんの店頭でネコヤナギを見ました。
IMG_7360 (600x503)

 この日も千田町Arukからスタート、チヌを買いました。中ぐらいの一尾が680円(税込)。サザエが一個100円と安かったので2個購入、少し小さいですが。
 リアル、舟入市場と廻って帰宅。こんな連中です。
IMG_7368 (600x387)

 チヌのヒレ御開帳。
IMG_7369 (600x402)

IMG_7370 (600x477)

 三枚にさばくと、血合いがきれいです。
IMG_7372 (600x443)

 さて下ごしらえをここまでやって、午後から酒を調達に出かけました。胡町の大和屋がこのたびすぐ近くにワイン専門の店舗を開店しました。この日も開店祝いのお花がにぎやかに。
IMG_7375 (600x505)
 ワインは大体近所のスーパーとかヤマヤさんとかでしか買わない私ですが、一応のぞいてみました。しゃれたディスプレイで少し照明も落とし気味にしてあるんでしょうか、落ち着いた店内と感じました。試飲ができる小テーブルがあり、自転車でなければ私も一杯いただきたかったところですが。

 写真右上方に階段が見えますが、あれを上がると「楽車(だんじり)」という日本酒の豊富な品ぞろえで有名な串焼きのお店があります。二度ほど行きました。いつも混んでいて活気のある店です。

 元の店舗に戻って一升瓶を一本調達しました。帰る途中、とあるスーパーに何の気なしに立ちよったところで一大発見! ここは魚についてはあまり期待できないところ、という分類に入れておいたのですが、なんと! いつの間にか売り場が改装されており、丸物を並べる場所が広く設けられています。びっくりして並んでいるものをながめていくと、
   ヤヤヤ! でかいコチが980円! しかも税込。
ウーム・・・ 買いたい・・・でももうチヌがあるし・・・もしかして傷物なんじゃないのォ・・?、としばし狐疑逡巡。でも買ってしまいました。でかいコチと一升瓶を連れて帰宅。

 これが980円です。
IMG_7377 (600x452)
56㎝、1296g。

 三枚におろし、刺身に切り付ける時にふと嫌な予感が。少しスジっぽいのです。
IMG_7381 (600x492)
 あ、そういえば思い出しました。ちょうど一年前ぐらいでしょうか、やはりでかいコチをお手頃価格で購入できてよろこんだら少し固かった、っていうことが。あの時も1.3㎏を980円で買ってますね、店は違うけど。
 やっぱり少しスジが口に残ります。刺身に造る時の包丁の入れ方で食感を改善できるかもしれません。

 付属品一式、チヌとコチだから二式か。
IMG_7380 (600x321)

 有象無象という感じですね。
IMG_7383 (600x506)

 チヌの方はお上品に。
IMG_7382 (600x574)


 で、こうなりました。
IMG_7384 (600x534)
 酒は広島県廿日市市の中国醸造(株)、弥山、「みせん」と読みます。厳島神社のご神体、宮島の主峰のお名前です。大和屋で税込2675円、純吟原酒。


(後日談)
 スジっぽかったコチ、包丁を筋に直角に入れ、塩麹和えにしてみました。
IMG_7408 (600x489)
大変よろしいです。

 あれだけでかい魚体はなかなか食べ切るのに時間がかります。半分は昆布締めに。
IMG_7422 (600x471)
大変よろしいです。

 粗が大量に出ます。全部粗煮にすると鍋に一杯に。(チヌの粗もありますからね。) これがとてもいい煮こごりに。
IMG_7421 (600x530)
コチの皮から強力なコラーゲンが出るらしく、この煮こごりは室温に出してもなかなか崩れません。ムッチリした歯ごたえもオッと驚くほど。チヌの粗だけではこうはなりません。


 中央図書館の梅が開きはじめました。
IMG_7404 (562x600)

 図書館の自習室で勉強しているのは受験生の皆さんでしょう。
IMG_7400 (600x532)

 努力がみのっていい春が来ますように。
IMG_7394 (600x445)



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村

2016/1/28 先週の駅伝

 この週末、北日本大荒れのようですが、広島は穏やかな土曜日です。
IMG_7348 窓際の日差し(600x587)

本日は夕方からある宴が予定されており、その都合でお魚ツアーは無し。


 代わりに、先週日曜の広島駅伝の模様をご紹介します。

 当日は時々陽がさす程度の曇り空、昨年は大変寒い駅伝でしたが、今年はそこまででもありません。12時前に平和公園南のスタート/ゴール地点に来てみますと、もう大勢の人が集まり始めています。
IMG_7100 幟(600x401)
各県応援の幟を市内の小学校が分担して作ってくれるのです。

 我が岩手県の幟を描いてくれたのは中島小学校
IMG_7101 岩手県(372x600)
中島小学校って、この場所から南に行ってすぐのところですね。ありがとう中島小学校の皆さん。

 スタート/ゴールのアーチ。事前の点検に余念がないようです。
IMG_7103 風船アーチ(600x401)

 巨大なレンズのカメラをかついでいるのは本物の報道陣でしょう。
IMG_7106 でかいレンズ(470x600)

 やがて12時から交通規制がかかります。アーチが引き出されました。 
IMG_7107 アーチが引っ張り出される(600x401)

 15分前ぐらいになると、第一区間の走者たちがウォーミングアップを始めました。高校生ですね。
IMG_7111 ウォーミングアップ(600x401)
ここに陣取っていれば真正面からスタートの写真を撮れる、と安心して待っていると・・・

アレッ? ゆるキャラが出てきた!
IMG_7114 ゆるきゃらが出て来た(600x401)
 どうぞこっちへ、こっちへ、と誘導されて・・

ジャマだーッ!! ひっこめェーッ、ゆるきゃらーぁ!!IMG_7115 ゆるきゃら邪魔だ!(600x381)
引っ込むわけがありません。

 で、そのままスタート。あの真っ赤っかの頭、本当に邪魔です。
IMG_7117 スタートが見えない(600x396)

 かろうじて選手を捕らえることができた一枚。
IMG_7127 (600x392)

 まあ、冷静に考えれば、あんなに条件のいい場所ががらんと空いているのがそもそもおかしい。毎年来ていながらその辺の事情を学習できていない私がおろかというか。

 いったんスタートしてしまうと、しばらく帰ってきません。それじゃお楽しみの各県のPRテントめぐりにまいりましょうか。 

 大通りの北側(平和公園側)に岩手や宮城のテントがあったはず、行ってみると岩手のテントでは塩蔵ワカメを売っていたようですがすでに売り切れ、宮城のテントでは長茄子漬、笹カマなどを売っていました。

 そのならびに群馬県。昨年と同じ人が同じ酒を売っていました。
IMG_7136 群馬県赤城山(600x538)
赤城山です。

 今年は濁り酒も。
IMG_7133 一杯300円(480x600)
まいどありぃ! 一杯300円です。

 さらに行くと鳥取県。境港総合技術高等学校という高校の生徒が自分たちで作ったらしい製品を売っています。
IMG_7140 鳥取県(600x590)
境港市には一回だけ行ったことがあります。

 買ってみました。魚醤ドレッシングと、マグロの缶詰。まだ食べていません。
IMG_7344 魚醤王(600x522)

 鳥取県は「カニ取県」としてPRに懸命です。
IMG_7142 カニ取県(600x468)
中国地方以外の方々には、鳥取県と島根県の区別がつかないとか。それぞれ皆さん懸命のPRです。

 おっさんたちが一列に座って飲んでます。
IMG_7148 座って一杯(600x446)

 さてレースはどう進行しているでしょうか? 今年も大画面のディスプレイ車がきています。
IMG_7155 まじめに観戦(600x495)
アレッ!? 去年と車が違う。年々優秀なディスプレイ車が投入されているようです。

 でも、なぜ秋田の車が? ナマハゲを乗せてやってきたのでしょうか。
IMG_7156 なぜ秋田から?(600x501)

 第一区間は三重県が健闘しています。
IMG_7158 第一区は三重が健闘(600x494)

 おなじみ、秋田のナマハゲは今年も人気の的。
IMG_7159 おなじみの(600x552)

 真ん中のきれいなお姉さんは、青森のねぶた祭りの装束です。北東北連合というわけですね。
IMG_7161 北東北連合(600x518)
一緒に写っている三人のお嬢さんたち、心底楽しんでいらっしゃるようで。見ているこちらもうれしくなります。

 福井県は若狭塗の箸を売っていました。
IMG_7164 若狭塗(591x600)
ノンベが集まるテントと違って、ちょっと優雅な雰囲気。

 年々、酒を売るテントが増えているような気がします。島根県です。
IMG_7168 島根県も酒(600x546)
オッ! 純米吟醸、良い酒を持ってきていますよ。

 地元広島はご存知、モミジまんじゅう。
IMG_7172 広島はもちろんこれ(600x516)

 今年初お目見えと思われる大分県佐伯市のPR。
IMG_7173 大分県佐伯市(600x515)

 ごまだしうどん、だそうです。
IMG_7176 ごまだしうどん(600x534)

 大通りを南側にわたると、毎年おなじみの宮崎県の地鶏焼き、今年も盛大に煙を上げつつ焼いていました。
IMG_7177 宮崎県(600x509)

 その向い側に沖縄、泡盛を売っていますが、寒いせいか日本酒のテントほどの賑わいではありません。
IMG_7180 沖縄(600x558)

 でも、ソーキそばというのが美味しそうだったのでいただきました。500円。
IMG_7181 ソーキそば(600x491)

 お腹も落ち着いたところで、山形県、昨年は初孫をいただきました。今年もここで一杯を。
IMG_7184 山形県(574x600)

 今年は東光。
IMG_7182 山形県東光(512x600)



 東光でいい気持になったあたりで、そろそろ選手が戻ってくる時刻。
IMG_7185 そろそろ戻ってくる(600x504)

 道路をはさんで向かい側に大きなモチノキがあって、真っ赤な実がきれいです。あの実は秋口から翌年の初夏ぐらいまで、ずっとついています。
IMG_7189 クロガネモチの赤い実(569x600)

 待つうちに、先頭の中継車などが通り過ぎ・・・
IMG_7194 やってきました(600x528)

 先導のシロバイに続いてやってきたのは長野県。
IMG_7200 長野です(600x521)

 単独のトップです。
IMG_7205 長野県(600x416)

 三位争いは4県が絡んで熾烈な戦い。
IMG_7232 熾烈な二位争い(600x362)

 この4人のなかの3人は青山学院大学のチームメイトだとか。翌日の新聞で「まるっきり大学の練習のようだった。」とか。
IMG_7244 二位争い(600x428)

 このあと市内中心部を一周して、再度この場に帰ってきてゴールとなります。
IMG_7253 待ち受けるゴール(600x400)

 東北勢の応援団が固まっていますね。
IMG_7255 東北勢(600x489)

 そしてついにやってきました。先導の白バイはゴール手前100mぐらいのところで右にまがります。
IMG_7261 先導のシロバイ(593x600)

 優勝は長野。最多の七回目。
IMG_7270 長野優勝(600x485)

 栃木。
IMG_7277 栃木(600x459)

 ゴール直前までもつれる千葉と佐賀。
IMG_7281 千葉と佐賀(600x462)

 クマモンの前を43番熊本県が力走。
IMG_7288 クマモンの前を43番熊本が(600x404)

 その熊本の前を走るダンゴの3人の中に、3番わが岩手県が入っていました。
IMG_7290 ゴール前の死闘(600x401)

 これです。
IMG_7290 3番は岩手、岐阜に抜かれる(482x419)
このあと、後ろの24番岐阜に抜かれちゃうんですが。

 今回は陣取った位置の関係で選手の背中ばかり撮ることになりましたが、その分観客の笑顔が良く写っています。
IMG_7291 観客の笑顔(600x487)

 宮城県。
IMG_7306 4番は宮城(600x550)

 そして今年も無事終了。
IMG_7333 終わりました(600x424)

      駅伝の通り過ぎたる道広し           神野 紗希

 帰路、シロバイの隊員たちが何か書いているのを見ました。今日の報告書でしょうか? それともスピード違反の切符?
IMG_7337 報告書かな?(600x434)



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


2017/1/22 アジ、サザエ、ホタルイカ、今日は駅伝

IMG_7097 朝の光(600x377)
 曇天で寒い朝、今日は広島駅伝(天皇杯第22回全国男子駅伝)。 去年は雪がちらつく大変寒い駅伝でした。今日は雪は降っていませんが、けっこう寒く、燗酒がうまそう。 (エ?) 昼から取材に出かけますので、また後日報告しましょうね。


 さて昨日21日の土曜日、ぐるっと回ってきた鮮魚店三軒、最初は千田町Aruk。あんまりフォトジェニックなスター魚はいませんでいたが、まあまあの品ぞろえ。アジが大小何種類もありましたが、一尾130円というのを2尾購入。サザエ、けっこうな大きさのがこれまた一個130円、かなり安い。3個購入。(ところが帰宅後レシートを見たら、サザエ3個で360円となっており、ウーム不思議な計算だ…。)

 川口町リアル、開店直後のせいか、魚の値札がなかなか出てきません。キジハタ、ウチワエビ、ハガツオ、いろいろありましたが、結局何も買わず次へ。
 舟入市場、ヨコワが4本ばかり並んでいました。見ただけ。帰宅

 こんな連中です。
IMG_7076 アジ、サザエ(600x485)
アジは24㎝、2尾で305g、さざえは3個で381g。

 アジのほっぺの輝きが美しいです。
IMG_7079 アジの顔(600x482)

 三枚におろして皮をむきました。
IMG_7080 アジ三枚おろし(600x556)

 刺身に。
IMG_7083 アジ刺身(577x600)

 サザエも刺身に。今回のは角のある苦労人たちです。
IMG_7085 サザエ刺身(600x575)
サザエは先週のツブのように殻をこわさなくても尻尾の肝まで取れるので楽です。肝を取り出すのには、貝殻のまき方からいって右手の人差し指を使うのが普通だと思うんですが、左利きの方はどうしてるんでしょう?

 前日買ったホタルイカの残りも登場。ホタルイカって富山湾などでは春に採れるんだと思うんですが、これは兵庫県産。兵庫といっても瀬戸内海側か日本海側かは不明です。
IMG_7087 ホタルイカと奈良漬(600x520)
奈良漬はこれで終わり。

 こうなりました。
IMG_7088 晩酌の膳(600x513)
 酒は福井県鯖江市の「梵」、特別純米酒、幟町の酒商山田で一升2571円。

 さて、そろそろ駅伝を観に行きましょう。


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


プロフィール

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード